フィリピン、カンボジアとベトナムの最低賃金の比較

急に思いついて、現在のフィリピン、カンボジアとベトナムの最低賃金を比較してみる。

1.フィリピン
2018年11月
マニラ:日額最低賃金が非農業分野は500~537ペソ(約1050円~1127円、1ペソ=約2.1円)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/11/e2c50df274360288.html

2018年8月
セブ:386ペソ(約811円、1ペソ=約2.1円)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/06/b0149cdcba0ba701.html

1カ月22日で換算すると、マニラが11,000~11,814ペソ(23,100~24,808円)、セブが8,492ペソ(17,833円)となる。

2.カンボジア
2019年1月1日から月額182ドル(約2万500円)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/181029/mcb1810290500005-n1.htm

3.ベトナム
2019年1月1日からハノイ市、ハイフォン市、ホーチミン市を含む地域1が前年比5.0%増で418万ドン(約2万482円、1ドン=約0.0049円)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/12/9ddb9d3a5985ce07.html

レートの基準日がまばらなので不完全だが、3カ国を比べるとマニラが一番高そうだ。さらに、興味深いことにベトナムよりカンボジアの方が若干高く見える。ただ、賃金とは別に福利厚生の手当てのようなものが法律で義務付けられていたりして、実際に受け取る額は最低賃金と同じにはならず、結果的にカンボジアよりベトナムの方が高くなるとのこと。そりゃそうだ、ベトナムの方が経済力が上なのだから。

その上、国によって物価が違うので、賃金の額だけ見てもどっちの方が生活が豊かかは言えない。インフレは国によりまた時期によりそれぞれで、たとえばフィリピンでは2018年から「加糖飲料税」(いわゆる砂糖税)を始めた結果、庶民がしょっちゅう飲んでいるソフトドリンクが高くなってしまったり、またコメもうまくコントロールできず、ついに政府による買い上げ米の制度(いわゆるNFA米)を諦め、輸入自由化に踏み切らずを得なくなった。結果的に、2018年のインフレは周辺国よりすごかった。

(参考)「甘い清涼飲料に「砂糖税」 アジアで広がる」日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28920420T00C18A4MM0000/
(参考)「フィリピン、コメ輸入を自由化 不足で民間参入容認」日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35773530W8A920C1FF1000/

大東亜共栄圏と日本語

読書メモ。現在行われているタイプの外国人向けの日本語教育の走りの時代、戦前から戦中についての東南アジアおよび台湾についての本。フィリピンでの日本語教育の章もあるので、フィリピン本と言えなくもない。ちょっと歴史に興味がある人なら読んでみて損はないと思う。

「大東亜共栄圏と日本語」多仁安代(2000)

大東亜共栄圏と日本語
大東亜共栄圏と日本語

posted with amazlet at 17.09.26
多仁 安代
勁草書房
売り上げランキング: 938,454

本書は博士論文に加筆修正をしたものということだが、特に専門知識なくても読むのに不自由しない。ただ、内容は深くはない。筆者は明らかに東南アジアの言語に通じておらず、たとえばフィリピンのくだりでは日本語教師が初めての授業で緊張した面持ちの生徒の前で「私は河野です。」と自己紹介したところ爆笑になり、それから打ち解けた雰囲気になった、というようなことが書かれているが、この笑いの意味はタガログ語では「コウノ」によく似た「コニョ」が女性器の意味だから、現地人の生徒はつい笑ってしまったのだと思う。

実際にフィリピンで日本語教育に携わった経験のある私からすれば、下ネタ系がツボだったり、クラスでいきなり歌いだしたりとかするフィリピン人のノリというのは戦前から全然変わってないのだなぁと思わずにはおれない。もっと言えば、フィリピン人が外国語習得に非常に長けていると日本人教師が報告している点、また文法について英語で説明を聞かないと納得しないところも私が経験したのと同じだ。

この章では、フィリピン人が他の国と違って日本に対して非常に強い悪感情を持っていた理由についても非常にわかりやすく書かれている。当時、といっても1942年からの数年だけだが、日本語を勉強することがフィリピンでどんな意味を持っていたのか、本書を読んでみてわかったような気になった。

南沙諸島のヒューマニティ王国について

つい先日、ナツコこと金城夏子とほぼ同時期に糸満に生まれ、戦前から沖縄返還後にかけて活躍した実業家「沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子」を読んでいて、気になる記述を発見した。

「沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子」高木凛(2007)

沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子
高木 凛
小学館
売り上げランキング: 176,527

P125

フィリピン沖で嵐に遭い、シンナン諸島のモッカ島まで流されたこともあった。そこは蒋介石にも毛沢東にも属さない中国人が孫文の旗を掲げて独立していた孤島であった。孫文の三民主義を実践し、ある時期「ヒューマニティ王国」と称されていた島である。
そこではラジオと電球が不足していた。敏子は船が修復されるとすぐに立ち返り、ラジオなどの電化製品を積み込んでモッカ島と交易をした。遭難してもただでは生還しない、敏子らしいエピソードである。

1956年のことである。調べてみると、上記「シンナン諸島」というのは「新南群島」で、今の南沙諸島(スプラトリー諸島)であることがわかった。ではこの「ヒューマニティ王国」とはなんなのか。

日本語版に項目のない英語版ウィキペディア
https://en.wikipedia.org/wiki/Republic_of_Morac-Songhrati-Meads

では、ミード船長が作った極小国家であるとされている。では、どの島なんだろうか。

とりあえず先に南沙諸島の島々について知りたいと思い、日本語版ウィキペディアを参照すると、南沙諸島には日本占領下の呼び名で

北二子島、南二子島、西青島、三角島、中小島、亀甲島、南洋島、長島(現在の太平島)、北小島、南小島、飛鳥島、西鳥島、丸島

等があったとされる。今のフィリピンにとって重要なパグアサ島 は日本占領下では中業島、その旧称は三角島だった。主な島の位置関係は、下のウェブサイトを参照。
http://nekonote.jp/korea/old/mil/ww2/namsa-islands.html

「ヒューマニティ王国」はおそらくこのうちのどれかだろう、と推測してひとつひとつwikiで調べてみるも、何も見つからない。そんなとき、ウィキペディア英語版の”Spratly Islands“にようやく、”Meads Island (Itu Aba)”という記述を見つけた。”itu ba”とは、カタカナ表記「イツアバ」で、日本語版の「太平島」によればマレー語で「あれはなんだ」から来ているという。今の”Taiping island(太平島)”で、南沙諸島で一番大きい島で、現在は台湾が実効支配していて「住民」が200人程度いる。ちなみに2016年の国際司法裁判所の判決によれば、南沙諸島にあるのは一番大きいこの太平島でも「島」ではない。

さて、当の”Taiping islandのページには”ミード(mead)”という記述すらない。

いくつかの英語ソースを参照してみると「ヒューマニティ王国」については書かれているが、具体的な記述は見つからない。
http://dustyheaps.blogspot.jp/2014/03/the-curious-tale-of-humanity-islands.html
http://www.istoryadista.net/2012/04/lost-kingdom-of-spratly-islands.html
http://www.angelfire.com/ri/songhrati/history.html
http://www.crwflags.com/fotw/flags/xp-s.html

ただ、代わりに面白いことを見つけた。戦後、南沙諸島でとあるフィリピン人航海士が勝手に自分の国「フリーダムランド」を宣言してしまったというのだ。台湾(中華民国)が実効支配する太平島で、その国旗を抜いてしまい国際問題になったという。ときはマルコス時代だったのだが、このフィリピン人はマルコスから島に関する宣言を取り上げられ、投獄されてしまったのだという。これも南沙諸島の領有問題に関する一コマ。

さて、それにしてもいったい「モッカ島」とはどこなのか。ネット上での捜索もむなしく謎に終わってしまった。

東南アジア各国のネット回線スピード縦断比較

akamai.comの出しているレポートのデータを使って、最近3年分ぐらいの東南アジア各国のネット回線スピード比較をしてみます。適当な時期を抜き出して以下に示しますが、どこの国もどんどん改善されているというのは間違いない。特に2013年と比較すると、新興国ではだいたい2倍ぐらいの数値。世の中はどんどん良くなっている、ということですね。

2016年Q2

1位:韓国(27.0Mbps)
2位:香港(19.5Mbps)
3位:シンガポール(17.2Mbps)
4位:日本(17.1Mbps)
5位:台湾(15.6Mbps)
6位:タイ(13.7Mbps)
7位:ニュージーランド(10.6Mbps)
8位:オーストラリア(8.5Mbps)
9位:マレーシア(6.8Mbps)
10位:インドネシア(5.9Mbps)
11位:スリランカ(5.7Mbps)
12位:中国(5.2Mbps)
13位:ベトナム(5.1Mbps)
14位:フィリピン(4.3Mbps)
15位:インド(3.6Mbps)

