「英語の帝国」とフィリピンと日本

フィリピンでは今や家庭で自分の子どもに英語で話しかけ、わざとタガログ語を教えない教育が中流以上で盛んだが、これはなにもフィリピンだけの話でなく、歴史的にスコットランドやウェールズでも起きていた、という。子どもの将来のために、庶民が自発的に伝統的な母語を捨てるいわゆる「自殺」は、英語の帝国の一部になる最終段階だということが、下の本によく書いてある。

「英語の帝国 ある島国の言語の1500年史」平田 雅博(2016)

英語の帝国 ある島国の言語の1500年史 (講談社選書メチエ)
平田 雅博
講談社
売り上げランキング: 271,566

言語の絶滅はいつの時代もゆっくり起きるもので、まずその言語だけを話す単一話者がいなくなり、(オランダ語などのように)他の言語との2言語話者となる時期があり、そしてそのうちに(アイヌ語のように)その言語を母語とする人がいなくなる。交代する理由はいつでも、より強い言語の方が有利だから。征服の結果としてある言語が禁じられることもあれば、恥ずかしくなって自主的に使わなくなる場合もあるだろうが、結局は強い言語に話者は流れている。上の本で英語の帝国のピークも既に去っている、という説も紹介されているように、英語もいつかはより強い言語に席を譲る日が来るかもしれない。それはさておき、、

フィリピンでの短期英語留学やオンライン英会話が増え始めた10年ぐらい前に、俺が批判的だった理由は「フィリピン人が自慢にしている英語は、しょせんアメリカの真似をした英語であって、フィリピン人が誇れるような文化ではない」ということだった。旧植民地のねじれたプライドみたいなもので、健全ではない、と思った。

しかしながら、上記の本を読む中でよくよく考えてみれば、帝国の言語=英語を学ぶという時点で日本人も十分ねじれたプライドを持っており、同類でしかなかった(本の中では旧植民地であるフィリピンと、日本では別のグループとして分類されているが)。健全とか健全でないとか、そんなものはないのだな、というのが読後の自分なりの結論となった。 

同様に、日本で子供に(自分が話せもしない)英語を習わせる風潮についても、歴史的にどこででも行われてきたわけであってとりわけ日本人の頭がおかしいわけではなく、さらには英語を学んだ結果、新しい世代が「美しい日本語」を話せなくなったとしても、それは次のレベルに進んでいっただけのこと。

フィリピンも日本も段階が違うだけで同じようなもんだ、と思えるようになったのが一番の収穫だった。

フィリピノ語のしくみ

諸言語で出ているこのシリーズは、コンセプトが「読める文法入門」。暗記しなくても先に進んでいけるので、どんな言語なのかさっと知りたい人向けです。

「フィリピノ語のしくみ」下平 英輝 (2009)

フィリピノ語のしくみ
フィリピノ語のしくみ

posted with amazlet at 16.04.14
下平 英輝
白水社
売り上げランキング: 861,887

一応は読んでおいて、自分に勘違いがないかを確認しておきました。

個人的には、セブアノ語ほかのフィリピン諸言語とか、教材がないような言語についてこの種の本を出してほしいと思います。現状では、あまり利用できるリソースがない中で、ウィキペディアがあるのがせめてもの救いです。

ホーチミン市の全小学校で宿題が禁止に

ベトナムは教育水準が異様に向上しているようで、たとえばOECDの15歳以下の学力を測ったPISAというテストでは、2012年(2016年現在で最新)にドイツと並みだった。

そんなベトナムの、ホーチミン市内では来年度から宿題が禁止されるという。
http://www.viet-jo.com/news/social/160914051410.html

もともと宿題の功罪には両論あって、学力への効果という面では「親や教師や自己満足に過ぎないんじゃないか?」という声が高まりつつある。数年前には、ビルゲイツからの投資を受けて大きく成長した教育オンライン・プラットフォーム「カーンアカデミー」のサルマンカーンも、著書「世界はひとつの教室」で無駄だといっている。生徒全員に一律に同じ宿題を課す、ということも問題。

「世界はひとつの教室」サルマン・カーン(2013)

世界はひとつの教室 「学び×テクノロジー」が起こすイノベーション
サルマン・カーン
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 101,292

一方で、家庭での学習習慣を作るためには宿題があった方が良い、と考える親は今でも多いし、宿題がなかったら家では勉強なんかしない、という子供や学生も多いだろう。

今回のホーチミン市の社会実験で、実際にどんな効果が出るのか、楽しみだ。

日本領サイパン島の一万日

やっぱり、ノンフィクションは面白い。終戦記念日が近いからというわけではないのですが、この本を読みました。

「日本領サイパン島の一万日」野村進(2005)

日本領サイパン島の一万日
野村 進
岩波書店
売り上げランキング: 403,072

サイパンに流れ着いた後たった一代で富豪になり、さらに決戦前に辛くも脱出した百次郎が主人公。当時の様子を生き生きと描けているのは流石、野村進です。

(以下、若干のネタバレ)
娘婿の桂男は大の語学好きでエスペラント運動にも加わっており、なんだか私みたいで親近感がわいたのですが、敗戦後なんと同じ収容所の日本人によって刺殺されてしまい、とても残念でした。。

本書の中で軽く触れられている「アナタハンの女王事件」。俺は全然知らなかったのだが、戦後の日本では一時かなりの話題になったようだ。。
http://matome.naver.jp/odai/2139089217671287801

