「スペイン語の世界」の中のチャバカノ語

日本語の文献でチャバカノ語への言及を見ることは非常に少なく、特に学者が書くものはほぼないといってよい。長崎県立大学の荻原寛名誉教授は研究対象にチャバカノ語も含めているようだが、ネットで見られる論考はイスパニカに掲載されている「マニラ湾沿岸部のスペイン語系クレオールをめぐって」(1995)ぐらいしかない。

そんな状況の中、今年出版されたスペイン語関係の一般書を読んでいたらチャバカノ語について紹介されているページがあったので引用してみる。

「スペイン語の世界」岡本信照(2018)慶応義塾大学出版会

スペイン語の世界
スペイン語の世界

posted with amazlet at 18.12.25
岡本 信照
慶應義塾大学出版会
売り上げランキング: 149,184

91-92p

フィリピンのチャバカーノ(スペイン語xタガログ語/セブアノ語)
 東南アジアにもスペイン語が存在する。その地はフィリピンである。チャバカーノ(Chabacano)とは、スペイン語とフィリピン現地語のいくつかとの接触言語の名称である。チャバカーノ語話者が最も多いのはミンダナオ島のサンボアンガという都市で、約50万人のネイティブ話者がいると推定される。農村部へ行けば、チャバカーノのモノリンガルも存在するという。ただし、最近は衰退の一途にあり、ミンダナオ島にも標準フィリピン語(タガログ語)が普及しつつある。その他、ルソン島マニラ湾沿岸の都市カビテでも話されているが、サンボアンガの変種とは異なる。例えば、語彙構成に関して言えば、カビテ方言はスペイン語起源のものが93%を超えるのに対し、サンボアンガ方言は86%とやや少なくなる。つまり、タガログ語やセブアノ語といった現地語由来の語彙の割合は、サンボアンガ方言の方がやや高い。
 ”chabacano”という語は本来「下品な」を意味するマイナス・イメージを帯びた形容詞である。それゆえ、その由来においてはあまり名誉ある名称とは言えないが、フィリピンにおけるクレオール・スペイン語の言語名として今や市民権を得ている。
 このクレオール語がいつどこで発生したかについては諸説がある。1つは、17世紀に香料諸島のテルナテ島(現インドネシア領)で発生したという説だ。ここは、香辛料の商取引をめぐってスペイン、ポルトガル、オランダが争った場所である。16~17世紀の東アジア海域では通商の共通語としてポルトガル語とマレー語が用いられており、やがてこの2言語が混淆したピジンが産み出され、ポルトガル人のみならず、オランダ人や英国人も用いたという。このポルトガル語基盤のピジンがさらにスペイン語と接触した結果がチャバカーノの萌芽であり、17世紀半ばにテルナテ島に住んでいたスペイン語(=チャバカーノ)話者がマニラに移り住むようになってからフィリピンで広めたというのだ。この説の支持者は、サンボアンガ方言を後の18世紀になってから派生した変種と位置づける。つまり、チャバカーノ諸方言一元論を唱えているわけである。2つ目は、18世紀のミンダナオ島に起源を求める説である。1718年、スペインは一度放棄したことがあるサンボアンガをふたたび占領した。この時期、この土地の先住民は不完全ながらもスペイン語を話すようになり、これがチャバカーノの始まりだという。こちらの説に賛同する専門家は、ミンダナオ島の方言とルソン島の方言はそれぞれ別の過程を経て確立したとする多元論で説明しようとする。

岡本が自分で調査して93%やら86%といった具体的な数字を挙げているとは思えないので、誰かの研究成果の孫引きなのではないかと思う。本書は2018年の作だが、上で言及したイスパニカ掲載の荻原の論考と比べてみて、その起源の探求について特に進んだ点は感じられない。

