SIMフリースマホを周遊用に東南アジアで調達するというアイディア:そのメリット

いまだにスマホを持ってない。それぞれ年季の入ったipod touchとシンプルケータイの二台持ち(片方はケータイではないが。)で日常生活は問題なく、フィリピンの地方都市でのんびりと暮らしているので、そもそも移動中にネットに接続する必要も感じない。周遊旅行中は、これに加えてネット用にタブレットを持っていけば、ラップトップなしでもとりあえず一通りのことはできる。

はっきり言って、旅行するのにどうして一日中ネットにつなぐ必要があるのかまるで理解できない。事前に地図を印刷しておいて探したりするのは、むしろ楽しいと俺は思う。旅行者としては。どうしても必要なら近所のカフェに入ってWIFIを借りればいい。

しかし、これがもし出張だったら。その国でプリペイドのSIMカードを買うのが一番安上がりだとしても、時間のロスには違いない。本当に必要ならローミングするしかないかもしれない。その国に不慣れなら、仕方ない。だからあらかじめ旅行しておくべきなんです。いろんな場面での経験値を積んでおくべき。

さておき、スマホを日本で持っているとしてそれを海外でも使えたら便利なのは間違いなく、最近はSIMフリースマホが出回っているということで海外に行くことが多いなら大いに活用しようと考えるのも普通だろう。で、アンドロイド端末は日本のメーカーだとどうしても高く、海外メーカーであれば日本で買うより外国で買う方が安い。特に、最近は新興国モデルが安いものからたくさんあるわけなので。

最近のスマホのデュアルSIMは、素人の我々がイメージしているのとはちょっと違って、1スロットに3G+LTEを挿した場合、もう1スロットは自動的に2Gになるよう。不便なようにも見えるが、前者を日本のSIM、後者を行先国のプリペイドということで割り当てれば問題ない。とりあえず現状では。
http://nikkan-spa.jp/977870

アンドロイドについていえば、結局のところどこのメーカーだろうが同じOSを搭載しているわけで、かつ部品だって似たり寄ったりの組み合わせなわけなので、中国メーカーだろうが日本だろうが、基本的には大差ないはず。あとはメーカーの対応とかでどれを選ぶか判断すればよいと思う。

このサイトによれば、携帯の汎用性については基本的には東南アジアはどこも同じ(参照)。
そういうことなので、日本でも使える携帯として、デュアルSIMのスマホを海外で買っておくのは悪くないという結論。新興国モデルの安いやつなら失敗しても痛くない値段だしね。

古いipodの再利用:USBメモリとして使う

最近、立て続けにフラッシュメモリが壊れてしまった。新しいのを買ってもよいのだけど、そういえば古いipodがあったことを思い出したので、USBメモリとして使ってみることにした。

ただ、ipodにかぎらずアップル社のデバイスは普通にはファイルをいじらせてくれないので、Windowsで文書とかを保存するのにはサード・パーティ製のアプリを使う必要があって、ちょっとめんどくさい。

まず試したのは、定番のiFunbox。ただこれは、どうやら64bitのWindowsだとイマイチのときもあるよう。俺の場合、デバイスを認識しなかった。

次に試したのはiExplorer。これだとちゃんとできたけど、無料版にはデータ転送150MBまでという制限があるみたい。
https://www.macroplant.com/iexplorer/ie-free-vs-paid

だけでなく、ファイル転送がめちゃ遅かった。これではたしかに150MB以上のデータ転送なんてとてもじゃないがやる気にならん。

とりあえずの用途には使えたけど、おとなしく新しいフラッシュメモリを買うのが一番だなぁ。

エクセルの「オブジェクトを非表示」モード

もう10年以上もエクセルを使っているのに、初めて知ったこんなモード。なんのメリットがあるのかわかりませんが、誤ってcntl+6を押してしまうと、「挿入」ができなくなります。さらに、コピー&ペーストもかなり制限されます。

詳しくはこちら:

Excelで図形や画像などのオブジェクトが貼り付けれない場合に確認したい6つの事

italk(アイト-キ)の講師への支払いが素晴らしく改善されている件

日本人の利用者は多くないようだけど、おそらくオンライン言語学習のマッチング用プラットフォームでは世界最大手の”italki.com”。

さて、このサイトの講師への支払いシステムは、これまでの段階的にパワーアップしてきたのですが、先月からは、もらえる額が増えました。

講師が支払いの受け取りをpaypalにしている場合、これまでは手数料が5%ぐらい引かれていました。たとえば、500ドル分を引き出すと477ドルしかもらえませんでした。この手数料のために、比較的少額しか稼がない人(私も含めて)は引き出さずにitalki内で、レッスンを受けることで消費する、という人が多かったのではないでしょうか。

でも10月からの新システムでは、手数料はたったの2%。私が実際に引き出してみたのは250ドル分でしたが、それに対して5ドルしか手数料がかかりませんでした。3%も改善されたというのは、気分的に大きいです。というか、国際送金の手数料が2%なんて、素晴らしい時代になったものですね、本当に。

余談ですが、私はこのお金でTOEFLを受けるつもりです。ちなみにTOEFLの支払いはどこで受けようが米ドルですが、受ける国によって少し受験料が違います。日本が230ドルのところ、フィリピンは200ドル。

 

誰でもまねできる 人気講師のすごい教え方 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2015-03-20)
売り上げランキング: 25,812

 

youtube用の動画制作にチャレンジ

自分のパソコンで自分を撮って動画にして発信、なんてちょっと前まで全く考えていませんでした。

が、SNSが隆盛になって、オンラインのコミュニティ上で個人情報をある程度出していくのが当たり前になりつつあります。たとえばフェイスブックでどっかのページに「いいね」を押すだけで、フェイスブック外からですらそのユーザーの少なくともサムネイル画像は見られます。そもそもグーグルのアカウントにサインインしている時点で、ブラウザの履歴は全部筒抜けですし、グーグル傘下にあるyoutubeでは「いいね」や「コメント」はグーグルアカウントでなされるわけです。