ところで現地のチャモロ語は、アジアで一番学ぶのが簡単な言語だという噂があります。いつか自分で検証してみたい。

1945年 マニラ新聞―ある毎日新聞記者の終章

フィリピン本。今回は戦争モノのドキュメンタリー。

「1945年 マニラ新聞―ある毎日新聞記者の終章」南条岳彦(1995)

1945年 マニラ新聞―ある毎日新聞記者の終章
南条 岳彦
草思社
売り上げランキング: 1,161,238

本書のタイトルにある「マニラ新聞」は、現在ある「まにら新聞」とは全くの別物で、言ってみれば初代である(ちなみに現在の「まにら新聞」は1996年に、「Kyodo News Dialy」(1992年創刊)が名称変更したもの(参照))。

その初代「マニラ新聞」にしても、マニラ日日新聞などを接収して1942年に作ったもの(参考)で、さらにマニラ日日新聞はマニラ商工新報が前身で、、、と書き出せば長くなる。

それはともかく、本書の著者はたった3年間しか続かなかったこの初代「マニラ新聞」の編集長の息子さんで、自らも報道関係者なのだそう。幼少期に数年間を一緒に過ごしただけの父のことを十何年も調べ続け書き上げたという労作である。当時の時代を感じさせるという面では面白い本。

ただ、焦点はあくまで父・南篠真一と彼を取り巻く世の中であって、後半になるまでフィリピンの話は全然出てこない。なので、これをフィリピン本として読んだ俺は前置きがえらく長く感じてしまった。

マリア・プロジェクト

フィリピン本、ではないけれど、フィリピンを舞台にした楡周平の小説。

「マリア・プロジェクト」楡周平(2001)

マリア・プロジェクト (角川文庫)
楡 周平
角川書店
売り上げランキング: 87,473

彼の作品を読むのは2度目だが、ドラマチックな展開と設計や描写の緻密さが持ち味なんだと思う。気分転換やストレス発散にいい、というのはハリウッド映画のようでもある。

さて、舞台をフィリピンにしてあることについて、前半を読む限りでは別にインドでもいいじゃん、という感じがしたが、後半はフィリピンであることの必然性が表れていたように思う。ステレオタイプのイメージを活用しつつ、それでいて実際に行って取材をしないと見えてこないようなレベルでの国民性の捉え方みたいなのもある。もちろん、実際にフィリピンに住んでいた者からすれば不自然なところもいくつかあるのだけども(たとえば、庭師が見取図を描くくだりとか)。

全体として、同じフィリピンを舞台にした小説と言っても、以前紹介した「カリナン」とは格が違うという印象。しかし、俺的には「フィリピンフール」
が一番面白かった。ウワサばかりで何を信じていいかわからないという、日本人にとってのフィリピンをよく描けていると思う(逆に言うと、先の楡周平の作品においてフィリピンは舞台設定でしかない)。

フィリピン・フール (ハルキ文庫)
内山 安雄
角川春樹事務所
売り上げランキング: 642,770

さて、次回のフィリピン本はノンフィクションが一冊、さらに、中世の航海誌も日本語版を手に入れたので読んでいくことにする。せっかく日本にいるうちに日本語の本をたくさん読みたい。

愛しのアイリーン(漫画)

フィリピン本、ではなくマンガ。そういえばこんなのあったなぁ、と思い出して一気に読んだ。

「愛しのアイリーン(新装版)」新井英樹(2014)

愛しのアイリーン[新装版] 上
新井 英樹
太田出版
売り上げランキング: 283,094
愛しのアイリーン[新装版] 下
新井英樹
太田出版
売り上げランキング: 282,667

マンガのオリジナル版は1995年~。この当時の日本はフィリピンパブ真っ盛りで、1993年には岸谷五朗とルビーモレノ主演の映画「月はどっちに出ている」が出ていた。フィリピンといえばフィリピンパブや買春ツアー、田舎の自治体を挙げて農村花嫁の斡旋をするような、今では考えられないようなことがまかり通っていた。当時は今と違ってヤクザの活躍もめざましく、フィリピンパブの中にはバックに人身売買組織が絡んでいることもあったそうだ。

で、このマンガ。モーニングに連載されていただけあって終始、男性目線。モテない中年である主人公は、オタクでもデブでもハゲでも、貧乏ですらないという設定。むしろ、思いやりも正義感も腕力もあって、モテる部類ではないか、という気さえするのだが。。実際、物語が進むにつれてモテ続けている。ついでに言うと、中年なのに精力が有り余っていてひたすらオナニーをし続けるという、なんだかよくわからないキャラだった。

対してフィリピンから来た18歳の娘アイリーンは、野性的と言うよりはほとんど猿で、フィリピン人が見たら憤慨するようなキャラクター。というか、全体的に登場するフィリピン人のにならずマンガのトーン自体が差別的で、フィリピン人にはとても見せられない感じではある。

では「このマンガは差別的なマンガだ」と非難すればよいかというと、そうでもない。大した人気は出なかったとはいえ、こういうマンガが受け入れられた世の中というのが確かにあって、もっと言ってしまえば先の「月はどっちに出ている」の延長線上にあるだけだと思うからだ。たしかにこれが当時の日本社会だったと思うのだ。親日という若いフィリピン人には、ぜひ読んでほしい。と言って俺がタガログ語訳しようという気にはならないのだが。

題材はさておき、マンガ自体はけっこうパワーがあって、特に上巻の方は面白かった。反面、後半はかなり意味不明な感じがしてちょっとついていけなかった。女性の方は、読んでも不愉快になるだけだと思うのでお勧めしない。