2013年のサンボアンガ危機の犯人一味のうち、97人が釈放された

MNLFの2013年のサンボアンガ危機の犯人一味197のうち、97人が5月28日に釈放された。基本的にバシランとスールー出身の男たちで、女性は1人のみとのこと。最終的に、彼らには一人5000ペソの罰金が科されただけにとどまった。

残る一味のメンバーは100人で、もっと罪の重い中核メンバーと思われるが、それにしてもこの97人に対する罰の軽さは被害者を落胆させていることは間違いない。そもそも、MNLFのリーダーであるヌル・ミスアリは部下の一部が「暴走」したのに勾留すらされておらず、もちろん責任もとっていないのが流石フィリピンというか、外からは理解しづらい部分だと思う。

(参考英語記事↓)
http://news.abs-cbn.com/news/05/28/18/court-frees-97-mnlf-members-in-zamboanga-siege
https://www.philstar.com/nation/2018/05/28/1819430/zamboanga-city-guard-96-charged-over-siege-freed

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254
広告

サンボアンガ・シブガイ州で地元女性が拉致された件

去る4月4日、サンボアンガ・シブガイ州(サンボアンガ市ではなく、サンボアンガ半島の付け根の方)マランガスで、地元の海産物ビジネスに従事する38歳女性が7人の武装した男たちに拉致された。

(参考:英語記事↓)
https://news.mb.com.ph/2018/04/04/businesswoman-kidnapped-in-zamboanga-sibugay/
https://www.philstar.com/nation/2018/04/05/1802838/woman-kidnapped-sibugay

その後、3日経った時点で関係者と見られる6人が投降したが、捜査は進んでいるか定かではない。
https://www.philstar.com/nation/2018/04/08/1803831/sibugay-kidnapping-6-suspects-surrender
https://news.mb.com.ph/2018/04/07/6-bandits-surrender-in-zamboanga-sibugay/

この界隈は長らくアブサヤフが活動している地域なので、その関連の可能性がある。ただし、メディアは今のところ不明と表現している。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254

ミンダナオのISIS(マウテグループ他)のその後

去年ミンダナオ中部にあるマラウィ市を占拠したISISことマウテグループその他だが、マラウィ市が解放された後も根絶はされておらず、300名以上が各地でリクルート活動等を行っているとのこと。彼らはリーダー亡き後10の小集団に分かれているという。

ラップラーの英語記事によれば、現在彼らの新しいリーダーは”Abu Dhar(アブ・ダル)”という者で、40代だそう。同記事は、今年の1月にもマシウという町で国軍とISISとの衝突があったこと、また3月4日にはこのグループのサブリーダーの一人が妻ともども爆発物不法所持のかどでマニラで逮捕されたと伝えている。

このようにフィリピンでもテロには引き続き警戒が必要で、特にマニラやセブ、ダバオ等の大都市でテロを画策している輩がいると思っておいた方がよさそうだ。

(英語記事↓)
https://www.rappler.com/nation/197457-maute-isis-subgroups-abu-dhar

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254

ケソン市でアブサヤフ構成員が逮捕された件ほか

去る11月17日になるが、マニラで開催されていたASEANサミットに関連して、国家警察はテロを企てていたとされるアブサヤフ構成員3名をケソン市で逮捕した。このタイミングでうまい具合に逮捕できているあたり、当局が自分たちをアピールしているようにしか見えないのだが、どうだろう。

(英語記事↓)
http://newsinfo.inquirer.net/945772/3-alleged-abu-sayyaf-men-tagged-to-terrorize-asean-summit-fall-asg-pnp-asean-summit-2017asean-terrorism

さて、それとは別に、11月12日には拉致されていたベトナム人船員のうち3人が救出され、1名の死体が回収された。

(英語記事↓)
http://newsinfo.inquirer.net/944810/abu-sayyaf-kidnapped-vietnamese-fishermen
http://videos.inquirer.net/?vtnid=MCsxMDMzODkyfHwyMzY4fHwxMTE4fHx8fDV8fA==

彼らがいつ拉致されたのか記事からは定かではない。しばらく前の2016年11月に拉致されていた人たちに関しては2017年7月5日には6名のうち2名が斬首され、さらに7月11日にも別の1名の死体が回収されているので、残っているのは3人のはず。そうすると今回の4人が全員ベトナム人であるなら、別のところで拉致された人たちか、少なくとも数人は別のところで拉致された人も含まれているのだと思われる。

