セブパシフィックのGetGoポイントの換算

フィリピン発のLCC(格安航空会社)のひとつで、もはやフラッグキャリアのフィリピン航空(PAL)を凌駕しているのがセブパシフィック(以下セブパシ)。フィリピンには他にもエアアジアや、2015年に「Cebgo(セブゴー)」へブランド名変更した旧タイガーエアなどがあるが、使い勝手や定期的に出てくる激安セールのために、セブパシが一番で、日本人の出張にさえ使われている。

そのセブパシが、2015年にメンバーシッププログラムをリニューアルして「GetGoポイント」として新たに打ち出して1年半が経った。提供しているサービス内容は基本的にはエアアジアのビッグポイントと同様なのだが、いかんせんセブパシのGetGoポイントは必要マイル(ポイント)数がわかりにくいのが問題。というのも、GetGoの換算テーブルは公開されていないからだ。

公開されているのは、支払い5ペソにつき1ポイントが付与されるということだけで、その1ポイントがいくら分なのかという肝心なところが伏せられている。

試しに自分で検証してみると、2800ペソで行けるところが約8000ポイントと出た。となると1ポイントは約30センターボ相当ということになるが、これは2015年に某フィリピン人ブロガーが書いた英語ブログ記事(参照)に載っていた情報と同じとなり、当初から一貫しているのかもしれない。

ちなみに、GetGoポイントとエアアジアのBigプログラム、さらにフィリピン航空のマイレージ「マブハイマイル」の比較を行ったブログ記事もある(こちらも英語)。ただ、結果の比較はポイント数だけなので、あまり意味がない。。

さて、話をセブパシフィックに戻すと、換算式を公開していないということは、もし換算レートを変更しても会員に連絡する必要もなく、どこにも表示する義理もないということ。なので、失効期限はないといえどもその価値は不明。結局のところ、期待するなということになってしまうのだが、タイミングよくGetGo会員向けセールを利用できれば、あって良かったということになるだろう。

もともと東南アジアの飛行機は南米なんかとは比べようもないぐらいに安いし、21世紀になってエアアジアのビジネスモデルが普及して以降はなおさら良くなっているわけなので、ポイントプログラムが飾りでも俺はなんの文句もありません。

セブパシフィックが12月中旬からマニラ―福岡便を開始

セブパシフィックがようやく福岡にきます。2015年12月17日から、ということですが、マニラ空港のことなのでまた遅れたりするのかもしれません。

これで福岡空港からはバンコク行きのジェットスターに続いて東南アジアに行ける2つ目のオプションが手に入ることになります。

これまでは、行き帰りで同じ便を使わないようにしてLCCで周遊するためには、飛行機か船で韓国を通るか、春秋航空で中国を経由するかでした。(エバー航空はLCCではないので除外)

ただ、もともとフィリピンは東南アジア周遊バックパッカーには敬遠されがちな国です。なんせ、歴史的なスポットがないし、宿は高めだし、B級グルメがおいしくない。

セブパシフィックの狙いは、日本人では英語留学でしょうね、きっと。そしてフィリピン人旅行者にとっては九州は、日本へ来るのが2回目か3回目のリピーター向けかな。

ジェットスターが福岡―バンコク・シンガポール便を就航予定

このたび、6月末からジェットスターが福岡―バンコク・シンガポール便を就航予定ということで、ウェブサイト上でキャンペーンをやっている。
さっそく、買ってみました。福岡―バンコクを片道で計12600円。

新聞記事はこちら。
http://mainichi.jp/select/news/20140220k0000m020102000c.html

しかしながら、ジェットスターには実は前回の成田―マニラ便就航キャンペーンのときに痛い目にあっている。当時は、空港の使用許可がすぐに出ずにフライトがキャンセル。クーポン券と交換になってしまった。

そこから先は個人的な事情なのだが、急きょ別の会社の便を購入して高く付いた上に、日程が完全にホーリーウィークと重なってしまい(後で知った)、現地の銀行に預けに行くこともできず、損した総額は10万円はくだらないと思う。ま、済んだことです。。

そんなわけなので、ジェットスター等のLCCに乗る時は、気持ちに余裕を持ってのぞみましょう。

香港のLCCが日本に就航

日本でも、名前はもはやすっかり定着してきた感がある格安航空会社(LCC)。しかし実際に利用する段になると、学生以外はちょっと勇気がいる。国内線で利用が少ないのは、国内で運行している3社(ジェットスター、エアアジア、ピーチ・アビエーション)が軒並みでっかい赤字を出していることからもわかる。エアアジアにいたっては提携を解消し、国内線を運行する会社はANA100%のバニラエアとして再出発するそう。

さて、一方で国際線では既にかなりの会社が日本に乗り入れている。把握しているものを以下に列挙してみます。

中国 ・・・春秋航空
韓国 ・・・チェジュ航空、ジンエアー、エアプサン
マレーシア ・・・エアアジア
フィリピン ・・・セブパシフィック
シンガポール ・・・スクート
オーストラリア ・・ジェットスター

そして今回のニュースは、香港の会社。香港エクスプレスという会社が、11月から日本に乗り入れを始めるらしい。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM27006_X21C13A0FF8000/

