「英語の帝国」とフィリピンと日本

フィリピンでは今や家庭で自分の子どもに英語で話しかけ、わざとタガログ語を教えない教育が中流以上で盛んだが、これはなにもフィリピンだけの話でなく、歴史的にスコットランドやウェールズでも起きていた、という。子どもの将来のために、庶民が自発的に伝統的な母語を捨てるいわゆる「自殺」は、英語の帝国の一部になる最終段階だということが、下の本によく書いてある。

「英語の帝国 ある島国の言語の1500年史」平田 雅博(2016)

英語の帝国 ある島国の言語の1500年史 (講談社選書メチエ)
平田 雅博
講談社
売り上げランキング: 271,566

言語の絶滅はいつの時代もゆっくり起きるもので、まずその言語だけを話す単一話者がいなくなり、(オランダ語などのように)他の言語との2言語話者となる時期があり、そしてそのうちに(アイヌ語のように)その言語を母語とする人がいなくなる。交代する理由はいつでも、より強い言語の方が有利だから。征服の結果としてある言語が禁じられることもあれば、恥ずかしくなって自主的に使わなくなる場合もあるだろうが、結局は強い言語に話者は流れている。上の本で英語の帝国のピークも既に去っている、という説も紹介されているように、英語もいつかはより強い言語に席を譲る日が来るかもしれない。それはさておき、、

フィリピンでの短期英語留学やオンライン英会話が増え始めた10年ぐらい前に、俺が批判的だった理由は「フィリピン人が自慢にしている英語は、しょせんアメリカの真似をした英語であって、フィリピン人が誇れるような文化ではない」ということだった。旧植民地のねじれたプライドみたいなもので、健全ではない、と思った。

しかしながら、上記の本を読む中でよくよく考えてみれば、帝国の言語=英語を学ぶという時点で日本人も十分ねじれたプライドを持っており、同類でしかなかった(本の中では旧植民地であるフィリピンと、日本では別のグループとして分類されているが)。健全とか健全でないとか、そんなものはないのだな、というのが読後の自分なりの結論となった。 

同様に、日本で子供に(自分が話せもしない)英語を習わせる風潮についても、歴史的にどこででも行われてきたわけであってとりわけ日本人の頭がおかしいわけではなく、さらには英語を学んだ結果、新しい世代が「美しい日本語」を話せなくなったとしても、それは次のレベルに進んでいっただけのこと。

フィリピンも日本も段階が違うだけで同じようなもんだ、と思えるようになったのが一番の収穫だった。

広告

言語の関節

最近ときどき考えること、多言語を話すということについて。

俺は母語は日本語だが、もっと言えばほぼ博多弁である。方言の中にも敬語チックな用法はあるので、細かく言えば博多弁のいわゆる普通形、敬語の2種類はある。一方、小さい頃からテレビやら絵本やらで標準語にも親しんでいたので標準語も理解できたし、使えた(主に書き言葉としてだったが)。話し言葉としての標準語はようやく大学に入ってから話すようになったが、それも全く苦でなかった。

ということで、小さい頃から博多弁と標準語のバイリンガルで、さらに丁寧語、敬語モードがあるのでマルチリンガルだった。俺は、マジメに言っています。

というのも、多言語を話すようになって思うのは、言語の切り替えは実際問題としてモードの切り替えでしかない、と感じるからだ。場面に応じてモードを使い分けるということが本質的なことだと思う。

しかし、言語の距離によってその難しさは違う。たとえば日本語の方言と標準語では、語彙はほぼすべて同じなわけで、変換する箇所は少ない。チェックポイントがいくつかある、というわけだ。

ここで俺は「言語の関節」という概念を提唱したい。上記のチェックポイントは紛れもなく関節で、動かすときにコントロールが必要。

日本語が母語(=基準)の俺が外国語を話すとき、言語によって関節の数(ともちろん位置も)が違うと感じる。たとえば英語は文法が日本語から非常に遠いので、関節の数もそれだけ多い。語順はもちろん、単語の持つ意味の幅、冠詞、複数か単数か、またそれによる活用、云々。。実際には話しながら即興的に組み立てていくわけだが、実にたくさんチェックポイントがある。

次にスペイン語のときは、また別のチェックポイントが現れる。おそらく、俺はスペイン語のときは英語を基準にして話していると思う。その上で「関節」は、名詞の性、目的代名詞が前に来ること、動詞では人称、線過去と点過去、過去未来かどうか、接続法かどうか、などなど。また、英語の言い方をそのまま訳すと失敗する例があるので、そこに触れていないかもチェックしている。

一方タガログ語のときは、また別の観点からチェックしている。特に重要なのは動詞の焦点、能動的な行為かどうか、ニュアンスを出す小辞の語順とその設置に伴って主格代名詞の位置変更があるか、等。言語によってチェックする観点が違うというのは、それぞれの言語が持っている考え方が違うということを示していると思います。それが、外国語学習で俺が一番好きなところ。

チョムスキーの生成文法は俺はまだちゃんと勉強してないのだけれど、あのツリー式の表現方法の中に上記の関節は含まれているはずだと思う。文法が似ているかどうかをこの関節の数とか質とかで評価するアプローチを使えば、これまでの定説と若干違う意外な結果が出るんじゃないかという気もしないわけではない。

もうちょっと考え続けてみます。