フィリピンの某大学で日本語を教えたりしていた私の、言語交換を成功させるための7つの気配り

talk

日本語を教えるスキルの一部は、実はコミュニケーション全般に応用の効くもので、ようは「聞き取りやすく、わかりやすく話す」です。自分の話しているのがどう聞こえるのかは、録音してみれば簡単にわかります。ということは、練習も簡単にできるということです(やる気さえあれば)。

さて、私は日本語教師をオンラインで続けていますが、オンラインでは一対一なので、学校のような教授法スタイルは不適です。チューターとして必要な能力は、柔軟性だと日々感じています。
能力とは、知識と技能。知識は座学で勉強して身に付きますが、技能は実際にやってみないとできるようになりません。それに「できる、できない」というのはオンかオフではなく、程度の問題です。

さて以下では、日本語学習者と言語交換(ランゲージエクスチェンジ)するとき、または単に日本語初級者と会話するときの方法について7つの提案です。
完璧である必要はありませんが、心得として知っておいて損はないと思います。ただ、もっとも大事なことは、話していて面白いと相手に思ってもらえること。それに比べれば、ここに書いてあるのは表面的テクニックにすぎません。

1. ゆっくりはっきり話す

たとえ活舌がよくでも、「えー」とか「あー」とかがあまりに多いと話がわかりづらくなります。テレビの人では、池上彰とか林先生なんかが私の理想です。

2. 単純な語彙と構文、話題を選んで話す

単純な語彙とは、一般的には熟語や漢語(漢字2文字以上の言葉)を減らして、和語を使うということで、例えば「憤慨する」の代わりに「怒る」を使う、など。
ちなみに中国人が相手なら、チャット(筆談)では熟語、漢語はかなり使えます。韓国人は世代によります。

次に単純な構文とは、たとえば「昨日電話に出られなかったのは、子供が私を必要としていて充電する暇さえなかったからです」というかわりに、「昨日は忙しくて電話できなかった」というようなことです。
まわりくどい表現を避ける、ということです。そして、話題を選ぶとは、日本人しか知らないようなはやりの言葉や芸能ネタとかからの引用などを避けることです。

3. 通じなかったとき、言い換えの前にもう一度繰り返して言ってあげる

よかれと思って他の言葉で言い換えてあげても、かえってわけわからなくなる場合が多々あります。単純に聞き取れなかっただけかもしれないので、まずは同じセリフをもう一度言ってあげましょう。

4. 質問は答えやすいものを

「はい、いいえ」で答えられるように聞く(「どうして」や「どう思うか」は聞かない)。そして、相手が知っていることを聞くのがいい答えを得る近道です。

5. 相手が話すのを待つ

相手のペースに合わせてください。イライラは禁物。

6. 相手の言い間違いの指摘はほどほどに

会話の流れを折らないようにしましょう。バカにするのは厳禁。ジョークのつもりでも相手は傷つくことがあります。自分だったらどう感じるか、と考えてみればわかることです。

7. 講義をしないように

これは特に言語交換の場合です。学習者が話すこと(アウトプット)が大切です。言い換えると、相手に話させること。ネイティブが一方的に話すのを聞くだけなら、テレビやyoutubeでいいのです。

以上です。逆に自分が外国語を習っているのだったら、特に初心者だったら、上記が比較的できている人を選ぶとやりやすいです。
コミュニケーションが成り立たないときは片方が悪いのでなく、相手も悪いです。初心者だからと言って遠慮することなく、相手が悪い!と言っていいのです。

いちばんやさしい教える技術
向後 千春
永岡書店
売り上げランキング: 50,409
CD付 耳と口が「英語モード」になる 同時通訳者のシャドーイング
木内 裕也 工藤紘実
KADOKAWA/中経出版
売り上げランキング: 26,248

中国語、半年のネット独学でHSK4レベルになった話

中国語をちゃんと勉強したかったら中国とか台湾とかに行くのが一番いいのがもちろんですが、いろんな事情でそれができない人もいっぱいいます。では、留学なしでどこまでいけるか、ちょっとやってみました。前回(「11ヵ国語目は中国語、無料でも学習しやすい言語」)の続きです。

結果

半年の独習によって、以前はほぼHSK1と2の間程度だった中国語が、HSK4レベルまで伸びました(HSKのウェブサイトによれば、HSK4はCEFRでいうところの中上級・B2相当だそうです)。スペイン語のときは、ここまでくるのに現地に住んで1年半ほどかかりました。漢字のある中国語でなければ、こんなに早くは上達しなかったでしょう。

