ダバオから福岡への引き揚げ船

備忘録。

「沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子」高木凛

沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子
高木 凛
小学館
売り上げランキング: 472,150

より、福岡で照屋が沖縄人向けに漁業を立ち上げるにいたる経緯を書いた節。ここに、当時の沖縄出身引揚者の様子を垣間見ることができる記述がある。そもそも、ハワイ、ブラジルやフィリピンなどへの集団移民では、沖縄出身の人々の割合が高く、また当時は移民先でも沖縄県人は内地の人から差別されていたとされる。以下の引揚者は、おそらく民間人だと思われるが、本文中にはその記述はない。

p86
前略

フィリピンなど南方移民の引揚者が三万人余りも学校の体育館や軍需工場の寮跡の建物の中に詰め込まれていた。寒さと栄養失調で病死者が続出、燃料も底をついていた。遺体も満足に焼くことが出来ず、そのまま野積みされてとても正視できる状態ではなかった。

p87
福岡―引揚民二週間で百名葬る。餓死者はまだ出ていないが比島、ダバオから引揚げできた沖縄県民二千三百名が着る物もなく襲い来る寒さに震え、ただ一枚の毛布に身を包み、極度の栄養失調に歩くことも出来ない状態で、国民学校の講堂の板の上に呻吟している。彼らのうち福岡到着後一週間で百余人が死んだが、これら引揚者に対する衣食の供興も沖縄県事務所では不可能なので、県及び福岡市役所が世話している

オキナワグラフからの孫引きだが、
p88
とにかく何百人というフィリピン引揚者を市内の小学校に寝泊りさせ、そのお礼として学校給食用にトラック一台分の魚を寄付しました。朝になると授業があるので市内の各寺院に分散収容した。そのうちに毎日死人が出る。それを火葬にする燃料の石炭がない。仕方がないので、那覇市職員だった若い人たち四、五人に頼んで、夜こっそり博多駅から石炭を盗ませ、郊外の姪ノ浜火葬場で焼いた。ところが、石炭の量が足りずに、反焼きにしたホトケもあり、その死体を野犬がかじっていた

引用ここまで。やはり福岡に帰ってからも、戦後直後はかなり悲惨だったようだ。さらに沖縄本島は大変な有様だったと思われる。

<関連記事>
南沙諸島のヒューマニティ王国について

広告

南沙諸島のヒューマニティ王国について

つい先日、ナツコこと金城夏子とほぼ同時期に糸満に生まれ、戦前から沖縄返還後にかけて活躍した実業家「沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子」を読んでいて、気になる記述を発見した。

「沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子」高木凛(2007)

沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子
高木 凛
小学館
売り上げランキング: 176,527

P125

フィリピン沖で嵐に遭い、シンナン諸島のモッカ島まで流されたこともあった。そこは蒋介石にも毛沢東にも属さない中国人が孫文の旗を掲げて独立していた孤島であった。孫文の三民主義を実践し、ある時期「ヒューマニティ王国」と称されていた島である。
そこではラジオと電球が不足していた。敏子は船が修復されるとすぐに立ち返り、ラジオなどの電化製品を積み込んでモッカ島と交易をした。遭難してもただでは生還しない、敏子らしいエピソードである。

1956年のことである。調べてみると、上記「シンナン諸島」というのは「新南群島」で、今の南沙諸島(スプラトリー諸島)であることがわかった。ではこの「ヒューマニティ王国」とはなんなのか。

日本語版に項目のない英語版ウィキペディア
https://en.wikipedia.org/wiki/Republic_of_Morac-Songhrati-Meads

では、ミード船長が作った極小国家であるとされている。では、どの島なんだろうか。

とりあえず先に南沙諸島の島々について知りたいと思い、日本語版ウィキペディアを参照すると、南沙諸島には日本占領下の呼び名で

北二子島、南二子島、西青島、三角島、中小島、亀甲島、南洋島、長島(現在の太平島)、北小島、南小島、飛鳥島、西鳥島、丸島

等があったとされる。今のフィリピンにとって重要なパグアサ島 は日本占領下では中業島、その旧称は三角島だった。主な島の位置関係は、下のウェブサイトを参照。
http://nekonote.jp/korea/old/mil/ww2/namsa-islands.html

「ヒューマニティ王国」はおそらくこのうちのどれかだろう、と推測してひとつひとつwikiで調べてみるも、何も見つからない。そんなとき、ウィキペディア英語版の”Spratly Islands“にようやく、”Meads Island (Itu Aba)”という記述を見つけた。”itu ba”とは、カタカナ表記「イツアバ」で、日本語版の「太平島」によればマレー語で「あれはなんだ」から来ているという。今の”Taiping island(太平島)”で、南沙諸島で一番大きい島で、現在は台湾が実効支配していて「住民」が200人程度いる。ちなみに2016年の国際司法裁判所の判決によれば、南沙諸島にあるのは一番大きいこの太平島でも「島」ではない。

さて、当の”Taiping islandのページには”ミード(mead)”という記述すらない。

いくつかの英語ソースを参照してみると「ヒューマニティ王国」については書かれているが、具体的な記述は見つからない。
http://dustyheaps.blogspot.jp/2014/03/the-curious-tale-of-humanity-islands.html
http://www.istoryadista.net/2012/04/lost-kingdom-of-spratly-islands.html
http://www.angelfire.com/ri/songhrati/history.html
http://www.crwflags.com/fotw/flags/xp-s.html

ただ、代わりに面白いことを見つけた。戦後、南沙諸島でとあるフィリピン人航海士が勝手に自分の国「フリーダムランド」を宣言してしまったというのだ。台湾(中華民国)が実効支配する太平島で、その国旗を抜いてしまい国際問題になったという。ときはマルコス時代だったのだが、このフィリピン人はマルコスから島に関する宣言を取り上げられ、投獄されてしまったのだという。これも南沙諸島の領有問題に関する一コマ。

さて、それにしてもいったい「モッカ島」とはどこなのか。ネット上での捜索もむなしく謎に終わってしまった。