2001年のアブサヤフによる、パラワンのリゾートを襲った拉致事件とその後

アメリカで2001年の同時多発テロ事件が起こる数か月前、フィリピンのパラワン島にあるドス・パルマス・リゾートをアブサヤフが襲撃し、アメリカ人3名と、20名弱のフィリピン人を拉致してバシラン島に引き上げていった。当時、アブサヤフは既に拉致事件を何度か起こしていたが、アメリカ人が人質にとられた上にその後911が起きたので、オサマ・ビン・ラディンとつながりのあるアブサヤフによるこの事件は国際的な注目を集めたようだ。

(参考:アブサヤフの起こした拉致事件や爆破事件などのサマリー↓(英語記事))
https://www.gmanetwork.com/news/news/content/154797/abu-sayyaf-kidnappings-bombings-and-other-attacks/story/

さて、人質になった3名のアメリカ人の中には生き残った方が1人だけいて、アメリカに戻った後に手記を出版し、かなり反響があったようだ。その後、フィリピンの監督によって2013年に映画化されている。本は日本語へ翻訳されていないようだが、映画の方は字幕あり。

“In the presense of My Enemies” Gracia Burnham with Dean Merrill (2003)

In the Presence of My Enemies (English Edition)
Burnham, Gracia(著), Merrill, Dean(寄稿)
Tyndale Momentum (2012-02-24T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.8
¥1,739

「囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件」(2013)

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件 [DVD]
イザベル・ユペール(出演), ラスティカ・カルピオ(出演), キャスリーン・ムルヴィル(出演), マーク・ザネッタ(出演), ティモシー・マバロット(出演), ブリランテ・メンドーサ(監督)
アミューズソフトエンタテインメント (2013-12-20T00:00:01Z)
5つ星のうち4.2
¥2,500 (中古品)

たまたま拉致されたこのアメリカ人は、キリスト教(プロテスタント)の布教組織のメンバーで、書籍のタイトル自体も聖書の中の一説らしい。書籍では、一年超に及ぶバシラン島の山中をさまよいながらの人質生活の様子やアブサヤフがどんな人たちだったかを記しただけでなく、キリスト教徒としての内面の話が多い。全体として良書だと思う。

アブサヤフについての著者の話はもちろん、救出されたところで終わってしまうが、その後の顛末をネットで追ってみると、アブサヤフのリーダー格はその後の数年以内に掃討作戦で殺害あるいは逮捕された模様。そして逮捕された者については当然裁判となるわけだが、公判中にフィリピンでは死刑が廃止され、最高刑が終身刑になってしまったらしい。そういうわけで、2011年に最高裁で終身刑が確定した。ちなみに地裁の判決は2004年、高裁(控訴裁判所)の判決は2008年に出たという。

(参考:最高裁判決↓(英語記事))

Supreme Court affirms life terms on Abu Sayyaf members

スールーでは国軍によるアブサヤフの掃討作戦が続く

今回は拉致事件ではないですが。

去る2020年4月23日、スールー州のパティクルで国軍がアブサヤフと衝突し、この時点でアブサヤフ側は6名が死亡、一方で国軍には死亡者は出なかった。

参考、英語記事↓
https://www.gmanetwork.com/news/news/regions/735283/6-abu-sayyaf-bandits-dead-8-soldiers-hurt-in-patikul-clash-military/story/

これに先立ち、18日には現在のアブサヤフのリーダー格の一人であるサヒロンの、孫が死亡した模様。
https://www.gmanetwork.com/news/news/regions/734648/soldiers-killed-kin-of-abu-sayyaf-group-leader-sahiron-military/story/

さらにその前日の4月17日には、スールー州のパティクルで国軍がアブサヤフと衝突し、この時点でアブサヤフ側は3名が死亡、一方で国軍は11名が死亡した。
https://www.rappler.com/nation/258293-soldiers-killed-wounded-sulu-clash-abu-sayyaf-april-17-2020

このように現在は主にスールー州で作戦が続いている。サンボアンガ市から見てひとつ手前のバシラン州は既にしばらく前から制圧されているようで、治安も良くなっていると思われる。

ところで、新型コロナウイルスに関してはサンボアンガ市ではこれまで10名そこらしか陽性が確認されておらず、かつそのうちの2名は死亡している。今日の時点では5月以降GCQ(一般コミュニティ検疫)となる予定。ただし市長はECQ(強化されたコミュニティ検疫)の延長を求めているよう。

サンボアンガ・デル・スル州でイギリス人とフィリピン人妻が拉致された件

数日前のことになるが、10月4日夕方に、サンボアンガ・デル・スル州のトゥクランという町で、当地でリゾートを経営する70代のイギリス人とフィリピン人妻が何者かによって拉致された。4人の男が拳銃を突き付け、ボートで待機していた2人と合流し海に去って行ったという。

(英語参考記事↓)
https://www.rappler.com/nation/241785-gunmen-abduct-couple-zamboanga-del-sur

おそらくISIS系のテロリストの仕業ではないかと思われるが、現在まで犯行声明は出ていないという。おそらく、実行犯が身柄をアブサヤフ等に引き渡し、そこから身代金交渉が始まるのではないだろうか。