もちろんこれらを根性で拒否することもできますが。。

さて、今度italki.comでまたlanguage challengeにエントリーしたのをきっかけに、youtubeで目標を宣言するビデオを作ってみようと思います。というのも、前回のチャレンジのときから、宣言ビデオを作るだけで5ドル分のクレジットがもらえる制度になっているので。

音楽や言語の学習にとって、録音録画はとても良い練習になります。自分の出している音を自分で客観的に聞けますから。最初の一歩さえ踏み出せば(!)見返りはたくさんあることを、音楽の録音のときに私は実感しました。

で、いざ自分のパソコンで録音をしようとすると、windowsのムービーメーカーではレイヤー処理などやりにくいと感じます。なので、フリーでソフトを探してみました。私が選んだのはこれ。

まず編集用。
AviUtl
http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

mp4対応させるプラグイン
http://pc.casey.jp/archives/153904937

これでちょっとやってみます。使い方に慣れるまでちょっと大変そうですが、後年こういうのがリテラシーと呼ばれる可能性もかなりあるので、今のうちに習得しておいて損はないと思います。

windows8 を買ったらインターネットができなくなった件について(2015年4月)

一か月ほど前にwindows8 の入った安いノートパソコンを買いました。そんで、いろんな設定とかめんどくさいので、そういうのは極力避けながら使っていました。

そうすると、ここ1,2週間ぐらいでだんだんインターネットが不調になっていき、しまいにはgoogle検索まではできるのですが、リンク先のページの大半に飛べなくなってしまいました。使い物になりません。

タブレットの方は普通に使えているので、明らかにパソコンの問題。あやしいのは、同梱されていたセキュリティ用プログラムの「マカフィー」。

そもそも、乗り換えたいのに、これが常駐しているせいでフリーのセキュリティソフトがダウンロードできない。それに、プログラムを終了させようと思っても、マカフィー側にはそんなメニューがない。嫌がらせ。。

で、しょうがないので(ちょっと怖かったですが)、タスクマネージャーからスタートアップ一覧を操作してマカフィーの自動起動をストップ。それからシェアがけっこう高いらしいフリーのセキュリティソフト”avast free”をダウンロードして、入れました。

結果、案の定インターネットがまた普通にできるようになりました。

っていうかこれ、パソコン初心者はお手上げだと思いますよ。マカフィー、本当に嫌な印象です。

SkypeのIDの先頭に”live:”がついている件

ここのところPC周りの話ばかり続けて書いていますね。

さて、標記の件。身近に、このこと=自分の正しいIDを知らない人がいました。

microsoftのIDでログインすると、そうなるんだそうです。下の説明を参考にしてください。

日本語
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13128236973

英語
http://community.skype.com/t5/Security-Privacy-Trust-and/Id-has-quot-live-quot-lt-name-gt-on-my-account-How-can-I-get-rid/td-p/3127684

既に存在しているときは、2がつく。
http://community.skype.com/t5/Windows-desktop-client/Microsoft-account-live-ID-name-issue/td-p/3478545

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

グーグルドライブのゴミ箱(2015年3月)

こいつはトリッキー。gmailとグーグルドライブを使っていて、ついに容量が100%になってしまった。前から少し気を付けてはいたのだけど。。

すると、同期失敗のメッセージとともに、デスクトップのアプリのアイコンから「ゴミ箱が半分容量を食っています」的な表示が上がりました。グーグルドライブの「ゴミ箱」なんて、初めて聞いたばい。。

で、下のグーグルのヘルプを見ても、「左」ってなんのことかわからん。
https://support.google.com/drive/answer/2409676?hl=ja&p=storage_warning&rd=1

そこで、検索。下のページが非常に参考になりました。ようは、ブラウザからグーグルドライブにアクセスしなきゃならんということでした。
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/105/105315/

おかげさまで削除したら半分スペースができたので、これでまたしばらく使い続けられそうです。めでたしめでたし。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

paypalでお金を受け取る

最近はもう熱が冷めてしまったのですが、以前、ネットで稼いでデジタルノマドになろう!と思ったことがありました。で、いろいろ実験してみた結果、やっぱり自分は普通に就職した方がいいという結論になりました。

それはさておき、paypalでお金を受け取ってみた体験談を書きます。ネットで探しても見つからないので。。

paypalでお金を受け取るには、本人確認の手続を経てビジネスアカウントになる必要があります。正直、これは難しくない。

ちなみに海外にいたら日本じゃないpaypalのアカウントも作れます。フィリピンではプリペイドの携帯電話でできる上に、住所を使った本人確認がありませんでした(住所の入力は必要)。

私はドルで受け取ったのですが、これを引き出すためには当面の間は15-21日の間paypalのアカウントにお金を寝かせないといけません。「当面の間」というのは最低金額~ドル分の受け取り回数5回までの間とか、そんな感じ。ちょっと不便だけどそれはまぁいい。

問題は、paypalのレートです。ドルで受け取ったお金を他の通貨(円とか)にする際に、paypal独自のレートで換算するのですが、こいつがかなり悪いです。だいたいですが、市中のレートの5-10%ぐらいじゃないかと。ちなみに、paypalでは日本アカウントでも例えばドルはドルでキープできるので、それを円に両替するタイミングは選べます。

結局、クレジットカードで買物したりするときもそうですが、決済サービスは両替レートが悪いですね。あー、いやだいやだ。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村