Manigong bagong taonの”manigo”について調べてみた

タガログ語の「あけましておめでとう!」は”Manigong bagong taon”ということになっているが、”manigo”という形容詞はフィリピンに住んでいても日常生活で聞くことは皆無。ということで、何なのかちょっと調べてみました。

まず思い当たったのは英語の”Happy new year”。これに対応しているとすると”happy”という意味なはず。

ただ、西暦を使いだしたのはスペインの植民地時代だったはずなので、スペイン語に対応している方が可能性としては高そうだ。現代スペイン語では新年の定番挨拶文句は”Prospero año nuevo”なので、”prospero”の部分かもしれない。”prospero”は「栄える」というような意味。

普通に使われるタガログ語では「栄える」は”maunlad”。これよりもうちょっとディープな感じ(ディープ=malalim=文語あるいはバタンガスやブラカンの方で使うタガログ語、というニュアンス)がする言葉に”masagana”があるが、さらにそれより古風な言葉なのかもしれない。

実際、フィリピン人の間でも”manigo”の意味については特に若者にはよく知られていないようで、ネット上では「調べてみた」的な記事がいくつもある。
そこでの説明によると、やはりスペイン語の”Prospero”に対応しているという説が最も有力。ただ、オンライン辞書によっては”happy”も”prosper”も両方載っていたりしてはっきりしない。

古い言い方であるなら、昔の辞書にはちゃんと載っているのではと思い、試しにgoogle booksに上がっている古い辞書“Vocabulario de lengua Tagala”
(1754=1860)で調べてみた。すると、p206に”NIGO”があるにはあるが、”NIGÖ”の”O”のところにアクセントマークがあり、上記の”manigo”とは音的に別のよう。一応、記述を見てみると、

NIGÖ. pp. Acertar á lo que se tira. Vm, irse haciendo certero. En que, Naninigoan. Nag-
papanigo, probar vetura. Canigoan, abstracto. La causa de acertar. Y, l. Ica

説明がスペイン語で何が書かれているか以前に、”ma”形容詞としての使用法すら書いていない。どうやら”nigó”は動詞の語根のようだ。
“acertar”の現代スペイン語の意味も、「確かめる」的な感じのよう。残念ながら、まったく関係がない。

次に、Sofronio Calderon’s English-Spanish-Tagalog dictionary was first published in 1915.でも調べてみたが、”manigo”も”nigo”もひっかからなかった。

もしかしたらこれはけっこう深い問題かもしれない。ネットで公開されている古い辞書で見つけられない以上、あとは大学図書館やフィリピンの国立図書館なんかに行かないと調査はできないのでは、と思う。辞書や本での初出はいつなのだろう。埒が明かないので今後の課題としたい。

フィリピン語 (会話集)
フィリピン語 (会話集)

posted with amazlet at 18.01.17
ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 381,802
広告

テルナテ島で話されていた言語はテルナテ語だったという当たり前の話

チャバカノ語のルーツをたどる研究メモ。

日本人でチャバカノ語を研究している人が歴史的にほぼ皆無な中で、鶴見良行は昭和の時期にサンボアンガやコタバト等を旅していて興味深い記述を残している。彼は著作がたくさんあるので、少しずつ読んでいくことにする。今回読んだのは、この本。

「辺境学ノート」鶴見良行(1986)めこん

辺境学ノート
辺境学ノート

posted with amazlet at 18.01.08
鶴見 良行
めこん
売り上げランキング: 1,045,216

P193-194に、ハルマヘラ(Halmahera)マルク州北部の島。テルナテ島は、この属島。
ウォーレスを含めて、当時の書物は、ハルマヘラをGiloloと記しているが、これはトベロ族の村名で、ジャイロロと発音する。かねてよりの疑問氷解。トベロ語は、マラヨ=インドネシア語系とはまったく異なるという。

との記述あり。「テルナテ」はカビテ州にある町の名前でもあるのだが、もともとはこのインドネシアのテルナテ島の王族がポルトガル人によって追い出され、カビテに住み着いたのが由来とされている。テルナテには「テルナテーニョ」というチャバカノ語が残っており(ただし絶滅しかかっているが)、サンボアンガのチャバカノ語と意思疎通できるぐらい類似しているため、元は共通の言語だったと推定されており、マニラやカビテからサンボアンガに伝わったのだろうと考えられている。

