duolingoでベトナム語コースをやってみた

1. マイナー言語学習にも使える無料アプリ

外国語学習のアプリでは異例の100万超ダウンロード数を持つ無料アプリ”duolingo(デュオリンゴ)”は、グアテマラ出身アメリカ人の学者ルイス・フォン・アンが作ったもので、最新のテクノロジーを駆使しているだけでなく、開発経緯も面白い(参考までにここに「naverまとめ」のリンクを張っておく)

俺も既にエスペラントやブラジルポルトガル語のコースを試してきたが、無料アプリなのに語彙だけでなく言語自体が体系的に学べるというのは確かに他に例がなく、評価している。語彙を強化するアプリとは違う魅力がある。

ところで”duolingo”で学べる言語はどんどん追加されているが、インターフェイスの言語設定によって学べるコースが異なり、その数は(当然ながら)英語に設定すると一番多くなる。インターフェイスが英語ということは必然的に「英語⇔学習言語」の翻訳作業をしなければいけなくなるのだが、どのみち学ぶのは初級文法なので英語自体はそんなにできなくても不自由は少ない。

英語版のduolingoで学べるマイナー言語はポーランド語やらスロベニア語やらいろいろあるが、去年追加されたもののひとつにベトナム語がある。アジア系言語はduolingoでも珍しい上に、ベトナム語というのは無料アプリで学習できる選択肢が少ないので重宝する。なので、私もやってみることにした。ちなみに私のベトナム語歴は、その昔ピンズラーを10課ぐらいまでやった上にオンラインレッスンを4回受けてみた程度です。

2. 発音記号は後回し

いくつかのユニットをクリアして確信したのは、ベトナム語キーボードを入れなくてもプレイできるということ。発音記号なしで入力しても答えの合否判定で大目に見てくれるし、ベトナム語に特徴的な”D”に横線が入った”Đ, đ”も、”D, d”で許してくれる。ということは、とりあえずは文字や発音記号を覚えなくてもだいたいの綴りさえわかっていれば先に進めるわけだ。これはありがたい。

PC上だと練習に進む前に新しい語彙や文法の説明が見られるのに対して、スマホアプリ上だとそれらがどこにあるのかわからず、そのため練習にいきなり新しい単語が説明なしに出て難しく感じる人もいると思う。しかし、これをぜひ逆手にとって、問題文の中から類推したりトライ&エラーをしながら自分で答えを探し出してもらいたい。というのも、説明書を読まずに新しい機械を触ったり、ゲームをプレイするのとなんら変わらないからだ。

3. duolingoでのベトナム語の勉強の仕方(の提案)

duolingo上では、とりあえずベトナム語の文法に慣れることを最大の目標にしてどんどん進んでいくのがよいと私は思う。単語は、重要でないものがけっこうたくさんあるので全部覚える必要はないし、上述のようにまずはスペルをおおまかに覚えるだけにして発音記号も無視すれば、進度は飛躍的に上がる。発音練習も後回しにしておいた方が結局長続きすると思う(それでも始める前に一通り入門書に目を通しておくと効率は上がりそう)。その上で、おそらく全部クリアしてもベトナム語を話せるようにはならないだろうが、ある程度進んだ段階で入門書に本格的に取り組むようにすれば、かなりスムーズに頭に入るはず。

とはいえ、では果たしてduolingoオンリーでベトナム語がどこまでできるようになるか、俺も実験的にやってみることにして、またしばらく経ったら報告しよう。ではでは。

広告

タイ語2日目、ピンズラー式で始めてみる

今のようにグローバリゼーションが進んでいる世の中で、かつしばらく東京のような大都会で生活していた経験がある人にとって、およそ「語学を始める」というのは正確にいつ、と言えない。

気持ち的には昨日からタイ語を始めたのだが、実際には昨日は勉強法について調べていただけなのでまだまだメタ学習の段階。そして今日も。。

気になっていたのは、中国語のようにタイ文字を避けて学習が始められるだろうか、ということ。といっても、別にカタカナで勉強したいわけではない。英語で検索すればアルファベットで勉強できる教材も探せるかも、と思ったのだが、そう簡単に見つからなさそうだった。ネットで集めた情報によれば、文法はそんなに難しくないそうなので文字だけクリアできればけっこういけるのだろうか、と期待する。まずは今月じっくり文字を覚えていくことにしたい。

タイ語は声調言語ということで、けっこう気合を入れて音を勉強しないと会話で通じなさそう。ということで、音を勉強する方法としては、アメリカのピンズラー式に挑戦してみることにした。これは私にとって新しい勉強法、自分の身をもって実験したい。

この教材、買うとそれなりに高いのだけど、Pimsleurでがんばって検索すればファイル共有サイトで入手できる。このあたりのノウハウ的なものは、多言語習得を目指す人は持っておいた方がいいと思う。何言語分も真面目にお金払っていたら出費がバカになりませんから。

ということで、しばらくしたら使用感のレビューでもしようと思います。ま、ピンズラーは古いメソッドだそうなので、今さら感満載でしょうが。。