OPECが減産見送り

期待されていた、去る28日のOPECでは原油の減産が見送りになり、いよいよ石油安が長期化しそう。

日経新聞の記事ではこちら。
http://www.nikkei.com/markets/kabu/summary.aspx?g=DGXLASS0ISS14_28112014000000

日本の不景気対策にはいいニュース。が、他の国にも同じく影響があり、彼らには追い風になるのですがね。

中国の景気減速との兼ね合いもあり、今後も目が離せません。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

ここのところの原油安について

この一週間で対ドルで円安が一気に進んでてびっくりなのですが、ついに来たか、といった感があります。

「ついに来たか」は原油にも言えて、先物の価格が急速に下がっているという(たとえば、こちらを参照

参照先の記事によれば、

今後の鍵を握るのは、11月27日のOPEC総会だ。ここで減産の方針が示されるかどうかが、相場を左右するだろう。

とのことなので、ちょっと注視してみたい。

原油が下がれば産油国以外の国の生活は豊かになるわけで国内で暮らす一般日本人的には円安よりもむしろ生活に直結しますからね。特に、車がないと不便な地方の場合。

逆に産油国、たとえば俺がつい最近まで住んでいたエクアドルなんかは、単に原油に支えられた好景気な感がアリアリなので、今のベネズエラみたいなハメになりかねない(ベネズエラは、アメリカがシェールガス革命によって原油を買わなくなってきているので経済が大混乱しています)。

ここ数年なかった動きなので、次の動きがかなり気になる次第です。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村