7月15日に拉致されたフィリピン4名のうち最後の人1名も救出された

アブサヤフに拉致されたフィリピン人3名が逃走し救出された件の続き。7月15日に拉致されたフィリピン人4名のうち、残っていた最後の一名も8月14日に国軍によってバシランで救出された。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/regional/2017/08/14/Abu-Sayyaf-hostage-Basilan-rescue.html

この事件は、サンボアンガ市在住の6名のフィリピン人の建設労働者が、7月15日にスールーのパティクルでアブサヤフによって拉致されたもの。うち2名は同日国軍によって救出され、3名は8月11日に逃走に成功し国軍に救出されていた。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/regional/2017/07/16/Suspected-Abu-Sayyaf-kidnap-four-workers-in-Sulu.html

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

アブサヤフに拉致されたフィリピン人3名が逃走し救出された件

7月15日にスールーのパティクルの小学校で拉致された4名のフィリピン人の建設労働者のうち3名が、8月11日に救出された。下のフィルスターの記事には、彼らのアブサヤフに捕らえられている写真付きで掲載されている。

(英語記事)
http://www.philstar.com/nation/2017/08/11/1727939/3-kidnapped-construction-workers-escape-abu-sayyaf-sulu

ところで、俺もニュースが全部追えるわけではないのでアブサヤフの拉致関係で漏らしてしまっている報道も多いわけだが、そのうちのいくつかの最近見つけたものをここに載せておきたい。

6月8日、セレベス海で2016年12月に拉致された4名のうちの1名を、スールーのタリパオで救出した。ちなみに4名のうち船長は既に去る4月に斬首されている。
5月1日、スールーのパティクルで4月29日に拉致された政府職員2名が救出された。
http://www.sunstar.com.ph/zamboanga/local-news/2017/05/01/troops-rescue-2-government-workers-sulu-539447

他にもまだあるのだろうが、とにかくアブサヤフが特にバシラン・スールー近辺ですごい数の事件を起こしていることは明らか。俺が追っている情報で最新なのは、少し前の情報にはなるが6月18日の時点でスールーに21名、バシランに5名の人質がいるというCNNの記事(参照:アブサヤフに拉致されたベトナム人一名が脱出に成功

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

アブサヤフに拉致されたベトナム人一名が脱出に成功

ここのところドゥテルテ政権によるテロ対策が派手すぎてニュースもなかなか追いきれないのだが、今日は久々にアブサヤフ拉致問題についてのアップデート記事を取り上げたい。

6月16日に、アブサヤフの拠点のひとつであるバシラン島に捕らわれていたベトナム人船員のうち一名が脱出に成功し、国軍に保護された。拉致されたのは2016年11月なので、実に7カ月もの間人質としてつかまっていたことになる。

(英文記事)
http://cnnphilippines.com/regional/2017/06/17/ASG-Vietnamese-hostage-recovered.html

上のCNNの記事では、他に26名の人質がいるとされ、21名はスールー、5名はバシランで、バシランに残されているこの5名はベトナム人の同僚。もっと詳しく言うと、バシランにいるグループはアブサヤフ傘下の”Furudji Indama(フルジ・インダマ)”という名前だそう。

別のニュースによれば、6月17日には爆弾製造担当のメンバーがサンボアンガ市内で逮捕されている(といっても、サンボアンガはフィリピン国内でダバオの次に市域が広大で、現場は町はずれだが)。このメンバーは、インドネシアの過激派テロ組織「ジェマ・イスラミヤ」から爆弾製造の訓練を受けたのだという。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/regional/2017/06/17/aide-aby-sayyaf-leader-isnilon-hapilon-arrest-zamboanga-city.html
http://news.abs-cbn.com/news/06/17/17/close-aide-of-hapilon-arrested-in-zamboanga-city

ここからは私見だが、報道を見ていると、国軍による空爆を含む攻勢によりアブサヤフはかなり弱体化しているように見える。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ボホールに侵入したサブサヤフの最後の一人も殺害完了

ちょっと遅れたアップデートになるが、去る5月15日に私が本ブログで「ボホールに侵入したアブサヤフ構成員が新たに一名殺害された件」を書いた後、実はボホールでは残った1名も殺害され、一掃が完了した。

(英語記事)
http://www.rappler.com/nation/169923-abu-sayyaf-terrorist-killed-bohol

場所はボホールのパンガンガン島。これで本事案は解決ということで、しばらくしたらボホール訪問を控えていた外国の観光客もまた戻ってくるようになるのでは、と思う。

ところでアブサヤフの拠点に関しては、5月17日付で政府から今年1月以降の作戦の成果が発表された。それによれば、この間に149名が無力化された、とのこと。内訳は、81名が死亡、50名が投降、18名が逮捕。ちなみにこれは主にスールーの拠点でのこと。下のビジネスワールドの記事によれば、政府が見積もった1月時点でのアブサヤフ構成員は500名程度とのことなので、作戦の成果は相当大きいと見える。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/news/2017/05/18/AFP-149-Abu-Sayyaf-neutralized.html
http://www.bworldonline.com/content.php?section=Nation&title=abu-sayyaf-toll-81-killed-18-apprehended-50-surrendered&id=145459