2014年Q4

1位:韓国(22.2Mbps)
2位:香港(16.8Mbps)
3位:日本(15.2Mbps)
4位:シンガポール(11.7Mbps)
5位:台湾(10.6Mbps)
6位:オーストラリア(7.4Mbps)
7位:ニュージーランド(7.3Mbps)
8位:タイ(7.1Mbps)
9位:マレーシア(4.1Mbps)
10位:中国(3.4Mbps)
11位:ベトナム(2.7Mbps)
12位:フィリピン(2.7Mbps)
13位:インド(2.0Mbps)
14位:インドネシア(1.9Mbps)

2013年Q1

1位:韓国 23.6Mbps
2位:日本 14.6Mbps
3位:香港 13.3Mbps
4位:シンガポール 8.4Mbps
5位:タイ 5.2Mbps
6位:マレーシア 3.5Mbps
7位:中国 3.2Mbps
8位:インドネシア 2.4Mbps
9位:フィリピン 2.1Mbps
10位:ベトナム 2.0Mbps
11位:インド 1.7Mbps

まとめ:東南アジア(ASEAN)諸国のオリンピックメダル

いまだに今回の東南アジア(ASEAN)諸国でオリンピックメダルを獲った人や数をまとめたサイトが日本語ではないようなので、自分でまとめてみる。

英語では、たとえばこの記事(参照)が合計の数をまとめている。それによれば、金5、銀10、銅3。ところで、この記事はエアアジアのトニー・フェルナンデスがメダリストにエアアジアの無料搭乗権(券ではなく!)を与えると宣言したことを報じたもの。金だと永年、銀と銅はそれぞれ5年と3年有効だという。

さて、内訳。国別だと、ウィキペディアに一覧(参照)がある。ASEANだけを取り出すと、

タイ:金2、銀2、銅2
インドネシア:金1、銀2、銅0
ベトナム:金1、銀1、銅0
シンガポール:金1、銀0、銅0
マレーシア:金0、銀4、銅1
フィリピン:金0、銀1、銅0

ブルネイ:金0、銀0、銅0
ミャンマー:金0、銀0、銅0
カンボジア:金0、銀0、銅0
ラオス:金0、銀0、銅0

今回、シンガポールとベトナムで史上初の金メダリストが誕生。少しずつ、オリンピックでASEAN諸国の存在感が高まってきている。

シンガポールは水泳のジョセフ・スクーリング(Joseph Schooling)、男子100mバタフライでフェルプスを破った。
一方、ベトナムのホアン・スアン・ビン選手(Hoang Xuan Vinh)は射撃で、以下で日本語記事が読める。
http://www.viet-jo.com/news/special/160810085110.html

バドミントン(参照・日本語記事)は、インドネシア、マレーシア、タイがメダル獲得。マレーシアは、バドミントンで銀3、高飛び込みで銅1、競輪でも銅1だった。
タイで金が出たのはウェイトリフティングで、Sukanya SrisuratとSopita Tanasanが優勝。フィリピンも銀(Hidilyn Diaz)をとった。

最後に、ASEAN諸国のひとつカンボジア代表としては、今回初めてマラソンで猫ひろし(39歳)が参加し、完走したことを付け加えておこう。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/…/hiroshi-neko_n_11644918.htm
http://matome.naver.jp/odai/2133655480433408101

AEC(ASEAN経済共同体)が12月31日に発足。

2015年中に始めることになっていたAEC(ASEAN経済共同体)が、12月31日に発足することが正式に決まった。

読売新聞は、「6億人の巨大市場統合へ」との見出しをつけて報じている。将来的に経済規模がEUより大きくなる日も近い。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151122-OYT1T50124.html

また日経新聞によれば、

域内の経済統合を目指すAECは2003年の構想表明以来、12年で創設にこぎ着ける。域内の輸出入関税が9割超の品目ですでに撤廃された半面、金融などサービス分野やヒトの移動の自由化は実質先送りされている。

また、別の記事では、

AECの最大の成果はモノの自由化だ。タイやシンガポールなど先発6カ国間ではすでに99%の品目の関税がゼロだ。カンボジアなど後発4カ国も18年までにほぼ撤廃する計画で、多くの企業が恩恵を受けている。

 ただし抜け道もある。各国内の非関税障壁の存在だ。AECではその撤廃も掲げるが、現実にはインドネシアが鉄鋼製品への反ダンピング課税を発動するなど、新たに導入する事例がみられる。