(英語記事↓)
http://news.abs-cbn.com/news/07/11/17/body-of-abducted-vietnamese-recovered-in-sulu
http://www.philstar.com/headlines/2017/07/05/1716662/abu-sayyaf-beheads-2-vietnamese-hostages

アブサヤフはマラウィ危機によってかなり弱体化していると思われるが、それでも地元のバシランおよびスールー諸島では最近になっても拉致は行っている。たとえば、9月28日にはスールーの地元政治家を拉致したと報じられている。
(英語記事↓)
http://www.philstar.com/nation/2017/09/28/1743532/abu-sayyaf-kidnaps-jolo-town-councilor

そしてこの記事の最後には、上記政治家を除いて、同日時点で拉致されて人質となっている人数と内訳が記載されている。「スールーにいるのは」という書き方なのでバシランには他にもいるのかもしれないが、ともかく全部で17名。内訳はベトナム人6名、インドネシア人5名、オランダ人1名、フィリピン人5名。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

マラウィ市の「テロリストからの解放」が宣言された

今年の5月にIS(マウテグループとアブサヤフ等の合同チーム)が潜入して以来戦闘状態だったミンダナオ中部のマラウィ市について、ドゥテルテ大統領は10月17日に「解放」されたと宣言した。

(英語記事)
http://news.abs-cbn.com/news/10/17/17/duterte-marawi-liberated-from-terrorists
http://www.sunstar.com.ph/manila/local-news/2017/10/17/duterte-declares-liberation-marawi-569850

また、当局は昨日、テロリスト側リーダーのイスニロン・ハピロン(Isnilon Hapilon)とオマル・マウテ(Omar Maute)は軍の作戦によって殺害されたと発表していた。
現在のところ、まだ残党は多少(6-8人の外国人を含むテロリスト30人程度)残っているもののリーダーが殺害されたので収束を宣言した、というのが実態のようだ。
ちなみに、人質もまだ20人程度残っているので、どうみても収束とはいいがたい。

(英語記事)
http://www.sunstar.com.ph/manila/local-news/2017/10/16/isnilon-hapilon-omar-maute-killed-marawi-569626

今回の一連の戦闘で、テロリスト側は800人以上が死亡したとされている。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

マラウィ危機のその後2(アップデート)

5月に発生したマウテグループなど(現在はISISと呼ばれている)によるマラウィ占拠事件は、残る戦闘現場はサッカーコート3つ分、ようやっと最後の一押しというところだが人質が40数人いるため思い切った作戦ができない状態という。ただ、兵糧攻めをする場合、先に人質が飢え死にしてしまうのは目に見えている。一挙に解決というのは難しいようだ。

(追記:10/4に、上述の人質のうち少なくとも17名が救出された↓
https://www.rappler.com/nation/184223-marawi-hostages-rescued

下の英語記事によれば、9月30日時点の死亡者数は、政府側が155人、民間人が47人、テロリストが749人となっている。
https://www.rappler.com/nation/183849-marawi-death-toll-september-30

テロリストの武器は兵器の他、即席爆弾(または即席爆発装置) =Improvised Explosive Device, IEDと呼ばれる簡易手製爆弾を使っており、今回押収されたものの写真などもメディアに出回っている。中には、1ペソ硬貨を使ったものなどもある。こういったテクノロジーはネットワークを通じて国際的に技術移転されているわけだが、それだけの能力があるんだったらもっと建設的な方向に使っていってれば、今頃ミンダナオはもっと発展しているだろうにと思う。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

マラウィ危機のその後(アップデート)

5月に発生したマウテグループなど(現在はISISと呼ばれている)によるマラウィ占拠事件は、規模は相当縮小したものの、いまだに戦闘が続いている。立て籠もっている残党はおそらく20人程度だが、リーダーが殺害されたという報道はないのでまだ戦っているか、戦死したのか、あるいは既に脱出したのか不明。

下の英語記事によれば、これまでのところの死亡者数は、政府側が145人、民間人が45人、テロリストが600人以上となっている。また、マラウィの町は壊滅的な被害を受けており避難民は周辺を合わせて60万人規模。
https://www.rappler.com/nation/181543-marawi-war-reinforcement-lake

町の大部分は既に解放されているので、少しずつ復興に着手しつつあるところ。相当な時間がかかるだろう上に、もともと貧しい地域なだけに復興支援漬けになりそうな感じがしなくもない。

ところで、ミンダナオに敷かれている戒厳令は当初7月までだったのだが、国会の承認を得て年末まで延長されている。フィリピン憲法のことはよく知らないが、年末になったらまた延長の手続きがとられるような気がしてならない。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603