気になるのは、「最近は衰退の一途にあり」というくだり。一直線に衰退しているような書き方だが、カビテやテルナテの変種はともかく、サンボアンガのチャバカノ語についていえば話者数が数十万おり、当地の小学校の母語言語としてカリキュラムにも入っているところからすると、乱暴な言い方だと思われる。フィリピン語(タガログ語)は普及しており、もはやチャバカノ語モノリンガルの人は若い人にはいないが、サンボアンガでは、今後国から禁止されでもしない限り容易には話者は減っていかないと思う。

(おまけ)
参考までに、アキノ政権下で導入された、現行の「母語を基礎とした多言語教育(MTB-MLE)」の資料(英語)をいくつかリンクしておく。

https://www.philstar.com/headlines/2013/07/13/964902/deped-using-seven-more-dialects-under-k-12

チャバカノ語文法入門2

サンボアンガ・チャバカノ語の文法について、習い始めてからそろそろ6年が経過。日常会話で使い始めてからは2年弱なので、実質は2年ぐらい。
基本的なことは言えるようになってきたので、ちょっとまとめてみます。

1. 語順
チャバカノ語の語順には2通りある。それはちょうど、タガログ語に述語から始まる通常の語順の文と、文中に”ay”が入っているang形から始まる文の2通りあるのになんとなく似ている。ただし、チャバカノ語ではタガログ語の”ay”のような文法語はない。

これは例えば、このyoutube解説(英語)ビデオに出てくる例のような感じ。
通常の語順の例:Ya mira el hombre con Jose. (4分目から始まる箇所)  男はホセを見た / 男はホセと会った 。
主語から始まる語順の例:El libro man sale na 5 linggwahe. (10分目から始まる箇所) その本は5言語で出る(=「世に出る」)。

ちなみに、上の解説ビデオはよくまとまっており、英語版のwikipediaを読むよりもよっぽどわかりやすい。

2.フォーカス
自分で2013年にこのブログに書いた「チャバカノ語とタガログ語の比較」の通り、タガログ語などのフィリピン諸語と違ってチャバカノ語には動詞フォーカスはない。この点が決定的にシンプルだと思う。

3.語彙
語彙はスペイン語の影響が非常に強い。セブアノ語の影響はおそらく既にピークを過ぎており、現在では新しいセブアノ語語彙の流入は止まっていると思う。他のフィリピン諸語と同様、若い世代、あるいは高学歴になるにつれて英語の影響が強い。

語彙の面でおもしろいと思うのは、タガログ語と比べた時に中国語(というか広東語)の影響がかなり弱いというところ。おそらく直接的に広東語から借用された単語はほとんどないのではないかと思う。例えば”tata”(父)、”nana”(母)はタガログ語やセブアノ語と同じなので、直接的にはそこから来たように思われる。少なくとも19世紀末までにはサンボアンガでも中国人は多かったようだが、マニラやセブとは比べようがない、ということだろうか。

さて、現在のチャバカノ語のサンプルで、特に大卒の若い世代が話しているのを参考までにリンクしておく。
本人曰く大学までサンボアンガで過ごしており、ところどころに現われる英語から察するに英語も流暢、かつ見た目にはあまり中華系のようにも見えないタイプ。

出会いが生む言葉 クレオール語に恋して
市之瀬 敦
現代書館
売り上げランキング: 1,401,994

スペイン語:DELEのB2、作文全部書けなくても大丈夫

スペインのスペイン語試験DELE(B2)受験の話のその後。

去る5月に受けた試験では、作文の時間にヘマをやらかし最後まで書き終えることができず、正直かなり凹んでいました。が、結果を見たらなんと受かってました!