以下、やり方メモを残しておきますので、学習進度の目安にしてみてください。

1.投入

定職がなかったのもあり、だいたい一日3時間程度は自習に費やせたと思います。

2.方法

下記の組み合わせ。

自作の単語&フレーズ帳 .. 1,2時間程度
アンドロイドアプリ .. 1,2時間程度

hsk対策アプリはリスニングに最適
↑リスニング練習に必須だったアプリはフリーでも中身が充実しています。

単語帳作成にあたっては、
どんと来い dokochina.com/
サーチナ www.searchina.net/
で文法を勉強しながらフレーズの複写を行いました。

なお、単語&フレーズ帳に項目番号を振り続けていたところ、半年で2000程度でした。単語数だと1500ぐらいじゃないでしょうか。

3.感想

一日3時間というのはけっこうな投資ですので、片手間にやるには相当しんどいだろうと思います。しかし効果は2ヶ月後ぐらいには自覚できるようになり、モチベーションが上がって病みつきになります。

しかしその後、4ヶ月経ったあたりから疲れあるいはマンネリが始まりました。惰性で続けましたが、思い切ってしばらく休みを入れるというのもアリだったかも。

ところで白状しますと、今回はまったく会話練習を入れなかったので半年経った今でも会話はできません(リスニングは可)。並行して、あるいは5ヶ月目あたりからitalkiなどでマンツーマン会話をやっておけば、モチベーションも維持できてもっと良かったかもしれません。

聴読中国語―HSK(漢語水平考試)大綱準拠 (東進ブックス)
津田 量
ナガセ
売り上げランキング: 53,220

わたしの外国語学習法

いろんな外国語学習法の本を読んできたけど、これが一番面白かった気がする。

「わたしの外国語学習法」 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2000/3

わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)
ロンブ カトー
筑摩書房
売り上げランキング: 31,742

著者は、ハンガリーを出ずにロシア語を皮切りに数々の言語を習得していった。その方法論は、途上国の人が実践しているものだ。とにかく、観光客をつかまえて練習する。これが基本。

日本でも最近は外国人観光客がかなり増えているので、大都市に住んでいる人なら実践するチャンスがかなりある。ただ、現代日本人の若者一般に言えるのは、知らない人と話さないということ。隣に人がいても平気で遠くの友人とチャットをしていたりする。これは外国語学習にとっては良くない兆候。

思うに、途上国を旅行していればかなりそういう態度は改まってくるので、旅に出るのはそういう意味でもいい投資だと思う。

俺も先日、東京で電車に乗っているときにたまたまタイ人が隣にいたので話しかけてみて、とっても良い練習になった。そのとき気付いたことが2つある。

ひとつは、自分から話しかけるためにはそれなりに基礎ができているという自信がなければいけない。でないと、会話が続かない。

もうひとつは、きっかけがいる。俺の場合はタイ語の単語帳を持って勉強していて、それを隣のタイ人も見たから話しかけることにしたのだった。こちらは一人、相手は2人とかいうのが良いだろう。通りで道を尋ねるときもそうだが、相手が一人だと警戒されるかもしれない。

ロンブ・カトーも、やはりそういうシチュエーションで話しかけていたのではなかろうか。そんな気がした。

ところで、本書ではもうひとつのユニークな学習法が中心にあるのだが、それが外国語学習の最初から小説を読もうとする、というもの。「ダーリンは外国人」のトニーなんかはこのやり方はうまくいかんだろう、と言っているが、俺は一理あると考えている。言語に潜む法則性を暴いてやろうという知的探求心を伴う学習は、教科書に書かれている文法の丸暗記なんかよりよっぽど記憶にひっかかると思うからだ。

試しに、教科書が出てないような言語を勉強してみると良い。少数言語や、いわゆる方言というようなタイプの言葉とかだ。俺はフィリピンでチャバカノ語やセブアノ語をやってみたけど、自分で教科書を作ってやるぐらいの勢いでルール解明に全力を挙げていたときはたしかに楽しかった。チャバカノ語にいたっては、英語の論文とかも読んでいたものだ。

そんなわけで、参考書なんか使わないある意味原始的なやり方が、実は効率性という面では大差ないということは十分にありうると思う。問題は、そういった勉強法を実践できる人はかなり限られているということで、「教えられる」ことに慣れているような人たちにはちょっと難しいんだろう。学習の主語は自分である。そして大人になってから言語を学ぶということは、自分が主体にならなければ無理だと俺は思う。「教育される」のではなく、「学習する」べき。

TOEFL対策を半年間フィリピンでやってた話

フィリピンはダバオでtoefl対策
(写真:現地で見かけたオンライン会話のスタッフ募集ポスター。日本人だけでなく、中国人向けのサービス等いろいろある)

