Duolingoでポルトガル語を練習中

数年前と比べて、オンラインで外国語が学べるサイトが非常に増えている。むろん、単に解説が載せてるページであれば以前からあった。
最近増えているな、と特に感じるのが特に欧米系メジャー言語。有料のものも多いが、無料でも複数見つかる。

一年ほど前に登録して全く試していないサービスがいくつかあるのだが、今回は”Duolingo”の創設者の記事を読んで興味が湧いた。これ↓
http://wired.jp/2012/09/20/translate-the-web/

なぜかグアテマラ出身というのも面白い。TEDでのスピーチは英語だが、喋りも面白い。

曰く、外国語を学んでいる間にウェブを翻訳してしまう、というのがコンセプトだそう。発想が天才的。

で、物は試しと思って、英語でポルトガル語を練習することにした。コース自体は日本語でのもあったようなのだが、日本語訳はおかしかったら嫌だな、と思って英語にしておいた。他にも、統語構造がより近い外国語でターゲット言語を勉強する方法がいいと俺は信じている。

さて、とりあえず一週間ほど続けてみての感想。

1) 本当はブラジル・ポルトガル語がいいところ、現状、どっちのポルトガル語をやっているか判然としない。
2) バーチャルキーボードだとタイマー付き課題がめちゃ難しい。
3) 翻訳は上手になるかもしれんが、これで話せるようになるとはさっぱり思われない。
4) ゲーミフィケーション(ゲーム化)の結果、「お勉強」的な要素はたしかに減ったかもしれないが、レベル上げに熱中してしまい、単語を覚えるのとかどうでもいい気持ちになってしまう。

ということで、これにたくさん時間を費やすなら、外国語学習のためにはもっと他にいい勉強の仕方があると思う。単語帳にフレーズを書いて丸暗記する、とか。ま、そういうのが苦手な人のためのゲーミフィケーションなのかもしれませんが。

ところで、wired.jpに「 外国語の学習に役立つオンラインツール6つ」という記事があって、そこで紹介されていたサービスをほとんど聴いたことがなかったのでメモしておく。
http://wired.jp/2014/06/02/online-leaning/

まず、
https://www.fluentify.com/
は、現在のところ日本語話者に対応していない。

https://www.tandemexchange.com/
は、mixxerとかmylanguageexchange.comとよく似ているが、サービス内容自体はより親切ぽい。が、結局この手のサイトはユーザー数がすべて。

http://lingua.ly/
は、他のことをしている間にもちょこっと語学学習ができるように、との工夫だそう。なんだかな。

http://www.babbel.com/?locale=en
は有料。ということでチャレンジすらしません。

外国語学習をサポートするサービスは他にもいくつかこれから試しそうと思っているのがあるので、また改めて軽くレビューしたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中