これから受験する方々に参考になると思いますので、少し詳しく状況を書きます。

作文が2題あるうち、私は一つ目にちょっと時間をかけすぎ、2つ目は後半にさしかかったところまでしか書けませんでした。一つ目に関しては字もわりときれいで、内容的にも自分の中ではかなり良くできた方と自負しています。

そして結果を見ると、作文では6割ちょい(16.67/25)でした(ちなみに他科目もだいたいそれぐらいでした)。そして、なぜかリスニングだけはまぐれで8割以上とれていたので、総合では7割をかろうじて越える点数になり、晴れて合格となりました。

ちなみに、結果のEメール通知はまだ来てませんが、実は(海外で受験したとしても)日本のDELEのウェブサイトから早めに見ることができます(受験番号と生年月日を入力します)。かくいう私自身、一緒に受験した友人に言われて初めて知ったのですが、5月末に受けた試験の結果は、7月末に公開となっていたようです。

さて、ここからは受かったからこそ言える話になりますが、今回の受験までエクアドル滞在で約1年半かかったことを勘案すると、現地で言語習得しまくるならば単純計算であと8年の間に5言語(1.5*5=7.5)はB2レベルになれる見込み。さらに言うとポルトガル語とかイタリア語とかは既になんとなくわかる気がするので、そういう言語だったらもっと早く習得できるだろう。

実際問題としては、俺は次のターゲットをASEAN言語にしたので関係ないのですがね。何言語習得ってのは、そんなの競争するもんじゃないんだからあまり意味のある目標じゃないと思います。ライフワークとしては、言語習得のプロセスが辞められないほど楽しいかどうかがすべてです。

Preparacion Dele: Libro + CD - B2 (2014 Edition)

Preparacion Dele: Claves - B2 New Edition
Pilar Alzugaray María José Barrios Paz Bartolomé
Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
売り上げランキング: 1,277
El cronómetro / The timer: Manual de preparación del DELE. Nivel B2 / Diploma of Spanish as a Foreign Language Preparation Manual. Level B2 (Cronometro)
Alejandro Bech Tormo Rosa María Pérez Bernal Carlos Salvador García Nicolas Sanchez Gonzalez Inaki Terres Chamorro
Editorial Edinumen
売り上げランキング: 18,098

エンパワメント

前回の投稿で、勉強がなかなか順調に進んでいることを書いた。調子が良いということは自信につながる。自信があれば、当然のことながら良いパフォーマンスにつながり、そして良いパフォーマンスはさらなる自信につながる。

この好循環が好ましいのは言うまでもなく、何事も目標を立てて行動するときには、そうなるのが理想的だ。

にもかかわらず、実際の世界ではあの手この手を使って世の中が私たちの自信をなくそうと画策しているように思われるときがある。今日はそんな日だった。

不本意ながらエクアドルで歯医者に通うことになって、今日で通院4回目。当地での病院における経験については別途思うことも多々あるのだが、悪口のオンパレードになりそうなので控えておきたい。このエントリで伝えたいのは、そういうことではないのです。

この間のDELE対策で、自分のスペイン語力に自信がついてきた矢先、案の定、医者との会話は普通より難易度が高く、満足いくパフォーマンスを発揮できなかった。相手の言っていることはそれなりにわかるのだが、瞬時に反応できないとか、自分の返事は文法が間違っていたとか、反省点が多々あった。

あげくの果てには、医者と放射線技師の会話の中で、その医者が私のことを「スペイン語がちょっとわかる」という評価を下しているのを聞いた時には正直ヘコんだ。それにしても、事実はともかくとしても、なんで俺の前でそういう言い方をするんだろうか、この人は。

それでなくても、国を問わず病院というところは私たちを無力に感じさせる仕掛けが満点のところだ。まがりなりにも社会人として生きている私たちを、単なる「患者」としてしか扱わない。医者は患者がストレスを感じないように(麻酔などで)気を使っているのは理解できるのだが、それって根本的には別に人でなくてもかまわない「生物」に対して処置をしているだけではないか、と思えてしまう。治療を受けながら、この扱いは動物病院の犬と同じじゃないか、という気がした。

よく考えてみれば、一日中そんな仕事をしている人だからこそ、上述のような会話を患者の前で平気でできたんだと思う。俺に言わせれば、そんな環境では俺のスペイン語がパフォーマンスを発揮できるわけがない。話し相手がどんな態度で臨むかによって、コミュニケーションの質が変わるのは当然である。