ところでアブサヤフのニュースは最近あまり聞かなくなったが、同10月4日にはアブサヤフのサブリーダー格が、ケソン市に潜伏していたところを逮捕された。

(英語参考記事↓)
http://www.manilastandard.net/news/national/306638/abu-sayyaf-sub-leader-arrested-in-quezon-city.html

この記事を読むと、彼はアジャン・アジャン(Ajang-ajang)というサブグループの所属だったことがわかる(アブサヤフは、ひとつのグループというより緩やかなネットワーク)。記事では、はじめはサンボアンガ市にいた際に月1万ペソの報酬を約束されて参加した、とあり、やはりこのような若者がリクルートされていくのは地方の貧困が背景にあるように思われる。

後日追記:
この二人は同年11月25日に救助された。
(英語参考記事↓ なお、この記事ではTukuranがZamboanga del Norteの南にある、と書かれているがZamboanga del Surの間違いである)
https://www.aljazeera.com/news/2019/11/philippine-troops-rescue-couple-kidnapped-abu-sayyaf-191125032516299.html

それはそうと、この夫妻、実はリゾートだけではなく小さな大学も経営していた。手作り感あふれるウェブサイト、ある意味すごい↓
https://hyronscollege.page.tl/
フィリピンでは、広報ツールとしてはウェブサイトよりはフェイスブックの方が重要なんだろう↓
https://www.facebook.com/pages/Hyrons-College-Philippines-Tukuran-Zamboanga-Del-Sur/869426599750647

日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

アブサヤフに人質にとられていたオランダ人が死亡した件ほか

アブサヤフ掃討の軍事作戦が続いているスールーで、作戦中の去る5月31日にオランダ人の人質、Ewold Horn氏(59)が死亡したことが発表された(参考英語記事)。
彼は2012年に、バードウォッチングのためにフィリピン人ガイド(Ivan Sarenas氏)とスイス人(Lorenzo Vinciguerra氏)とタウィタウィを訪れていたところを拉致された。その際、フィリピン人ガイドは逃げることができ、またスイス人の方は2014年に脱出していた。

なお、それに先立つ今年4月には、人質のインドネシア人1名が脱出した。しかし、一緒に逃げようとしたもう一人のインドネシア人は溺死し、また別に逃げ出したマレーシア人1名は撃たれてしまった。
https://www.voanews.com/a/philippines-abu-sayyaf-hostage-escapes/4864513.html

この記事ではまだあと2人フィリピン人の人質がいる、とされている。

また、5月25日にはスールー州ホロ島パティクル(Patikul)で,アブサヤフの武装集団約30人が地元のコミュニティを襲撃し,子供2人が死亡,住民3人が負傷。その後,応戦した国軍との銃撃戦でASGメンバー6人が死亡,兵士3人及びASGメンバー7人が負傷した。

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

サンボアンガ・シブガイ州で地元女性が拉致された件

去る4月4日、サンボアンガ・シブガイ州(サンボアンガ市ではなく、サンボアンガ半島の付け根の方)マランガスで、地元の海産物ビジネスに従事する38歳女性が7人の武装した男たちに拉致された。

(参考:英語記事↓)
https://news.mb.com.ph/2018/04/04/businesswoman-kidnapped-in-zamboanga-sibugay/
https://www.philstar.com/nation/2018/04/05/1802838/woman-kidnapped-sibugay

その後、3日経った時点で関係者と見られる6人が投降したが、捜査は進んでいるか定かではない。
https://www.philstar.com/nation/2018/04/08/1803831/sibugay-kidnapping-6-suspects-surrender
https://news.mb.com.ph/2018/04/07/6-bandits-surrender-in-zamboanga-sibugay/

この界隈は長らくアブサヤフが活動している地域なので、その関連の可能性がある。ただし、メディアは今のところ不明と表現している。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254

ミンダナオのISIS(マウテグループ他)のその後

去年ミンダナオ中部にあるマラウィ市を占拠したISISことマウテグループその他だが、マラウィ市が解放された後も根絶はされておらず、300名以上が各地でリクルート活動等を行っているとのこと。彼らはリーダー亡き後10の小集団に分かれているという。

ラップラーの英語記事によれば、現在彼らの新しいリーダーは”Abu Dhar(アブ・ダル)”という者で、40代だそう。同記事は、今年の1月にもマシウという町で国軍とISISとの衝突があったこと、また3月4日にはこのグループのサブリーダーの一人が妻ともども爆発物不法所持のかどでマニラで逮捕されたと伝えている。

このようにフィリピンでもテロには引き続き警戒が必要で、特にマニラやセブ、ダバオ等の大都市でテロを画策している輩がいると思っておいた方がよさそうだ。

(英語記事↓)
https://www.rappler.com/nation/197457-maute-isis-subgroups-abu-dhar

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254

スールーで比人エンジニアが拉致された件

3日前のニュースになるが、スールーのホロで地元のフィリピン人エンジニア1名が拉致された。スールー諸島はフィリピンとマレーシアの境目のところにあり、ホロはその中心地。下の記事によれば、犯行を行ったのはアブサヤフの可能性があるという。