ちなみに日本に乗り入れていない格安航空会社はアジア勢だけでも、

タイガー航空 ・・・シンガポール
バリューエア ・・・シンガポール
ライオン航空 ・・・インドネシア
ゼストエアー ・・・フィリピン
エア・インディア・エクスプレス ・・・インド

などなど。LCCの勢力図は頻繁に変わるので、引き続きウォッチしていきたいです。

飛行機の上手な乗り方

俺は思う。人間は制限がある中でこそ頭を使ったり、想像力を発揮したりできるのだと。

突然こんなことを書いてなんの話かというと、春には一旦また全部引き払って実家に帰るつもりで、楽器と荷物をいかに安く運ぶか、ということを今から考えている。ようするに、極力荷物を送りたくない。

実家に帰るのは春の前には年末年始の予定で、計2回。年末年始は、また青春18切符で往復予定。なんせ、安いから。しかも、予約不要なのでピークシーズンでも自分の好きなときに移動でき、その上、大阪や京都、広島なんかに寄ったりしてちょっとした旅行気分も味わえる。

ただ、春には飛行機に乗って帰ろうと考えている。前の仕事の関係でマイレージが国内一往復分だけ貯まっていて、春過ぎには期限が切れてしまうので。

さて、この2往復でどうやって、フィリピンから東京に持って帰ったギター2本とベース1本を運べるだろうか。3本とも、ハードケース付きである。

どう考えても、1本,2本に分けて持っていくしかない。しかし、2本とスーツケースを一緒に運ぶというのは非現実的だ。となると、1本+スーツケースと、2本+リュックという組み合わせが必然的。

それから、もうひとつ条件としたいことがあって、できればエレキギターは春まで手元に置いておきたい。

さて、ネットで調べてみたところ、国内の飛行機は20キロまで預けられるらしい。長さ的には、ちょうどベースのハードケースがぎりぎり収まるぐらい。エレキとベースがハードケース付きで20キロ弱ということは前回フィリピンから荷物を送るときに確認しているので、全くピッタリということになる。これでいくかな。

ということは、春に帰るときは荷物は機内持ち込みのリュック分しか運べないということになる。まあいいか、ダンボール一個を送るくらいはしょうがない。楽器を送るのに比べたら全然安いはずだから。

ところで、マイレージの国内航空券は、往復の場所を任意に指定することができるようだ。これを使って、復路は大阪に設定することも可能だったりする。が、春に旅行するとしたらどのみちエアアジアを使うつもりなので、発着は往復に変えられるため関係なし。というか、伊丹と関空はけっこう距離があるっぽいので、むしろ羽田の方が便利。欲を言えば、福岡にLCCが就航してくれれば完璧なのだけど。。

LCCを検索する

今日は、代々木公園で開かれている、年に一度のインド・フェスティバル「ナマステ・インディア」に行って来ました。

東京周辺のインドが大集合、といことでここ5年ぐらいで東京にインド人がけっこう増えたのが視覚的に実感できるかな、と期待してみたけど、それほどでもない。とはいえそれなりに、いっぱいいた。

インドはヒッピーがたくさん流れていった場所だけあって、オルタナティブな文化の発信基地として確固たる地位を築いているような感じがする。その点、同じぐらいオルタナティブなリソースを持っている中国は、日本ではあまりヒッピー的ノリで捉えられていないように思う。日本に近すぎて、日本人にはエキゾチックな匂いがしないんだろうな。

さて、久しぶりにインド料理を食べてみて、素直においしかった。こんな国なら、住める気がした。お腹は壊すかもしれないけど。。

もうひとつインドの食文化に惹かれる理由は、菜食がある。日本のベジタリアンのイメージには、豆腐ハンバーグみたいな、肉の真似をした食べ物を食べたりする消極性とか、有機無農薬とかを金持ちが消費している、っていうのがあって、俺には近寄りがたい。

実は日本でも江戸時代までは大多数の人は肉とか卵とか食べてなかったっぽいだが、そういう貧乏人の食べ物はまずくてなんぼ、みたいなことなんだと思う。そんな感じでインドの貧民には貧民なりのまずい菜食生活があって、フィリピンにも近いのかもしれない。興味がある。

というわけで、インド旅行の代わりに行ったインド・フェスティバルで、やっぱりインドに行きたくなってしまった。ふー。

もしLCCでインドに行くとしたら、どういう方法があるだろうかと調べているうちに、LCCの検索サイトを発見した。けっこう便利かも。

http://www.whichbudget.com/

http://www.skyscanner.jp/cheap-flights-map

http://tavii.com/lcc/route/

来年は、

1. インドでベジタリアン修行

2. ベトナムでエスペラント修行

3. ペルーでギター修行

ってなスケジュールでいこうかな。

エアアジアでチケットを買ってみた

格安航空会社のキャンペーンで、チケットを買ってみました。

 

ほぼ一年先の、来年の8月のもの。

 

ハノイからクアラルンプールまでの片道という、周りからみると気が狂ったような買い物です。

まあいいでしょ、安いんだから。

 

チケット本体が9ドル。750円かそこらです。それから、サーチャージやらなんやら足していくと、最終的には42ドルになりました。3500円ぐらいでしょう。居酒屋一回分です。

 

ほかの路線では、もっと安いのもありました。マレーシア人って、ハブ空港とエアアジアを持ってて得してるなあと思いました。