BIFF(バンサモロ・イスラム自由戦士)が北コタバト州の町を襲ったあと同日退散した件

2日前のニュースになるが、BIFF(バンサモロ・イスラム自由戦士)というテロ組織が北コタバト州ピグカワヤン町の学校を占拠し、31人の人質をとって立て籠もったが、国軍による攻撃を受け同日夜までに退散した。人質は学校関係者で、うち12人が子供だった。

この衝突でテロ組織側は4人の死者を出した。

(英語記事)
http://www.rappler.com/nation/173620-biff-hostages-rescue-pigcawayan-north-cotabato-military

BIFF(バンサモロ・イスラム自由戦士)はアブサヤフやマウテグループと近く、主に北コタバト州近辺で活動している。MILFから分かれていった分子により構成され、戦闘員は数百人以上いるとされる。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
広告