そういう面からいうと、この医者が患者との対人関係においてやっていることは、エンパワメントの反対のディスエンパワメントである。接客業なんだから、治療の腕とはまた別の次元である対人関係でもぜひがんばってもらいたい、と思った。

そして、これを反面教師に、音楽やら語学やらを教えている俺は生徒をエンパワメントするために気を使っていこう、と思いを新たにしたのでした。

DELE B2対策、紛らわしい動詞編

DELEにかぎらず、ヨーロッパ言語のテストは今どき、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages=
ヨーロッパ言語共通参照枠)に従っている。

この尺度は、大雑把に言うと進度を6段階にわかることで、各言語の習得レベルを比較できるようにしたもの。それぞれがどの程度のものなのか、概要についてはとりあえず日本語でも参照できるが(たとえば、TOEFLのページ)、実感として理解するには、実際に自分がそのテストを受けてみるに限る。自称「言葉トラベラー」の私としては、そういう意味でも今回挑戦するスペイン語テストDELEのB2の勉強は、興味深い。

この尺度、そもそも言語間の難易度を客観的に比べるなんてことは不可能なところ、あえてチャレンジしているところが良い。もともとEUが打ち出しているものだが、外国語としての日本語教育も、この考え方にはかなり影響を受けているよう。とはいえ、意地もあるだろうし準拠する気はないようだ。日本語の場合は、語学学習に漢字の占めているウェイトが大きいのも特殊な事情を作っているように思われる。ま、そんなことを言い出すと結局どの言語も比較できないハメになるので、禁句かもしれないが。

さて、CEFRについては時間があるときにもっと深く知りたいと思うのだが、とりあえず今の時点で興味深い用語に「敷居レベル」がある。これは、なんとなく俺が提唱する「離陸ポイント」に近い感じもする。観点はいろいろあり得ようが、ようは自律的になれるかどうかの敷居。生活者としては、とりあえずはここを目指すということでいいのだろう。

前置きが長くなったが、ここからはスペイン語の動詞をおさらいする。B2レベルの単語は、既習の意味の単語の類語とか、パラフレーズが多い。はっきり言って、そういう部分は俺にとって外国語学習の醍醐味ではないので面白みはない。耐え忍ぶのみ。。

今日は(おそらく語源が同じことから)カタチが似ていて紛らわしい動詞のセットをここにメモしておきたい。いわゆるまとめページ。日本語で言ったら門構えの部首の漢字シリーズみたいなもんだろう(聞く、問う、間etc..)

1) coger
escoger..選ぶ
recoger..拾う
acoger..歓迎する、acogerse逃げこむ(B2レベル)
encoger..縮める(B2レベル)

2) sumirとかsumarとか
consumir,,消費する
resumir..まとめる
asumir,,受け入れる、責任をとる(B2レベル)

3) sumar,,足す
consumar..完成させる、仕上げる(B2レベル)
asomar ..現れる、顔を出す(B2レベル)

4) partir..切る、出発する
compartir..シェアする
repartir..分配する(B2レベル)

5) barcar
abarcar..抱きかかえる
embarcar..乗船する
desembarcar..下船する

他にもまだまだたくさんあるでしょうから、後で補足するかも。とりあえず勉強がんばります。

Preparacion Dele: Libro + CD - B2 (2014 Edition)
Pilar Alzugaray María José Barrios Paz Bartolomé
Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
売り上げランキング: 420
Preparacion Dele: Claves - B2 New Edition
Pilar Alzugaray María José Barrios Paz Bartolomé
Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
売り上げランキング: 1,277
El cronómetro / The timer: Manual de preparación del DELE. Nivel B2 / Diploma of Spanish as a Foreign Language Preparation Manual. Level B2 (Cronometro)
Alejandro Bech Tormo Rosa María Pérez Bernal Carlos Salvador García Nicolas Sanchez Gonzalez Inaki Terres Chamorro
Editorial Edinumen
売り上げランキング: 18,098

DELEのB2を受ける(2014年5月)

けっこう迷ったあげく、スペイン語の資格DELEに挑戦してみることにしました。レベルは、B2(中上級)。

これ、けっこう難しい。なので久々に真面目に勉強することにしました。受験料も高い(153ドル)ので、落ちたくない!