俺のかねてよりの疑問は、追い出されたテルナテの王族の母語は何だったのだろう、ということだったのだが、テルナテ島がハルマヘラ島の属島という情報を上記著作から得たことで自分で言語状況を検索してみる気になった。

英語版ウィキペディアを見ると、たしかにテルナテ語(テルナタ語)というのがあって、ティドーレ(tidore)語、トベロ語等と同様にマラヨ語系とは系統が違う西パプア系とある。ということは、やはりテルナテ語はタガログ語とは全然似ていないことになる。

もう少し調べてみるに、オランダの学者Van Der Veenは北ハルマヘラ諸語(North Halmaheran)について、非オーストロネシア(=NAN)諸語の中でも、異民族との接触のためかテルナテに近づく程SOVからSVOに変る傾向が顕著と述べている。語順が変わっていくという話は、それはそれで面白い(たとえばフィリピン諸語と現代マレー語は同じアウストロネシア語族なのに語順が違う)。

最後に、テルナテ島のビデオがyoutubeで観られるのを見つけたのでそれを紹介して終わりにしたい。テルナテ島は大航海時代には地理的にとても重要だった場所なので、観光資源はやはり遺跡。下は、テルナテ王宮を紹介したビデオ↓

また、テルナテ島には北マルク・ムハマディア大学という大学があるそうで、そこには日本語学習者もいるんだとか。用事はないが、親近感がわいたので、いつか行ってみたい。
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201210/article_4.html

フィリピン年末の爆竹・花火・祝砲による事故が激減

フィリピンで毎年恒例になっていた年末年始の鳴り物花火類(爆竹・花火・祝砲)などによる事故が激減しているらしい。

大きな音を立てる習慣は中国起源のもので、もともとは悪い霊だか悪魔だかを退けるためという。今では単にお祭りごとを口実に騒ぎたい人に利用されているだけのような印象。とにかく伝統的な習慣ではあるものの、2016年にドゥテルテ大統領が全国的な禁止令を出して取り締まるようになっていた。

結果、2018年1月1日を迎えるタイミングでの事故数は前年比45%減(191件)。12月21日から年末までの期間でみると、去る5年間(2012年末~2016年末)平均と比べて77%減とのこと。最も喜ばしいことには、今回の年末年始にはこの関連での死者が一人も出なかったそうだ。これは快挙。

(↓英語記事)
https://www.rappler.com/nation/192659-doh-new-year-2018-firecracker-related-injuries

鳴り物花火類を禁止するドゥテルテ大統領の政策は、自身がダバオ市長を務めていたときに同市で実施して成果を上げていた。同市では、旧正月を含む新年には鳴り物花火類の代わりに、プラスチック製のラッパのおもちゃなどが音を立てるために使用されている。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ミンダナオを襲った台風ビンタによる死者が200人超え

昨日、2017年12月23日はミンダナオ北西部で熱帯高気圧から台風に代わったビンタ(Vinta)が猛威を振るい、各地で大きな被害を残していった模様。

フィリピンの英字紙”Inquirer”によれば、この台風による全島での死者数は200人を超えた。記事が出た時点で行方不明者はさらに150人ほど報告されているとのことなので、300人を超えるかもしれない。

(↓英語記事)
https://newsinfo.inquirer.net/954835/breaking-weather-vinta-pagasa-death-toll

ちなみに今回の被害地域には、つい最近までテロで掃討作戦が行われていたマラウィ市も含まれている。ミンダナオ最大の都市ダバオ市も、いかんせん市域が広いので川沿いを中心に被害を受けているようだ。

ところで同12月23日には、ダバオでは中心地にあるショッピングモール”NCCC”で火災が発生し、37人が死亡した。下の記事によれば原因はテロではないようだ。台風との関連があるのかは不明、おそらくないだろう。

(↓参考記事)
https://www.cnn.co.jp/world/35112409.html
https://davawatch.com/articles/2017/12/23/7305.html

