2019年1月から始まる日本出国税の例外について(メモ)

本ブログでも以前に「2019年1月から日本も出国税が課されるようになる件」で触れたが、2019年1月7日から日本を出国する際に1000円の「国際観光旅客税」が原則、課税されるようになる。ただ、ここに「原則」と書いてあるように、例外も存在するとのことなので、ここにメモしておきたい。

情報は、国税庁が発信元なので国税庁の「国際観光旅客税について」を見るのが一番詳しい。

このページでは4言語で書かれたパンフレットも用意してあるが、それを見ると、経過措置として2019年1月7日以降に出国する場合でも発券がそれより前の場合は課税されない。つまり、2019年1月7日以降に日本を出国する航空券を買うと1000円高くなっているということだ。

ただし、1月7日以前に発券されたチケットも、それ以後に日時変更などをすると課税されるようになるらしい。

課税対象外なのは2歳未満の子ども、入国後24時間以内に出国する乗継旅客など。外交官や航空機搭乗員らも対象外。

国籍は問わないことから、日本在住の人だけでなく外国人観光客にも課税されることがわかる。単純に考えれば今後、外国人観光客が増えれば増えるほど税収は上がるが、日本人で外国に行く人が減ればその分は相殺されることになる。

2019年1月から日本も出国税が課されるようになる件

昨日、新税が成立した。それによれば、2019年1月から日本を出国するときに1人1000円の「出国税」が課されるとのこと。いつからか知らないが、今後、航空券の代金に含まれるようになるらしい。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000124881.html

たとえばせっかくLCCで航空券が5000円だとしても、空港使用税とこの出国税で、3~4000円になってしまうぽい。残念だが、日本政府的には日本人には海外よりも国内旅行をしてほしいだろうし、近年急増している観光客からもお金を1000円ずつ余計に集められるわけだから一石二鳥。

出国税自体は、たとえばフィリピンでも「トラベルタックス」という名前で1620ペソ(ファーストクラスだと2700ペソ)徴収している。ただし、フィリピンの場合は外国人観光客は徴税の対象になっていない。国として外国人観光客をなんとか増やしたいわけだから、当然。

一方の日本は、昨今外国人観光客が増えすぎて国内が混乱気味ですらあるので、とりあえず1000円からの出国税で影響がどの程度あるのかみてみよう、ということなのだと思われる。私見だが、今後場合によっては、消費税と同様に外国人観光客は免除対象、という方向もあり得るのではと思う。それこそ日本旅行ブームが去って、外国人観光客をなんとか増やしたいという普通の国に戻れば。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254

フィリピンの空港から出る時のトラベル・タックス

あと数ヶ月で久しぶりにフィリピンに行くにあたって、うろ覚えだった「トラベルタックス」についてメモ。

フィリピン航空のウェブサイトより。
http://jp.philippineairlines.com/faq/checkin/check_in.jsp

「トラベル・タックスとはなんですか?
フィリピン国籍をお持ちの方、フィリピンの永住権をお持ちの方、フィリピンに1年以上続けて滞在されている方がフィリピンから出国するフライトをご利用いただく際は、トラベル・タックスをお支払いいただく必要があります。トラベル・タックスは、大人はPHP1,620、子供(2~11歳)はPHP810となります。」

これを読む限り、観光ビザでも一年以上続けて滞在していると出国時に3500円程度払わなければいけない、ということがわかる。

そしてこれとは別に、フィリピンに6ヶ月以上つづけて滞在するとき、イミグレでECC(Exit Clearance Certification)というクリアランスを発行してもらわなければいけないことになっている。料金はたしか700ペソ程度で、出国の2週間前ぐらいにイミグレに来い、と言われるのだがそれより前とか直前とかでも手続きできるのかはちょっと情報不足で不明。
http://d.hatena.ne.jp/zashikineko/20080704/p1

ということで、一時出国のタイミングを考えるときに参考になるのでは、と思います。

ちなみに、国際線の空港使用料はマニラだとチケット代に必ず含まれる(550ペソ)ようだが、セブ発だと例えばセブパシフィックでは含まれていない。そのためマクタン国際空港では別途750ペソ支払わなければいけなくなる。

追記:
ファーストクラスだと2700ペソとのこと。また、海外在住のフィリピン人の一部は免除の対象になります(在日フィリピン人だと「永住者」の在留資格を持っている人など)
(参考英語記事↓)
http://www.osakapcg.dfa.gov.ph/travel-tax-exemption-priveleges

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254