私の英語はフィリピンで学んだのがベースです。というのは、日本で大学まで出て以来、英語を学びに語学学校に行ったりしたのはフィリピンだけだからです。最初はまだフィリピンへ英語留学なんて誰も言ってない2007年。オンライン英会話も始まるかどうか、ぐらいの時期でした。先生はおっさんで、勤務態度も教師としてのクオリティも低かった記憶があります。

それでも、週に3回ぐらい通って、かつNGOボランティアで実際に英語を使う経験をするうちに、TOEICが200点上がってました。ま、ベースラインが低すぎたのかもしれません。

さて、世間的にはフィリピン英語留学なんて初級者向けだ、と思う向きもあると思いますが、今回、上級になったと自負している自分はTOEFLを受けていました。フィリピン仕込みでも100点いけるんだ!というのを身をもって示したかったのですが、結局2回受けても95点までしかいけず、悔しいところです。でも、少なくともそこまではいける、ということです。今回はその体験記。 続きを読む

7カ国語をモノにした人の勉強法

残念な話ですが、語学の学習法の本をいくら読んでも語学ができるようにはなりません。でも、日本人のポリグロット研究をしている手前、一通りチェックしておきたいのです。そんなわけで、本書。

「7カ国語をモノにした人の勉強法」橋本 陽介(2013)

7カ国語をモノにした人の勉強法 (祥伝社新書331)
橋本 陽介
祥伝社
売り上げランキング: 38,025

著者は若き慶応の先生ということです。といっても学者が書きそうな内容は控えめで、半分ぐらいかな、という感じ。一般の人が読むとそれでも学者めー、という雰囲気がするだろうなぁ。著者の専門は中国語、ということでヨーロッパ系言語だけでなく、ロシア語も入っていたりするので、メジャー言語狙いとはいえ視野は広め。そして書かれている内容は正攻法というか、正論というか。とにかくまずは短期でもいいから留学してこい、というようにも読めた。個人的には、大賛成。やはりコツは本からではなくて、実際に行って揉まれてこないと身につかないでしょうよ。

さて、そこそこ評判が良かったのか、またはやり方をもっと書けというクレームが多かったからか、同著者は去年、続編を出している。レパートリーに前作の際には「習得中」となっていた韓国語がきっと加わっているだろうから、こちらもそのうち読んでみようかなぁ。

「使える語学力 7カ国語をモノにした実践法」橋本 陽介(2015)

日本人のポリグロット(多言語話者)

日本一のポリグロットを目指すことにしたからには、一応現状のリサーチを、ということで「日本人のポリグロット」を調べてみました。この記事は、今も生きている人編です。

既に亡くなっている人については以下のリンク先に別の記事を書いています。

・最近亡くなった人編
(準備中)

・歴史上の日本人編
日本人の偉人でポリグロットは誰か
明治のポリグロット:福島安正と柴五郎

続きを読む

ポリグロティスム(polyglotism)

ポリグロット(polyglot)とは数ヶ国語を話す人。日本語では普通、多言語話者というと思う。

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_polyglots

自分のチャンネルを持っている有名(と思われる)な現代の多言語話者は、以下
http://apolyglotworld.com/the-9-habits-of-highly-effective-polyglots/

しかし、残念ながらいつも愛用しているalcのウェブサイトには”polyglotism”が載っていない。最近の言葉なんでしょう、きっと。しょうがないので、英語のウィキペディアで説明を見てください。

俺は、恥ずかしながら10言語習得を目標にしていたのだが、どうやら天才じゃなくても、人間に本来備わっている能力をちゃんと活用すれば10以上いけるらしいということが最近わかった。だって、現にできる人がたくさんいるんだもん。

上記ウィキペディアによれば、12言語以上「流暢に」話せる人は「ハイパーポリグロット」らしい。日本人では、ここまで到達している人はまだいないんじゃないだろうか。(もちろん、グローバル化が進んでいる昨今、「日本人では」というくくり自体が意味を成さないという指摘もあろう。)

定義を言い出すと、「言語」の区別も多分に政治的なところがあるので、結局テキトーにあしらいながら話を進めていくしかない。そもそも、言語習得は競うものではない、というのが前提だろうな。

ところで、気になるのは、東&東南アジアの諸言語をマスターしている人が上記のリストにはいないということ(インドはいる)。これももちろん、リスト自体が絵英語圏のメディアによく取り上げられる人に偏っているというのもあると思う。日本ではまぁ有名なのに、ピーター・フランクルはこのリストには含まれていない。

youtubeでの音楽演奏とか観てると、韓国や中国にもすごいやつが絶対いるに違いない、という気がする。ということは日本にも既に誰かいるのかな。もうちょっと調べてみたいと思います。