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ミンダナオ戒厳令延長が承認された件

ロイターによれば、今年末までだったミンダナオ島全域に対する戒厳令の一年間の延長がフィリピン議会によって承認された。

フィリピン議会、ミンダナオ島の戒厳令延長を承認 来年末まで」ロイター通信2017年12月13日付

名目はISに忠誠を誓うイスラム過激派グループの掃討だが、ミンダナオには共産ゲリラ”NPA(新人民軍)”の勢力もあり、こちらの鎮圧にも力が入れられている。NPAは長らく前に非合法化されたフィリピン共産党(CPP)の軍事部門で、歴史は古い。最近ではフィリピン政府とCPPが2016年に停戦合意を結び、ようやく和平実現かと思われたものの、翌2017年2月にはドゥテルテ率いるフィリピン政府が停戦を破棄し、掃討作戦に転じている。もしかしたらドゥテルテ個人としては共産党勢力からの選挙協力も受けており平和的に解決したかったのかもしれないが、「テロ組織」という点ではNPAはアブサヤフやマウテグループ等のIS系勢力と同列にくくってしまう方が、国際社会からの協力も取り付けやすい等々あるのかもしれない。とにかく現政権の重点課題は治安の向上で、今後もこの方向は続くとみてよさそうだ。

↑大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家、野村進のデビュー作。おもしろかったです。

日本大使館の在ダバオ領事事務所がアブリーザモール近くに移転

2017年12月4日から在ダバオ領事事務所がアブリーザモール近くに移転するとのこと。以前その辺に住んでいたので懐かしくなってメモしてみる。

地図はこちら↓
http://www.ph.emb-japan.go.jp/files/000311118.pdf

俺は行ったことがないのだが、以前の住所はMagsaysay Ave(マグサイサイ通り)沿いと書いてあるのでダウンタウンの方のようだ。戦前かつて日本人がたくさんいた頃はそっちの方が町の中心だったが、今やダウンタウン周辺に住んでいる日本人はごく少数なのではないかと思う。新住所はJ.P.Laurel Avenue沿い、アヤラ財閥のアブリーザモール(ロビンソンのスーパーも入っている)やイミグレのすぐ近く。アクセスしやすく、また場所がわかりやすくなって非常によいと思う。 

ケソン市でアブサヤフ構成員が逮捕された件ほか

去る11月17日になるが、マニラで開催されていたASEANサミットに関連して、国家警察はテロを企てていたとされるアブサヤフ構成員3名をケソン市で逮捕した。このタイミングでうまい具合に逮捕できているあたり、当局が自分たちをアピールしているようにしか見えないのだが、どうだろう。

(英語記事↓)
http://newsinfo.inquirer.net/945772/3-alleged-abu-sayyaf-men-tagged-to-terrorize-asean-summit-fall-asg-pnp-asean-summit-2017asean-terrorism

さて、それとは別に、11月12日には拉致されていたベトナム人船員のうち3人が救出され、1名の死体が回収された。

(英語記事↓)
http://newsinfo.inquirer.net/944810/abu-sayyaf-kidnapped-vietnamese-fishermen
http://videos.inquirer.net/?vtnid=MCsxMDMzODkyfHwyMzY4fHwxMTE4fHx8fDV8fA==

彼らがいつ拉致されたのか記事からは定かではない。しばらく前の2016年11月に拉致されていた人たちに関しては2017年7月5日には6名のうち2名が斬首され、さらに7月11日にも別の1名の死体が回収されているので、残っているのは3人のはず。そうすると今回の4人が全員ベトナム人であるなら、別のところで拉致された人たちか、少なくとも数人は別のところで拉致された人も含まれているのだと思われる。

(英語記事↓)
http://news.abs-cbn.com/news/07/11/17/body-of-abducted-vietnamese-recovered-in-sulu
http://www.philstar.com/headlines/2017/07/05/1716662/abu-sayyaf-beheads-2-vietnamese-hostages

アブサヤフはマラウィ危機によってかなり弱体化していると思われるが、それでも地元のバシランおよびスールー諸島では最近になっても拉致は行っている。たとえば、9月28日にはスールーの地元政治家を拉致したと報じられている。
(英語記事↓)
http://www.philstar.com/nation/2017/09/28/1743532/abu-sayyaf-kidnaps-jolo-town-councilor

そしてこの記事の最後には、上記政治家を除いて、同日時点で拉致されて人質となっている人数と内訳が記載されている。「スールーにいるのは」という書き方なのでバシランには他にもいるのかもしれないが、ともかく全部で17名。内訳はベトナム人6名、インドネシア人5名、オランダ人1名、フィリピン人5名。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603