日本語対応手話(シムコム)でなく日本手話が学べる教室リスト(一覧)

2月2日の朝日新聞に「音のない世界に生きて」と題した早瀬憲太郎さんのインタビュー記事が掲載され、冒頭から

手話を言語として認める「手話言語法」の制定を求める機運が高まっている

と始まっている。まさかミスリードを狙ったわけではないだろうが、「手話はひとつ」と思わせる原因になりかねない。そもそも、法律で改めて手話を言語として認める必要などなく、日本において必要ありそうなのは「日本手話を日本の国語のひとつに」ということだけである。

手話に関する思い込み

「手話」は一般的に思われているのと実態が違うのでいちいち説明しないと始まらない。まず、身振りは「ジェスチャー」と「手話」に区され、「手話(sign language)」は文法があり、抽象的概念を表せるもののみを言う。次に、手話は世界中でわりとバラバラで、日本国内では音声言語である日本語とは系統的に別モノである「日本手話」が、ろう者の間で一般的に使われている。

ただし、音声言語である日本語の文法に手話単語を当てはめた「日本語対応手話(シムコム)」というものもあり、これが話をややこしくする。日本語対応手話は、言ってみればピジン言語のようなもので、そのネイティブ話者はいない(対応手話は中途失聴者に好まれるとされる)。具体的な差は「日本手話と日本語対応手話(手指日本語)」木村晴美(2011)に詳しいが、素人でも簡単に対応手話は見分けられる。話者が「非手指動作(NMS, non-manual signals)」と呼ばれる顔の表情変化などを文法的に使っているようなら、それは対応手話ではなく、(日本)手話である。

日本手話と日本語対応手話(手指日本語)―間にある「深い谷」
木村 晴美
生活書院
売り上げランキング: 320,113

そして新しく日本手話を勉強する人にとって面倒なのは、自治体主導の行事の手話通訳などは、日本語対応手話の場合が多く、社会福祉協議会のやっている「手話教室」や、「手話サークル」で教えるのも、大半が日本語対応手話ということ。ようは、日本手話へのアクセスは意外と難しいということ。

教室リスト

ではようやく表題。東京でのリストはNPO法人手話教師センターで見ることができる。

おそらく地方では日本手話教室を探すのはまだまだ難しいのではないかと思われる。ちなみに上のリストに載っているソフトバンクCSRの教室は大阪もある。講座料金はパッと見る限り、1時間当たりにすると1000円から2000円の間ぐらい。大半が平日のようなのがちょっと残念ではある。

自宅で予習として独学するには、最近は書籍がいくつも出ているが、動画なら無料。個人的には、手話を学ぶなら動画で学ぶ方が絶対に良いと思う。たとえば以下のページは書籍版「日本手話の仕組み練習帳DVD」に対応している↓

「日本手話の仕組み練習帳DVD」動画
http://www.bbed.org/com/workbook/

手話を言語と言うのなら
ひつじ書房
売り上げランキング: 7,252
日本手話で学ぶ 手話言語学の基礎
松岡和美
くろしお出版
売り上げランキング: 96,947
広告

naverで多言語話者のまとめサイトができた件

まとめサイトではよくお世話になるnaver。ここでは、特に11言語ぐらい以上流暢に話せる人、ハイパーポリグロットの要件についてだそうです(注:ちなみに記事に反して、ハイパーポリグロットの定義は「たくさんの言語」であって「11言語以上」というのは特にありません、念のため)。

http://matome.naver.jp/odai/2140980418002172301

記事では4点にまとめてありますが、そのうちゲイが多いとされているのは、なぜでしょう。記事の中には根拠は書かれていません。

理由としてちょっと考えて思いつくのは、ひとつには、同性愛に対して比較的オープンな国というのは知的エリートが多い。逆を言うと途上国の多くはカミングアウトできないような環境が多い、ということ。タマゴが先かニワトリが先か、みたいな感がないこともないです。ひるがえって日本なんか、もっとオープンになれたらマイノリティの居心地がよくなって結果的に競争力も増すのに、と思います。いわゆる「ダイバシティ」の問題は日本のボトルネックですね。

もうひとつは、単純にゲイの人の中にとても優秀な人が出てくる確率が高い、ということもあるのでは。日本での状況は知りませんが、たとえばフィリピンなんかではよく感じます。

ただ、一見矛盾しているようですが、フィリピンやタイでは同性愛にはオープンでも、国としては取り立てて知的エリートが多いわけではないでしょう。上で書いた件は、「AはB」だからといって「BはA」ではないということを、補足しておきます。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

言語の関節

最近ときどき考えること、多言語を話すということについて。

俺は母語は日本語だが、もっと言えばほぼ博多弁である。方言の中にも敬語チックな用法はあるので、細かく言えば博多弁のいわゆる普通形、敬語の2種類はある。一方、小さい頃からテレビやら絵本やらで標準語にも親しんでいたので標準語も理解できたし、使えた(主に書き言葉としてだったが)。話し言葉としての標準語はようやく大学に入ってから話すようになったが、それも全く苦でなかった。