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

比政府の認識しているアブサヤフの現人質数は31名

GMAニュースによれば、現防衛省長官であるロレンサナが去る3月9日に語った現状の人質数は、外国人24名、フィリピン人7名の計31名とのこと。政府が認識している人質の人数ということで、これまでの報道機関が報じていた数より信頼ができる。

http://www.gmanetwork.com/news/story/602710/news/nation/abu-sayyaf-hostages-nearly-double-during-duterte-admin-says-lorenzana

話の趣旨は、デュテルテ政権が発足した時点では18名だった人質が今では31名と増加している、というもの。

ではここで、内訳を改めて計算してみよう。私が報道を追っていて試算していた人数は、

オランダ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 13名
インドネシア人 7名
フィリピン人 5名

の31名だった。全体数こそ合っているものの、フィリピン人の数が2名足りず、外国人の数が2名多すぎることになる。
誤差が出た原因として可能性の高いのは、これまで「マレーシア人」または「インドネシア人」とカウントされていた人のうち2人が実はフィリピン国籍ということではないだろうか。
彼らはボルネオ島の中でもフィリピンに近いところで拉致されているため、どのみち民族的にはおそらく大した差はないだろうし、それに重国籍ということもありうる。

ところでもうひとつ上記からわかるのは、やはり日本人の伊藤は政府的にも人質としてカウントされていない、ということ。日本政府もきっと同じなんだろう。ただ、いつからそうなのかはネット上に記事が見つけられないのでわからない。少なくとも拉致された時点では日本政府も動いたと思うのだが。。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
年金 de リッチに暮らす in ダバオ
足立 恭一郎
ブイツーソリューション (2015-09-30)
売り上げランキング: 363,199

アブサヤフが8歳の人質フィリピン人少年を解放

アブサヤフの人質になっていたドイツ人が斬首された件」で書いた通り、つい先日アブサヤフによって人質ドイツ人が殺されたばかりだが、また新しい動きがあった。

2月28日、7カ月の間人質になっていた8歳の少年が、約650万円の身代金と引き換えに解放された。

(英語記事)
http://www.sunstar.com.ph/davao/local-news/2017/03/01/abu-sayyaf-frees-8-year-old-hostage-after-7-months-528476
http://www.rappler.com/nation/162762-filipino-abu-sayyaf-hostage-freed
http://newsinfo.inquirer.net/876304/duterte-meets-8-year-old-boy-kidnapped-by-abu-sayyaf
http://www.gmanetwork.com/news/story/601365/news/nation/8-year-old-abu-sayyaf-kidnap-victim-released-in-sulu-brought-to-malaca-ntilde-ang

上の記事によれば、彼と両親の3人は2016年8月5日にサンボアンガ・シブガイ州パヤオ郡バランガイ・クリサップにて同時に拉致された。両親は、同年8月22日と11月13日にそれぞれ身代金と引き換えに解放されていた。父親は政府職員、妻は商店やココナツ・プランテーションなどビジネスを切り盛りしていると報道されているが、身代金のために少なくともいくつかはたたんでしまったようだ。

この拉致事件は、私がアブサヤフ・ウォッチングを始める少し前に起こっていたので、今回の報道を通じて初めて知った。
ちなみに、8歳の子どもが拉致されていたことは2014年にもある。
http://www.rappler.com/nation/73500-abu-sayyaf-releases-girl
このときの少女も、別の町だがやはりサンボアンガ・シブガイ州内で拉致されていた。

さて、これで残る人質は私の試算だと、

オランダ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 13名
インドネシア人 7名
フィリピン人 5名

になる。日本人の伊藤は、現在自発的にアブサヤフと行動を共にしていると考えられており、この数に入っていない。

脱出老人: フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち
水谷 竹秀
小学館
売り上げランキング: 89,963
日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)
水谷 竹秀
集英社 (2013-11-20)
売り上げランキング: 40,252

アブサヤフの人質になっていたドイツ人が斬首された件

去年の11月上旬にアブサヤフが新たにドイツ人1名を拉致で捕まっていたドイツ人が、2月26日にアブサヤフによって殺された。70歳だった。

(英語記事)
https://www.thesun.co.uk/news/2964222/abu-sayyaf-behead-german-jurgen-kantner-isis-style-video/
http://www.aljazeera.com/news/2017/02/abu-sayyaf-video-shows-beheading-german-hostage-170227101245013.html
http://newsinfo.inquirer.net/876003/abu-sayyaf-releases-video-of-beheading-of-german-hostage

身代金の期日になっても支払われなかったことから、すぐに首をはねたようだ。要求していた身代金の額は、6500万円ほどだった。

上の記事によれば、このドイツ人は2008年にもソマリアでも当地の海賊に52日間捕まった経験があり、その際は身代金と引き換えに解放されたのだという。

これで、残っている人質は

オランダ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 13名
インドネシア人 7名
フィリピン人 6名

と私は推測しているが、上のインクワイアラーでは少なくとも外国人19名とフィリピン人7名の26人と書かれている。フィリピン人が私の試算より一人多いのは、11月に韓国人が拉致されたときに一緒に捕まった人のことなのかもしれない。ともかく、現状合わせて25人は下らないということだ。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
年金 de リッチに暮らす in ダバオ
足立 恭一郎
ブイツーソリューション (2015-09-30)
売り上げランキング: 363,199