ミンダナオ島全域に戒厳令:マルコス時代と違う点

今回のニュースはさすがに大きい扱いで、日本のメディアでもとりあげられている。昨夜5月24日にミンダナオ全域に戒厳令(マーシャルロー)が宣言された件だ。

(記事)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H2Q_U7A520C1EAF000/
http://www.news24.jp/articles/2017/05/24/10362341.html
https://www.cnn.co.jp/world/35101640.html

直接の引き金になったのは、本ブログでも昨日「フィリピン・ミンダナオ島マラウィ市でマウテグループと当局が交戦中」に書いた通り、テロ組織と当局が市街で衝突したことだ(ISISに忠誠を誓うフィリピンのテロ組織「マウテグループ」についてはこちらを参照)。伏線としては、これも本ブログで少し前に「ボホールに侵入したサブサヤフの最後の一人も殺害完了」 等で書いてきたが、4月にセブから近い観光地であるボホール島にテロ組織アブサヤフの構成員が侵入した件、さらに今年から当局がまた別のテロ組織”BIFF”に対してミンダナオ島南ラナオ州で展開している作戦で、爆撃を行っていることなどなどがある(参照:「ミンダナオではBIFFと国軍との戦闘によって2万4千人以上が避難している件」)。

ちなみに今回の掃討作戦の方は、収束したというニュースは今のところない。最新のレポートでは、国軍兵士が5名死亡、テロ組織側は13名が死亡とある。第一報では、目撃されたテロ組織構成員は15名だったはずなので、もう一息のように読める。人質は、おそらくカトリックの僧侶を含む4名。
http://www.rappler.com/nation/170869-hostages-rescued-marawi

さて、本題の戒厳令の中身についてだが、下のインクワイアラーの記事を読むに、戒厳令下では、当局は令状なしにあやしいと思った人を3日間逮捕した状態にすることができる、とのこと。ただ、Rapplerの方だと、平時でもそれは可能だ、と書いている。さらに、ガイドラインはまだ作成中とも書いてある。ようは、まだ決まっていない。
(英語記事)
https://newsinfo.inquirer.net/899173/martial-law-in-mindanao-what-we-know
http://www.rappler.com/nation/170813-martial-law-mindanao-police-military

現行の1987年憲法は戒厳令の期間を「60日」以内としている、と報じている。ただし、ドゥテルテ大統領は1年にすることもできる、と発言したと報道されている。うーん、それって解釈によって可能になったりするものなのだろうか。また、テロ対策を口実に、ミンダナオだけでなくフィリピン全土に拡大することを示唆した発言も行っている。

(英語記事)
http://edition.cnn.com/2017/05/23/asia/philippines-mindanao-clashes-martial-law/
http://www.bbc.com/news/world-asia-40024120

マルコス時代には結局14年間も戒厳令が続き、その間、政敵や反体制派など、かなりの数の人が弾圧されたという過去があるが、今回も結局長引いていく可能性はありそうだ。ドゥテルテ大統領はマルコスに共感しており、去年11月には、当のマルコスを国家英雄として埋葬し直したという経緯もある。また、副大統領に惜しくも負けてしまったマルコスの息子ボンボンは、ドゥテルテの応援を受けており、現在選挙結果の再集計のために動いている。

現在の流れで見ると、いざ再集計になれば何か「神がかり的な力」が働いてボンボンが当選する、というシナリオは非常に有力に思われるし、ドゥテルテ自身が高齢であることを考えると、彼が任期中に倒れることにでもなればボンボンが暫定の大統領として引き継ぐわけだから、マルコス時代に逆戻りという結果も想定される。

ただ、以前の時代と今で違うのはネットがあり、情報統制が困難であること。マルコス時代のようにクローニーに仕事を振り分ける、というやり方も派手にはできないだろうし、「前科」があるフィリピンには国際社会の目も厳しいだろうし、戒厳令が続いても以前と同じ轍は踏まないかもしれない。また、とにかく治安が最優先、という姿勢は外資にはけっこう魅力的でもある(特にミンダナオにおいては)。おそらくマルコス時代のように政敵はけっこうな数が消されることになるのだろうが、まさにドゥテルテらしいやり方であって、最初から想定内のような気がする。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