参考記事(英語)↓
http://news.abs-cbn.com/news/02/14/18/dpwh-engineer-abducted-in-jolo

スールー諸島は今ではフィリピン人ですら、よそ者はガイドなしには入らないようなところ。だが80年代ぐらいはまだそこまでではなかったよう。80年代には鶴見良行がフィールドワークで訪れ、「マングローブの沼地で」等の著作に記述を残している。

マングローブの沼地で―東南アジア島嶼文化論への誘い
鶴見 良行
朝日新聞社
売り上げランキング: 1,031,378
フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855

アブサヤフが人質にとったインドネシア人2名を解放していた件

ここのところ忙しくてウォッチしていなかったのだが、2016年11月にタウィタウィで拉致されたインドネシア人2名が、1月23日に解放されていたことがわかった。

英語記事↓
http://newsinfo.inquirer.net/962262/abu-sayyaf-frees-2-abducted-indonesians-who-are-now-with-sulu-gov

昨年11月20日の時点から他に動きがないと仮定すると、現在拉致された状態になっているのは、ベトナム人6名、インドネシア人3名、オランダ人1名、フィリピン人5名の計15名ということになる。

ちなみに2010年に拉致されたとされる日本人の伊藤敏雄はアブサヤフの一員として活動しているとみなされており、この中には含まれていない。
(参考記事↓)
https://www.news-postseven.com/archives/20161114_465749.html

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ミンダナオ戒厳令延長が承認された件

ロイターによれば、今年末までだったミンダナオ島全域に対する戒厳令の一年間の延長がフィリピン議会によって承認された。

フィリピン議会、ミンダナオ島の戒厳令延長を承認 来年末まで」ロイター通信2017年12月13日付

名目はISに忠誠を誓うイスラム過激派グループの掃討だが、ミンダナオには共産ゲリラ”NPA(新人民軍)”の勢力もあり、こちらの鎮圧にも力が入れられている。NPAは長らく前に非合法化されたフィリピン共産党(CPP)の軍事部門で、歴史は古い。最近ではフィリピン政府とCPPが2016年に停戦合意を結び、ようやく和平実現かと思われたものの、翌2017年2月にはドゥテルテ率いるフィリピン政府が停戦を破棄し、掃討作戦に転じている。もしかしたらドゥテルテ個人としては共産党勢力からの選挙協力も受けており平和的に解決したかったのかもしれないが、「テロ組織」という点ではNPAはアブサヤフやマウテグループ等のIS系勢力と同列にくくってしまう方が、国際社会からの協力も取り付けやすい等々あるのかもしれない。とにかく現政権の重点課題は治安の向上で、今後もこの方向は続くとみてよさそうだ。

↑大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家、野村進のデビュー作。おもしろかったです。

ケソン市でアブサヤフ構成員が逮捕された件ほか

去る11月17日になるが、マニラで開催されていたASEANサミットに関連して、国家警察はテロを企てていたとされるアブサヤフ構成員3名をケソン市で逮捕した。このタイミングでうまい具合に逮捕できているあたり、当局が自分たちをアピールしているようにしか見えないのだが、どうだろう。

(英語記事↓)
http://newsinfo.inquirer.net/945772/3-alleged-abu-sayyaf-men-tagged-to-terrorize-asean-summit-fall-asg-pnp-asean-summit-2017asean-terrorism

さて、それとは別に、11月12日には拉致されていたベトナム人船員のうち3人が救出され、1名の死体が回収された。

(英語記事↓)
http://newsinfo.inquirer.net/944810/abu-sayyaf-kidnapped-vietnamese-fishermen
http://videos.inquirer.net/?vtnid=MCsxMDMzODkyfHwyMzY4fHwxMTE4fHx8fDV8fA==

彼らがいつ拉致されたのか記事からは定かではない。しばらく前の2016年11月に拉致されていた人たちに関しては2017年7月5日には6名のうち2名が斬首され、さらに7月11日にも別の1名の死体が回収されているので、残っているのは3人のはず。そうすると今回の4人が全員ベトナム人であるなら、別のところで拉致された人たちか、少なくとも数人は別のところで拉致された人も含まれているのだと思われる。

(英語記事↓)
http://news.abs-cbn.com/news/07/11/17/body-of-abducted-vietnamese-recovered-in-sulu
http://www.philstar.com/headlines/2017/07/05/1716662/abu-sayyaf-beheads-2-vietnamese-hostages

アブサヤフはマラウィ危機によってかなり弱体化していると思われるが、それでも地元のバシランおよびスールー諸島では最近になっても拉致は行っている。たとえば、9月28日にはスールーの地元政治家を拉致したと報じられている。
(英語記事↓)
http://www.philstar.com/nation/2017/09/28/1743532/abu-sayyaf-kidnaps-jolo-town-councilor

そしてこの記事の最後には、上記政治家を除いて、同日時点で拉致されて人質となっている人数と内訳が記載されている。「スールーにいるのは」という書き方なのでバシランには他にもいるのかもしれないが、ともかく全部で17名。内訳はベトナム人6名、インドネシア人5名、オランダ人1名、フィリピン人5名。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603