さて、対策を立てるにあたって、情報収集しました。まず、この試験は2013年8月実施分から形式が変わっています。一方、内容自体はほとんど変わってないよう。一説によれば問題が難しくなった分、合格ラインが下がっているとか。本当か?

変わった点は以下を参考に。
https://spanish-online.jp/index.php/ja/blog/entry/deleb1b2

過去問のサンプルは、スペイン語サイトから見ることができる。

http://diplomas.cervantes.es/informacion-general/nivel-b2.html

2009年までの過去問はこちらから入手できる。
http://www.adelante.jp/deleb2.html

参考書は、このあたりを参考に。3社ぐらいある模様。

http://interspain.cocolog-nifty.com/novedades/2013/10/deleb2013-4e93.html

http://www.motoko-es.com/index.php?mnu=articulo&articulo=4&encabezado=DELE%E5%AF%BE%E7%AD%96%20%E3%81%8A%E8%96%A6%E3%82%81%E5%95%8F%E9%A1%8C%E9%9B%86

さて、情報収集もある程度できたので、あとは対策あるのみ。もう時間があまりなくなってきているので、急がないと!

Preparacion Dele: Libro + CD - B2 (2014 Edition)
Pilar Alzugaray María José Barrios Paz Bartolomé
Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
売り上げランキング: 420
Preparacion Dele: Claves - B2 New Edition
Pilar Alzugaray María José Barrios Paz Bartolomé
Edelsa Grupo Didascalia, S.A.
売り上げランキング: 1,277
El cronómetro / The timer: Manual de preparación del DELE. Nivel B2 / Diploma of Spanish as a Foreign Language Preparation Manual. Level B2 (Cronometro)
Alejandro Bech Tormo Rosa María Pérez Bernal Carlos Salvador García Nicolas Sanchez Gonzalez Inaki Terres Chamorro
Editorial Edinumen
売り上げランキング: 18,098

サポジラはチューインガムの木

メキシコ原産でフィリピンに広がったんだって。タガログ語では”chico”だそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%A9

ふと、呼び方が気になったので調べてみました。

疑問1) 英語名が非常にスペイン語っぽいが、ではスペイン語では何というのか?
疑問2) タガログ語名の”chico”はスペイン語で「少年」の意味だが、なんか関係があるのか?

ということで、まずスペイン語名を調べることにします。

スペイン語ウィキペディアのページ
によれば、以前はスペイン語で”Sapota zapotilla”と呼ばれていたそうです。現在は、メキシコでは
“chicozapote” と “chupeta”のふたつの名前で売られているとのこと。お、”chico”もここに出てきましたね。なるほどなるほど。

上記に、「メキシコでは」と書きましたが、どうやら、国によっていろんな呼び名があるようです。とはいえ、フィリピンは昔からメキシコと関係が深かったわけなので、名前もメキシコから来ていると考えるのが自然です。

ちなみに、ガムはスペイン語では(少なくとも中南米では)”chicle”。これも、メキシコのナワトル語由来なんだそうで。

サボンかハボンか

チャバカノ語や、タガログ語に入っているスペイン語、ポルトガル語について考えるときには、当時どんな言葉が使われていたのかを考えなくてはならない。
現代スペイン語や現代ポルトガル語とは違う場合があるはず、というか違うに違いない。ましてや中南米のスペイン語・ポルトガル語とはさらに差があるはずだ。

これを勉強していくのはけっこう大変。せっかく勉強しても、中途半端な知識は逆に邪魔になる。たとえば、接続法未来形は、植民地時代には既に会話では使用されていなかったらしい、とか。

しかしながら、これはこれで非常に興味深い。yahoo answerだったと思うのだが、一例を引用。

「*完了形のhe, has, haと未来形のé, ás, áと似ているのはどういう関係があるのですか?
*なぜ不定詞にhaberの活用形がくっつくことで未来形をあらわすのだろうと思った。どうしてこうなったですか?

