ミンダナオ和平、武装解除で合意

勉強しようと思ったままで、まったく先に進んでいなかったミンダナオ和平のこと。俺がダラダラしている間に、ついに武装解除を合意したというニュースをキャッチしました。

「ミンダナオ和平、武装解除で合意 比政府とイスラム解放戦線」日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM25023_V20C14A1000000/

「ミンダナオ和平 最終合意へ フィリピン 武装解除で一致」東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014012602000091.html

「ミンダナオ武装解除で合意=イスラム勢力、包括和平調印へ-16年に自治政府・比」時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014012500261

報道によれば、
『両者は2012年10月、現在の「ミンダナオ・イスラム自治区(ARMM)」に代わり、「バンサモロ(イスラム教徒の国)」と名付けた新自治政府を16年に発足させることを柱とした和平枠組みに署名。13年7月には石油や天然ガスの資源開発に伴う収入を新自治政府とフィリピン政府が折半することなどで合意した。』

ということで、目標通りに進めば2016年にはバンサモロが誕生することになります。去年末に起きたサンボアンガのミスアリ派テロも、影響を与えることはできなかったようです。

個人的なことを言えば、ここ2,3年間というもの成長著しい東南アジアの活気とか波に一切乗れていない生活を送ってきて、焦燥感ばかり募っています。が、もうすぐ戻れるこのタイミングでこうやって将来の変化の兆しが見えてきているので、今度こそは俺も波に乗りたいと思います。

サンボアンガ危機(9月15日アップデート)

フィリピンの外にいるとあんまり情勢がよくわからない、現在のサンボアンガ危機。日本の外務省からのアラートによれば、サンボアンガ市内2箇所とバシランで衝突が起こっているそう。

下のBBCによれば、14日時点でMNLF側はあと100人程度、それに対して国軍は1000人を出動させている。死者は50人(民間人か不明)、それから避難生活を送っているのが6万人だそう。下の記事には写真もいくつか出ています。
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-24089553

本件に関して、サンボアンガにいるローカルの知り合いが「戦争」という単語を使っているのが印象的。地元民の認識ではこれはテロではなく、内戦の一種ということか。

さて、英語版のwikipediaではこれまでの動きを時系列にまとめるサイトが登場している。正確だという保障はないが、手がかりとしては非常に有用と思われます。
http://en.wikipedia.org/wiki/2013_Zamboanga_City_crisis

本件については引き続きウォッチしていくつもり。あわせて、ミンダナオ和平プロセスについても、ネットでにわか勉強した内容を書いていきたいと思う。

ザンボアンガの空港が武力衝突で一時閉鎖

今日のニュース(時差があるけど)。

まにら新聞のウェブサイト(だれでも 見れる部分)は、見出し「モロ民族解放戦線の初代議長派がサンボアンガ市街地を占拠。住民数百人人質に」とした上で、
「9日早朝から昼すぎにかけ、モロ民族解放戦線(MNLF)の武装集団が、ミンダナオ地方サンボアンガ市内に相次いで侵入し、住民数百人を人質にとって市街地に立てこもった。この際、軍・警察との銃撃戦があり、市民2人を含む少なくとも4人が死亡、14人が負傷した。占拠地域の周辺は、国軍兵約1500人により包囲されているが、MNLF側は人質を盾にして抵抗し、同日深夜までこう着状態が続いた。」

と書いている。

インクワアラー誌では、同じく9日付けのウェブ版で、人質は約250人と報じている。
http://newsinfo.inquirer.net/483945/mnlf-holding-38-as-hostages-in-zamboanga-city-village-says-mayor

一方、NHKは100以上と控えめ。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130910/k10014415751000.html

写真等を見ると、どうやら完全に町のど真ん中で繰り広げられているらしい。

ミンダナオ和平についてはついこの前から勉強しはじめたばかりで、ブログでも勉強メモを書こうと思っていたところ。
今回占拠している勢力は、モロ民族解放戦線(MNLF)という組織とみられ、この組織は「イスラム教徒ミンダナオ自治地域(ARMM)」を実現させた他、現在和平に向けて交渉中のMILFの母体でもある。MNLFは1996年に政府と和平合意を結んでいるが、初代議長=ミスワリ(Misuari)派は、今回の政府とのMILFとの和平プロセスが不満だという。

今の時点では俺にはここまでしかわからんので、また調べてから書きたいと思います。今回の占拠事件の続報も待ちつつ。