フィリピン・ミンダナオ島マラウィ市でマウテグループと当局が交戦中

現在進行形のニュース。現在ミンダナオで有数の治安の悪さを誇る南ラナオ州の州都マラウィ市で、本日5月23日、ISISに忠誠を誓う反政府組織「マウテグループ」と当局(国軍+国家警察)が衝突、現在市内にて掃討作戦が続いている。CNNによれば、武装集団は15人が目撃され、その中にはアブサヤフのリーダー、イスニロン・ハピロンもいるという。

報道によれば、マウテグループは一時、公立病院(アマイ・パクパク・メディカルセンターを占拠していた。これまでに少なくとも国家警察官1名が死亡、5名が負傷している。また現在、マラウィ市立刑務所、ダンサラン大学、聖メアリー教会から火の手があがっているという。写真などは以下の英語記事ソースのサイトからみることができる。

(英語記事)
http://www.rappler.com/nation/170738-fires-marawi-city-maute-attack
http://www.rappler.com/nation/170739-marawi-dead-injured-maute-terror-attack
http://cnnphilippines.com/news/2017/05/23/marawi-city-clash.html
http://www.gmanetwork.com/news/news/regions/611834/maute-group-takes-over-marawi-hospital-soldier-hurt-in-firefight/story/
http://www.philstar.com/nation/2017/05/23/1702840/troops-maute-group-clash-marawi-city
https://newsinfo.inquirer.net/898777/many-flee-soldier-hurt-as-army-troops-clash-with-abus-maute-in-marawi

この衝突の顛末については、また明日時間があったらアップデートしたい。

(追記:日本時間の日付が変わって24日になった時点で、当局側の死亡は2名、負傷は8名)

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ボホールに侵入したサブサヤフの最後の一人も殺害完了

ちょっと遅れたアップデートになるが、去る5月15日に私が本ブログで「ボホールに侵入したアブサヤフ構成員が新たに一名殺害された件」を書いた後、実はボホールでは残った1名も殺害され、一掃が完了した。

(英語記事)
http://www.rappler.com/nation/169923-abu-sayyaf-terrorist-killed-bohol

場所はボホールのパンガンガン島。これで本事案は解決ということで、しばらくしたらボホール訪問を控えていた外国の観光客もまた戻ってくるようになるのでは、と思う。

ところでアブサヤフの拠点に関しては、5月17日付で政府から今年1月以降の作戦の成果が発表された。それによれば、この間に149名が無力化された、とのこと。内訳は、81名が死亡、50名が投降、18名が逮捕。ちなみにこれは主にスールーの拠点でのこと。下のビジネスワールドの記事によれば、政府が見積もった1月時点でのアブサヤフ構成員は500名程度とのことなので、作戦の成果は相当大きいと見える。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/news/2017/05/18/AFP-149-Abu-Sayyaf-neutralized.html
http://www.bworldonline.com/content.php?section=Nation&title=abu-sayyaf-toll-81-killed-18-apprehended-50-surrendered&id=145459

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ボホールに侵入したアブサヤフ構成員が新たに一名殺害された件

4月にボホールに侵入したアブサヤフのグループのうち、撃退された際に目撃された後、まだ逃げ続けていた2名がボホールのパンガンガン島というところで見つかった。うち一名は、本日5月15日に戦闘中に射殺された。もう一名は逃走したという。

(英語記事)
http://www.sunstar.com.ph/cebu/local-news/2017/05/15/abu-sayyaf-bandit-killed-calape-bohol-541963
http://www.rappler.com/nation/169923-abu-sayyaf-terrorist-killed-bohol

4月にアブサヤフによるボホール侵入事件が起きてからこれまでの動きは本ブログ「ボホールにアブサヤフが侵入した事件のその後」を参照のこと。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