→haber
は中世スペイン語では「持っている」という意味でした。そこ
で、たとえば、comer heならば「食べることを持っている」
→「食べることになっている」という意味になり、それが「食べるだろう」と
いう意味に変わりました。古いスペイン語(中世)では
comerとeが離れて書かれていることがありました。」

おもしろいですねー。これと、チャバカノ語の未然形に出てくる”ay” との関連は、たしかLipskiが指摘していたと思うけれども、どういうことなのか調べてみたい。

他には語彙の部分で、チャバカノ語には昔のスペイン語の名残じゃないかと思うものがいくつかある。
1) virar
俺の知っているスペイン語では”venir”で表すところに、チャバカノ語では”virar”が出てくる。今のスペイン語ではvirarは曲がるだと思うので、ちょっと意味が変わっているようだ。

2)サボンとハボン
俺の知っているスペイン語では石けんは”jabon”なのに、タガログ語では”sabon”。これも昔はsabonだったよう。

3)tapos(タガログ語)と apos(ポルトガル語)
これは偶然かもしれないが、「後」という意味の単語でtapos(タガログ語)と apos(ポルトガル語)が非常に似ている。もしかしたらスペイン語にも以前はaposがあったのではないか、これも調べてみたい。

そんな感じでスペイン語・ポルトガル語をもっとやれば、いろいろと見えてくる世界があると思う。あと一年、できるところまでこの2言語を勉強していきたい。

メキシコとエクアドルの物価

メキシコ旅行から帰ってきてから、ブログを更新してませんでした。記憶が薄れる前に、思ったことを書き留めておきます。

メキシコとエクアドルを較べるっていうのは、その大きさからして不可能だとは思うんだけど、それでも較べずにはいられません。

まずは似ているところ。
1)スペイン語
今回訪れたのは4つともそれなりに標高がある町でしたが(1800-2400mぐらい)、話されているスペイン語の発音はキトと大して変わらない、と思いました。グアテマラと並んで、中南米の標準スペイン語ということでしょうか。一応言っておくと、違うのは口語表現とか間投詞、特にキトの場合はキチュア語の単語を借用しているのがあるのでそこの部分とか。あとは根本的に声の出し方とか違うと思いました(キトは、東南アジアのようなダラーっとした話し方です)。

2)物価
これが、今日のテーマです。

メキシコとエクアドル、意外と物価が同じぐらいなんです。一人あたりGDPではメキシコは1万ドル、かたやエクアドルは半分以下の4500ドルにもかかわらずです。しかも、エクアドルに関して言えば服、靴、カバン、薬、電化製品、楽器なども大半が輸入なので、高い関税がかかっていてメキシコより断然高いです。

おそらくこれは一人あたりGDPで比較することの危険性なんだと思うんですが、メキシコは(現在の)エクアドルよりも貧富の格差が激しいので、低所得層に照準をあわせてみないと物価のことは見えてこないんだと思います。たとえば、メキシコの最低賃金はとんでもなく安いし(フィリピン以下)、その上メキシコはインフォーマル部門が巨大なことで有名。かたや今のエクアドルは社会(民主)主義を表明しているだけあって、政府が大きい。エクアドルの、ここ10年の最低賃金の上昇はかなりすごいです(日本もけっこうですが)。

で、物価ですが、エクアドルの方が安いのは、1)食費、2)長距離バスの2つが目につきます。長距離バスが断然安いのは、おそらくガソリン代の寄与も大きいと思うのですが、エクアドルは政府が補助金を出し続けていて、ガソリンが1Lあたり50円だったと思います。

