ミンダナオIS系武装勢力との戦闘で構成員37名を殺害

去る4月25日、南ラナオ州ピアガポ町での国軍とマウテグループとの一連の戦闘で、マウテグループ側勢力のうち37名を殺害したと発表があった。戦闘は22日から4日間続いた。マウテグループはISISに忠誠を誓っているミンダナオのテロリストグループのひとつで、南ラナオ州を拠点としている。殺された37名の身元は調べられているところだが、既に3名がインドネシア人、1名がマレーシア人であることがわかっていて、インドネシアのイスラム過激派「ジェマ・イスラミア」のメンバーであるとされる。また、民間人の負傷者はいなかったと報告された。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/regional/2017/04/25/maute-jemaah-islamiyah-killed-lanao-clashes.html
http://news.mb.com.ph/2017/04/25/afp-4-foreigners-among-the-37-killed-in-firefight-vs-maute-group/

ピアガポ町はMILFのキャンプからわずか5kmのところで、マウテグループはこれまでMILFを隠れ蓑として使ってきたといわれる。

<本ブログ内の他のマウテグループ(maute group)関連の記事>
2017年
マレーシアのサバ州からIS組織戦闘員をミンダナオに送る計画を摘発
IS関連のテロ組織「アンサル・カリファ・フィリピン」のリーダー殺害

2016年
マニラのアメリカ大使館爆弾設置事件で、アンサル・カリファ・フィリピンのメンバーが逮捕
マウテグループから町役場を奪回、ミンダナオ南ラナオ州での戦闘

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
広告