フィリピンで結婚して妻が日本行きビザをとるまでの手続きに手間取った話

レッドリボン
日本に一度も行ったことのないフィリピン人女性と結婚し、その後妻が日本の配偶者ビザをとって入国するまでの話。
フィリピンで結婚する方がスピード早いと聞いたのでやってみたが、結果、、本当に早かったのかよくわからない。詳細は以下で。

以下、こなした一連の手続きを順を追って振り返ってみる。必要書類のメモもつけるが、もし参考にする場合は自己責任でお願いします。ちなみに妻はフィリピンの地方出身です。

フィリピンで結婚する

必要な物1:日本人の独身証明
日本人の戸籍謄本、結婚相手のフィリピン人の出生証明をそろえて マニラ、セブ、ダバオの日本領事館で取得。マニラだと翌日受け取り。

必要な物2:フィリピン人の独身証明
PSA(旧NSO)=統計局で取得。即日取得できるが、朝早く行かないとかなり並ぶかもしれない。統計局自体は全国にある。

必要な物3:婚姻許可
市(町)役所に上記1,2の書類をそろえて申請したあと、10日(たしか)掲示して反対する人がいないか確認したあとに発行される。これはおそらくカトリックの伝統的なやり方。かつ、その間にバランガイホールで行われているセミナーに夫婦そろって参加して、受講証を入手しておかなければならない。このセミナー受講は法律で定められている要件だが、内容はない。講師はソーシャルワーカー。

必要なこと4:挙式(婚姻契約をする)の予約
普通は教会婚か市民婚(いわゆる”civil”)。市民婚の場合、裁判所でやるか式場を借りてやるかなどバリエーションがあるが、とにかく裁判官を予約しないとならない。婚姻契約時には証人(たしか2名以上)の署名が必要。また、新婦がかなり若い(18とか)場合は親の承諾も必要。

フィリピンでの結婚を日本に届け出る

必要なこと5:PSAに届ける
教会婚の場合はよくわからないが、市民婚では結婚した後に婚姻契約書=婚姻証明書を裁判官の事務所にとりに行って自分で役所だかPSAに持って行った。その後、PSAの方でデータベースに登録されるまでに2週間ぐらいかかった。

必要なこと6:PSAで婚姻証明書を発行してもらう(2通)
データベースに登録されていれば、即日で発行してもらえる。
この時点で、日本用の婚姻届を在フィリピン日本領事館に提出することも可能。ただしその場合は日本の戸籍に反映されるまでに2か月ぐらいかかるらしい。
どのみち下の手順を踏まないと日本で入管に提出する書類が整わないので、私は日本に帰って直接婚姻を届け出ることにした。

必要なこと7:婚姻届けをマニラのDFA(外務省)で認証(authentification)してもらう(1通または2通)
この外務省認証は赤いリボンがついているから別名レッドリボン(red ribbon)という名前。入管に出すときに必要な他、一部の日本の役所では婚姻届けに添付する婚姻証明書もレッドリボン付のものを要求される。なので2通あれば安心(ちなみに、婚姻届はどこの役所に出してもよいので、もしレッドリボンを要求されたら他の役所で届けを出すことにする、という選択肢もある。)

レッドリボンはマニラでしか発行してくれないので、地方に住んでいる場合はマニラに住む友人などを代理人とするか、あるいは業者(参照)に有料でやってもらうかしなければならない。本人が行くとエクスプレスで翌日受け取り。代理人でも本人が行くのと同じで早いが、委任状と認証してもらうPSA婚姻証明書を送らなければならない。業者に頼むと一週間から10日程度の時間がかかる。手続きについては、以下の英語ブログなどが参考になる。
http://momlene.com/dfa-authentication-procedure-in-s/
http://worldinmythoughts.blogspot.jp/2013/07/guide-for-dfa-authentication-of-your.html