 理想と現実の乖離(かいり)は、発足時点での達成が先送りとなったヒトの移動やサービス分野の自由化も同様だ。

などと書いている(リンク元は、開けなくなったのでここには貼っていません)。その他には、域内国の大きな経済格差にも触れている。名前こそ新たに出てくるのだが、取り組みは少しずつ進んできたものなので、いきなり何か変わるようなこともなければ、特にお祝いをするようなこともない。にもかかわらず、ASEAN地域の変化は特に都市部で進んでおり、ちょっと前までの中国ほどではないにせよダイナミック。今後もまだまだ変わるのだろうと思う。日本からも、もっともっと注目されてよいはずだ。

フィリピンの教育改革についてのまとめ(2015年7月)

ここ数年注目しているフィリピンの教育改革。JICAプロジェクトでも専門家チームが入ってなんやらやっているようですが、結局のところ当のフィリピン政府も含めて誰もこれからどうなるかがわかっていない、という状況のようです。さすがフィリピン。

とりあえずここまでの道筋だけでもきちんとフォローしよう、ということでネット上で日本語だけでささっと調べた結果こうなりました。

1. フィリピンの教育史
まず、改革までのフィリピンの教育史をみてみましょう。東大の先生の論文ですが、出た年が書いてない。参考文献を見ている限り、本論文は1978年頃のものかと思われる。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kyoiku1932/46/3/46_3_216/_pdf

それから時代は下り、現在のフィリピンの教育行政。

日本の外務省のレポート。2005年頃?統計的なデータあり。

クリックしてsect05_01_03.pdfにアクセス

ポイントと思われるのは、
「三焦点化(trifocalization)」の方針により、基礎教育を教育省、高等教育を高等教育委員会、職業技術訓練を技術教育技能開発庁がそれぞれ所管している。
現地名はそれぞれ、デッペドDepartment of Education (DepPED), チェドCommission on Higher Education (CHED), テスダTechnical Education and Skills Development Authority (TESDA)です。

2. 教育改革の概要
福井大学のレポートでは、

クリックしてAA12470517-06-022.pdfにアクセス

改革の法的根拠「拡大・強化された(Enhanced)2013年基礎教育法」
改革内容:
1) 教育・学習言語の変更とカリキュラム改革とからなる教育方法の転換
2) これまで小・中学校の10年間であった義務教育の期間を高等学校までを含めた12年間に延長するということ

とある。1) については、いつも揺れている英語か母語かの論争がまたぶり返しているという印象。この点、日本の詰め込み教育vsゆとり教育に似ている気がする。
で、西洋(EUとかUNESCOとか)などで支持されている「母語をベースとした多言語による教育・学習(MTB-MLE、Mother Tongue Based Multi Lingual Education)」が導入されることになったという次第。この「母語」というのはしかし8大言語プラスFSL(フィリピン手話)だけではなかったか。たくさんある諸少数言語をフォローし尽くすというのは土台無理な話なので、線引きがあるのは経済的に仕方ないと思われる。

次に、カリキュラム改革は、内容は見ていないがおそらく「成果基準の教育法(Output based teaching)」への転換と思う。他に、マグサイサイ賞受賞のベルニド夫妻のメソッドにも影響を受けているとどこかで読んだような気もするが、実際はどうなんでしょうか。

そして2)、K-12(K to twelve)と言われている制度改革。言うまでもなくこれが一番影響が大きい。

3. 教育改革の背景
で、そもそもどうして教育改革が必要だったのかを調べてみると、

2011年6月時点のアジ研のレポートに従来の教育制度の問題点が3つあげられている。

クリックして1106_suzuki.pdfにアクセス

それぞれ、

基礎学力の低下
就業の問題
海外との制度の違いがもたらす不利益ともいうべきか、扱いの差

だという。管見では、それに加えて2015年末にAEC(東南アジア経済共同体)が発効予定なのもあると思う。ここ数年で、いろいろな基準をASEAN各国でそろえている。

アジ研のレポートに戻ると、この教育改革を実施するにあたり問題になりうることがあげられている。誰もが素朴に思うことだ。すなわち、


「中等教育を2年間上積みすれば、それだけ必要となる教室・教師・教科書が増えるからだ。それに、学校に通学しつづける子供達の学力は向上するかもしれないが、そうでない子供達にとっては何も変わらず、学力の格差がさらに広がる可能性も考えられる。」