ということで、小さい頃から博多弁と標準語のバイリンガルで、さらに丁寧語、敬語モードがあるのでマルチリンガルだった。俺は、マジメに言っています。

というのも、多言語を話すようになって思うのは、言語の切り替えは実際問題としてモードの切り替えでしかない、と感じるからだ。場面に応じてモードを使い分けるということが本質的なことだと思う。

しかし、言語の距離によってその難しさは違う。たとえば日本語の方言と標準語では、語彙はほぼすべて同じなわけで、変換する箇所は少ない。チェックポイントがいくつかある、というわけだ。

ここで俺は「言語の関節」という概念を提唱したい。上記のチェックポイントは紛れもなく関節で、動かすときにコントロールが必要。

日本語が母語(=基準)の俺が外国語を話すとき、言語によって関節の数(ともちろん位置も)が違うと感じる。たとえば英語は文法が日本語から非常に遠いので、関節の数もそれだけ多い。語順はもちろん、単語の持つ意味の幅、冠詞、複数か単数か、またそれによる活用、云々。。実際には話しながら即興的に組み立てていくわけだが、実にたくさんチェックポイントがある。

次にスペイン語のときは、また別のチェックポイントが現れる。おそらく、俺はスペイン語のときは英語を基準にして話していると思う。その上で「関節」は、名詞の性、目的代名詞が前に来ること、動詞では人称、線過去と点過去、過去未来かどうか、接続法かどうか、などなど。また、英語の言い方をそのまま訳すと失敗する例があるので、そこに触れていないかもチェックしている。

一方タガログ語のときは、また別の観点からチェックしている。特に重要なのは動詞の焦点、能動的な行為かどうか、ニュアンスを出す小辞の語順とその設置に伴って主格代名詞の位置変更があるか、等。言語によってチェックする観点が違うというのは、それぞれの言語が持っている考え方が違うということを示していると思います。それが、外国語学習で俺が一番好きなところ。

チョムスキーの生成文法は俺はまだちゃんと勉強してないのだけれど、あのツリー式の表現方法の中に上記の関節は含まれているはずだと思う。文法が似ているかどうかをこの関節の数とか質とかで評価するアプローチを使えば、これまでの定説と若干違う意外な結果が出るんじゃないかという気もしないわけではない。

もうちょっと考え続けてみます。

外国語学習のテクニック

学習法がときどきクローズアップされて、マニュアル的な本がほとんど定期的に売れている感があります。

最近では、たとえば東大生のノートをとる技術だとか、大学では何を学ぶべきかとか、アメリカの大学院ではこうやって生き残れ、とか。

多言語学習については、第二言語習得論や言語教授法の研究成果を取り入れて云々言う方が増えています。中学の英語教師もそういう知識を持つべきだ、というのは一理あります。ま、それ以前に英語だけで(直接法で)授業できるぐらいの英語力が必要じゃないかと思いますが。

で、こういったテクニックというのは、けっこうトピックを限定して捉えているわけで、それによって具体的に論じることが可能になるわけですが、世の中一般ではもうちょっと広く考える方が実用的です。ようするに、そもそも何を学ぶべきかを考えるということ。

教授法では、まず教えたいトピックがあり、それをどう教えるかということを考えます。なので、やる気のない(モチベーションの低い)生徒が登場します。状況は、成人教育だともうちょっとマシですが、それでもたとえばコミュニカティブ・アプローチが性格的に苦手な学習者というのは必ず存在しますし、また、学習者のビリーフによって学習スタイルがマッチしなくなる可能性があります。教授者中心だからです。

ついでに言うと、今流行のコーチングも、教授者ではないですがコーチ中心と思われます。目指すゴールを必ずしも共有できないのでは、というのが私の感触。

それに対して、学習者中心の教育学は、そもそも何を学ぶ’か(あるいは学ばないか)を決めるのが学習者で、どうやって学ぶかを決めるのも学習者です。手段として、学習者(がビリーフによって)が望めば、教師中心の教授法を選択することもあるでしょう。でも、そうでない学習法だってたくさんある。

第二言語習得では、学習ストラテジーとか言われますが、意識的または無意識的な、その人なりの学習方法があって、それによって習得がうまくいったりいかなかったりする。学問的にはどうやら小難しいことをいろいろ並べているようですが、でも原則は簡単です。

まずモチベーションがあって、学ぶぞーという行動を起こして、学習できる環境を整えて、勉強する。
そしてうまくいっているかを常にチェックして、もっといいやり方を見つけることで、学ぶ力自体をつけていく。

ようは、このそれぞれのステップをうまくできるようにすればいいだけです。

外国語学習というのは、常に見本が外側にあって、よく見えます。間違っていれば比べることができます。
その途上では、自ら何かを発明するなんてことは全く期待されておらず、ひたすら「真似ぶ」だけで済むプロセスです。そういう意味では創造力が要らない分、非常に簡単です。

ですが、外国語をどうやって修得するか、というやり方だけは自分に合ったものを見つける必要があって、答えがひとりひとり違うのでコピーするわけにもいかず、修行して「わかる」ようにならないといけません。それって、ようするに次の次元に進むことです。

外国語学習はその言語で何かをするための手段として考えられがちですが、それ自体の醍醐味がここにあると俺は思います。だから外国語学習はそれ自体で十分楽しい。と思いませんか?