必要なこと8:日本の役所で婚姻届けを出す。
PSA婚姻証明書(上述のように自治体によってはDFA認証=レッドリボンを求めるところもある)と出生証明(実際のところ必要な個人情報はすべて婚姻証明書に入っているので、自治体によってはいらないと言われる可能性もある。ちなみに出生証明はレッドリボン不要)を添付して提出。証人欄は空白でOK.
なお本籍地の役所以外で出す場合は、日本人の戸籍謄本も必要。

在留資格認定証明書(いわゆる”Eligibility”)の申請

必要なこと9:日本人配偶者が書類を作成し、管轄の入管に持参して提出(有料で行政書士に依頼することもできる)。
入管で指定されている書類として写真付き申請書や身元保証書、質問書、結婚相手の日本人の(非)課税証明、日本人の戸籍謄本(婚姻の事実が記載されるまでに数日~1週間かかる。その記載のない戸籍謄本の場合、婚姻届け受理証明書も添える。ただし、後日入管から連絡がきて、新しい戸籍謄本を送るように指示される可能性が高い)、フィリピン人の出生証明、レッドリボン付き婚姻証明書、スナップ写真に代表される交際を証明する諸々の書類を添付して提出。写真はいろいろな時期と場面がよさそう。また、交際の経緯は手書きである必要はないので「別紙参照」として、ワードで作成した。

交際を説明する添付書類は多ければ多いほどよい、という発想でいろいろ付ければよい。結婚相手の日本人の渡航歴証明のためのチケット控えや、居住していた証明として家賃や公共料金の領収証などなど、必要書類を「何のために添付するか」も明記してつけること。

また、申請前に海外にいたために(非)課税証明書が取得できない場合、銀行の預金残高(入管インフォメーションセンターでは残高証明書でなく通帳コピーでよいと言われた)、親の課税証明書、自分の内定証明書や在職証明書などを代わりにつける。とにかく、配偶者が日本に来た時に金銭的に困ることがないことを納得させられればよい。

申請者のパスポートが未取得の場合、申請書内のパスポート番号の欄は「なし」でよい。

パスポートの名前変更&配偶者セミナー

必要なこと10:フィリピン人配偶者が、マニラかセブでCFOのセミナーを受ける
在留資格認定証明書の申請をしている間に、配偶者であるフィリピン人はパスポート上の名前を変更したり、配偶者セミナーを受けたりしなければならない。
フィリピンでは女性が結婚したら姓が変わるが、男性は変わらない(男性のことについてはよくわからないので、もしかしたら例外はあるかもしれない)。

これまた法律により、海外に行く配偶者向けのセミナーが義務付けられている。ウェブサイト(cfo.gov.ph)で予約して、渡航前にマニラかセブでセミナーを受けておかなければならない。セミナーは半日程度。

また、結婚してからパスポートを新たに作る場合は、その際に上記セミナー受講証を見せないといけない。ちなみにパスポートを作るのは、エクスプレスで2週間程度
の時間が必要。

ビザ申請

在留資格認定証明書がとれたら、それをフィリピンに送り、ようやく在マニラ日本大使館でビザ申請。ビザ申請は大使館指定の旅行代理店を経由しないと受け付けない仕組みになっている。地方に住んでいる人はその旅行代理店にパスポートと在留資格認定証明書、申請書等を送らなければならない。ビザが出るまでの日数は10日程度といわれている(ただし私たちの場合は1カ月近くかかった)。

指定の旅行代理店は在フィリピン日本大使館のウェブサイトに一覧が載っている。老舗のひとつ「フレンドシップツアーズ」については本ブログ「マニラ岩崎さん殺害で容疑者を書類送検」および「マニラの岩崎さん殺害の犯人が逮捕されていた件」も参照されたい。

そしてようやく入国

上記のうんざりするような手続きと、結婚してから4か月程度の時間を経たのち、ようやく来日する準備がすべて整う。もし在留資格認定証明書かビザがおりなかったら、再び書類をそろえて申請するはめになるのでプラス3,4カ月見込まなければならない。