これまで拡張できなかった理由もこれなんだから、誰でも気づいているはず。今の質を維持するだけでも、2年分の教育予算を増やさないといけないし、そもそも新制度開始にあたっての初期投資としてカリキュラム作り、教師研修のほかに教室の設置が必要になる。だいたいこういう改革の被害者になるのは地方の低所得階層なわけで、特にミンダナオのARMM(イスラム自治区)らへんにテコ入れしないとどうしようもなくなるのは目に見えている。

4. 監督官庁の乗り入れ
2年間拡張した分の課程は「シニアハイ」と呼ばれるようだが、このカリキュラムには普通科だけでなく、職業訓練的な内容を持った各種の実学科(TEC-VOCトラック)が予定されている。しかし初等・中等教育を所管する教育省にはノウハウがないので、職業訓練の監督機関であるTESDAが乗り入れてくるので、「三焦点化」が崩れる格好になる。

クリックして042-05.pdfにアクセス

さらにいうと、私学ではシニアハイは大学が降りてくるような形で拡張するようなので、大学の先生がとりあえず2年間はシニアハイの学生を教える、ということにもなりえる。その場合、教員免許はどうなるのか。

そもそも、シニアハイの教員免許は誰が持っているのだろう。中等教育の免許と同じだろうが、追加の研修とかしなくていいのだろうか。疑問はたくさんあるが、少なくとも日本語では、現時点でこれらの答えになるような文書は出てなさそうだ。

以上、2015年7月時点でのまとめでした。

(おまけ)
ところで今回の教育改革には含まれていないが、興味深い視点がある。むしろミンダナオ和平プロセスに関連するものとして、イスラムのマドゥラサ教育への視点も持っておきたい。
www2.jiia.or.jp/pdf/asia_centre/h13_isram/tatsumi.pdf

(おまけ2)フィリピン政府による新制度説明のプレゼン(だいたい英語)。

中所得国の罠

備忘録。開発経済の用語です。

中所得国の罠(Middle-income trap)とは、世界銀行が2007年に提示した概念である。
http://www.ifinance.ne.jp/glossary/global/glo200.html

ASEANではマレーシアぐらいのレベルの国の課題。その他は中国およびBRICS。

中国
中所得国の罠の回避に向けて(内閣府)
http://www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sa13-02/html/s2_13_2_1.html

アジアにおける中所得国の罠とは
http://www.nira.or.jp/president/review/entry/n121003_674.html

ブラジル
http://nipo-brasil.org/archives/3766/

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

カンボジアの最低賃金の推移

正確には、カンボジアの縫製業セクター労働者の最低賃金。急速に上昇しています。時系列に並べてみました。

1997年、月額40ドル
2010年10月1日から月額61ドル
2013年5月から月額80ドル
2014年4月から月額95ドル
2015年1月から月額128ドルに引き上げへ。

(追記:2016年1月からは月額140ドル。)
(追記:2017年1月からは月額153ドル。)

参考までに、2013年末の時点では「毎年12~16%ずつ段階的に引き上げて2018年までに5年間で最低賃金を160米ドルまで引き上げると発表した。2014年までは最低賃金の引き上げを行なわないことを公言していたが、国内で多発するストライキによってこの約束は撤回され、最低賃金引き上げに至った。」

舵取りが難しいようで、2014年には約20%、そして今回は約30%の上昇になります。そうすると、2014年のベトナムと比べてほぼ差がなくなります(参考)。

ただし、ベトナムも2015年に向けて15%程度引き上げるようなので、引き続きざっくり言って15%の差を保ちますが(参考)。

(追記:2016年ベトナムも12%up、2017年ベトナムは7.3%up。少し差が縮まりつつある)

この地域の発展は急速ですねぇ。

アジ研のレポートによれば、ベトナム中部の農村は近隣国の都市部よりかなり貧しく、カンボジアやラオスに仕事を求めて出て行く人もたくさんいるのだそうです。

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村

フィリピンの観光ビザ更新料が値上げ

2014年7月2日から、観光ビザの更新料が一回につき110ペソ値上げになったそうです。

ちなみに、ビザなしでの滞在可能期間は2013年8月から21日から30日に増えています。

さらに、フィリピンに観光ビザでいられる最長滞在期間はちょっと前に16カ月から36カ月に延長されています。

また、このブログでのまとめによれば、ビザ更新代は一年で5-6万円かかる計算になります(幅はレートによる)。
http://tfmike.blogspot.com/2013/09/visa.html#more