農作物はともかくとして、他のものはメキシコの方が安いように感じました。理由として思い当たるのは、「競争」です。物価にかぎらず、それこそ、メキシコとエクアドルの大きな違いだと思ったのです。エクアドルは、競争が緩いせいで価格が高止まりしている気がします。それだけでなく、なんでもかんでも政府がなんとかしてくれるのを待っている雰囲気です。

エクアドルはコレア大統領になってから治安も良くなり安定して経済成長もしていますが、もし原油価格が下がってきたらどうなるか心配です。最近読んだコレア大統領の2009年の本でもそのことは指摘されていましたが、ここ数年で好転しているとはどうも思えません。なんと言っても一般市民がのーんびりしていて、グローバリゼーションに対応できるというような感じがしません。いや、その理由のひとつが在外家族からの海外送金だと見るならば、グローバリゼーションの結果としてそうなっているのはあるのですが。

タガログ語に出てくるスペイン語を元にした動詞

ネット上の日本語の記事で書かれていることは、
1)フィリピンがかつてスペイン語の植民地だったこと(スペイン語は84年憲法が登場するまで公用語の地位にあったそうです)、
2)それもあって、タガログ語の中にはスペイン語の借用が多いということ

ぐらいなもんで、例に挙げられているのはたいてい名詞ばかり。ざっと探しても、動詞が出てこないので以下に列挙してみることにしました。とりあえず今でも日常会話で使う単語を中心に。動詞の種類はよく使うもので載せましたが、他にも可能性はもちろんあります。カッコ内がスペイン語です。

<mag動詞>
maglaba 洗う (lavar洗う)
magtrabaho 働く (trabajo 仕事、trabajar 働く)
magplantsa  アイロンをかける (plantsa アイロン、planchar アイロンをかける)
magsepilyo  歯磨きする (cepillo ブラシ、cepillarse ブラシで磨く)
magmaneho 運転する (manejar マネージする、運転する)
magbiyahe 旅行する (viaje 旅行、viajar 旅行する)
magreklamo 文句をいう (reclamo 広告、reclamar クレームをつける)
magtimpla 混ぜる、調合する (timplar 調整する)

<um動詞>
kumanta 歌う (canta 歌、cantar 歌う)
umandar 動作する (andar 行く、動く)
kumuha とる=take (coger とる、*エクアドルを除く中南米では、もっぱら「セックスをする」という意味で使われるそうです)
pumasa 受かる(pasar 通る、受かる)
pumupo うんこする (popo うんこ)
umatras 後ろに下がる(atras 後ろに、atrasar 後ろに下がる)
umasenso 進歩する(ascenso 上がること)
umabiso 知らせる (aviso お知らせ、avisar 知らせる*このタガログ語の単語、若い人は知らないようです)

<man動詞>
manigarilyo タバコを吸う (cigarrillo タバコ)
mamalengke 買い物する (palenque 市場*古いメキシコの単語だそうです。現在は地名に名をとどめているにすぎません。)

<in動詞>
burahin 消す (borrar 消す)
lokohin だます (loco きちがい)
kargahin 運ぶ (cargar 運ぶ)

<an動詞>
kuwentuhan 語る (contar 語る)

<i動詞>
ibenta 売る (venta 売上、vender 売る)

まあこんな感じです。多いか少ないかは判断の基準に困るところです。どうやら、スペイン語の名詞をタガログ語用に動詞化した構造のものがほとんどのようです。こういう研究、日本語のものを簡単に入手できるといいんだけど、出版とかされてないのかね。

ところで、他にもセブアノ語では”istorya”(話す)とか、タガログ語とは違ったスペイン語系の単語が登場します(もしかしたら古いタガログ語には出てくるのかも)。そこらへんの比較も面白いと思います。

『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254