そのほか

・フィリピン人配偶者に未成年の連れ子がいる場合、一緒に在留資格認定証明書の申請ができる。その場合あわせて一件となるので、提出書類の共通している部分は省略できる。なお、連れ子は「定住者」として申請。
・先にビザ申請して日本に入国し、後で在留資格認定証明書申請を行って通れば日本国内で「日本人の配偶者等」在留資格に切り替え、という方法もあるらしい。とはいえ滞在期間中に在留資格認定証明書が出るとも限らないので、冒険ではある。また、このリンク先(参照)によれば短期からの切り替えは可能だが「正規の手続き」ではない、とある。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ミンダナオではBIFFと国軍との戦闘によって2万4千人以上が避難している件

フィリピン国軍はIS系(と自称する)過激派組織”BIFF”(Bansamoro Islamic Freedom Fighters= バンサモロ自由戦士)との戦闘で空爆を行っている。

(英語記事)
http://news.abs-cbn.com/news/05/11/17/24000-villagers-flee-in-military-assault-on-islamic-state-allies-in-mindanao
http://www.manila-shimbun.com/category/english/news229976.html

一週間にわたる一連の攻撃により、コマンダー「ブンゴス」Commander Ismael Abubakar “Bungos”を含む31人のBIFFゲリラを殺害したと国軍は発表した。
BIFFと国軍との戦闘によってマギンダナオ州では2万4千人以上が避難している、とされる。

ちなみにこのような攻撃は今回だけではなく、3月にも報道されている。
http://www.mindanews.com/top-stories/2017/03/army-continues-attacks-on-suspected-biff-lairs/

BIFFは、2008年にMILFに不満を持つ分子が結成した過激派組織で、インドネシアのジェマ・イスラミヤなどの組織とも関係を保っているとされる。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ボホールにアブサヤフが侵入した事件のその後

4月11日に、ボホール島にアブサヤフが侵入し撃退された件のその後について。今日はオンラインメディア”Rappler”記事を中心にしたまとめです。

時系列に比較的大きな動きを並べていくと、まず22日に件の一味をボホールで誘導したとされるJoselito Melloriaが、追跡作戦中に他3名とともにボホールのクラリンで殺害された。

同22日にはアブサヤフ幹部であるレンレン・ドンゴン(参照)と共に、マリア・クリスティーナ・ノブレーザという国家警察官がクラリンへ行こうとして逮捕された。ここからがいかにもフィリピンらしいのだが、なんとノブレーザはそのアブサヤフ幹部と恋仲だという。知り合ったのは彼女が取り調べの担当になったときで、そこから交際が始まったとか。話が滅茶苦茶すぎて、日本人には理解不能である。

http://www.rappler.com/nation/167771-police-bohol-abu-sayyaf-rescue
http://www.philstar.com/headlines/2017/04/28/1694629/marwan-officiated-nobleza-wedding-abu-lover

このスキャンダルにはメディアもかなり食いついているようで、いろいろと過去も明らかになってきており、最近のニュースではノブレーザはドンゴンの「妻」(の一人)だと書かれている。ノブレーザは逮捕時にはダバオに配属されていたのだが、休暇をとってボホールに来ていたよう。そして、ボホールのパンラオにあるノブレーザの滞在先からは案の定、爆発物が見つかった。

5月に入ると、昨日4日に追跡されていた他のアブサヤフ構成員が一名、ボホール島内のトゥビゴンというところで逮捕された。逮捕というのは珍しい。
http://www.rappler.com/nation/168856-abu-sayyaf-member-captured-bohol

と思ったら、5日未明に、刑務所に連れて行かれる途中に脱走しようとしたところを一時間の追跡劇の末、射殺された。
http://www.rappler.com/nation/168920-abu-sayyaf-killed-bohol-saad-kiram

今回のボホール島への侵入事件で確認されているアブサヤフ構成員のうち、残るはあと2名となっている。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603