大晦日にコタバトのモールで爆破テロがあった件

去る2018年12月31日に、ミンダナオ島中央にあるコタバト市内のサウスシーズモール(South Seas Mall)の入り口付近で爆破テロがあり、2名が死亡、34名が負傷した。この犯行は軍によって先にテロリスト側の7名を殺害されたことへの報復と考えられているが、今回の犠牲者の中にはバンサモロ基本法の起草にかかわっていた者がいることから、もしかしたらこの人物を狙った爆破テロかもしれない。なお、犯人は1月2日夕方の時点でも特定できていない。

コタバトでは2013年にも爆破テロがあり、8名が死亡している。

ミンダナオの戒厳令は去る12月にもう1年延長されたばかり(参照)。2018年8、9月にはスルタン・クダラット州や南コタバト州ジェネラルサントス市で爆破テロがあったところから見るに、2017年のミンダナオ西部マラウィ市での戦闘が終わってから、テロリスト側の活動地域は少し東にシフトしている(参照「ミンダナオ中部スルタン・クダラット州で爆発テロ」「再びミンダナオ中南部スルタン・クダラットで爆破テロ」「今度はジェネラルサントスで爆破テロ」)
https://www.bworldonline.com/btc-worker-among-2-killed-in-cotabato-bombing/
https://www.independent.co.uk/news/world/asia/philippines-bombing-latest-mall-attack-cotabato-isis-dead-injured-rodrigo-duterte-a8705396.html
https://news.abs-cbn.com/news/01/02/19/cotabato-bomb-blast-an-act-of-terror-pnp

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

フィリピン、ミンダナオ島の治安

先日のISIS(イスラム国)の日本人人質事件以来、とばっちりで日本でのフィリピンへの印象が非常に悪くなっているようです。

今日など、友人から「ボラカイに行こうと思っているけど、フィリピンだからと親が心配しています」と相談メールが来る始末。なんでそういうことになるのかというと。。

フィリピンにはミンダナオ島を中心にイスラム教徒が人口の3%ぐらいいます。そしてそのイスラム教徒の一部は歴史的な経緯があって反政府組織として行動しています(追記・2016年にもミンダナオ和平が一歩進み、現在MILFの武装解除が進んでいます)。その結果、日本の外務省からすればフィリピンにはアラートがつくことになります。

実際には、フィリピン国内のイスラム教徒の大多数はミンダナオ島に集中していて、あとはパラワン島にもいるらしいです。ビジネスをマニラでやっている人たちもいます。

イスラム系反政府組織がマニラで起こしたとされる事件は、探しても出てこないぐらい少なくて、おそらく政府によってもみ消されていると思われますが、それでもあやしい事件といえば、最近では私の覚えているかぎり2007年(?だったと思います、たしか)にマカティのグロリエッタの一部が爆発したぐらいです。(関係ないですが、同年には近く5つ星ホテルに、国会議員率いる戦車が突っ込んで壁を壊しました。フィリピンはもともとそんな国です。)(追記・2016年末にはマニラのアメリカ大使館爆弾設置事件がありました)

さて、ミンダナオ島に話を戻します。イスラム教徒によって反政府組織が結成されたのは70年代で、発端は当時の政府によるキリスト教徒移住政策で先祖代々の土地を奪われていったことにあります。移住の結果、現在ではミンダナオ島島内にはキリスト教徒が多数派の町も多いです。代表的な都市はダバオやカガヤン・デ・オロで、他にカミギン、スリガオ、シャルガオなどの観光地もあります。これらの町はミンダナオ島だから云々と考えるような場所ではありません。途中にあるブトゥアンも問題ないでしょう。
その他の都市、ジェネラルサントスとかイリガン、ディポログとかもまぁいいと思います。私自身はこの3つの中ではジェネラルサントスしか行ったことありませんが。

逆に、私からしても行くべきでないと思うエリアは、ARMM(イスラム自治区)およびその周辺です。私の気に入っているサンボアンガ市も、去年末に戦闘がありたくさんの民家が破壊されました。

(追記・2016年以降のミンダナオのテロ情報はこちら(参照)のページに記録していっています)

ということで、そもそもミンダナオ島でないエリアがイスラム国との関連で危険だとは、私は思いません。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
年金 de リッチに暮らす in ダバオ
足立 恭一郎
ブイツーソリューション (2015-09-30)
売り上げランキング: 363,199

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村