タガログ語とインドネシア語の文法比較(1)

タガログ語(フィリピン語)とインドネシア語が似ている、というのは知られたことであるけれども、文法上のどこが具体的に似ているのか、というのを日本語で検索してもヒットしない。そこで、自分で書いてみることにする。ただし、現状私はインドネシア語を数年独学した程度で、話せるレベルではないというのは言い添えて置く。

今回は動詞で似ている点について。

1) 焦点
タガログ語の動詞には焦点(あるいはトリガーとも呼ばれる)のシステムのために動詞に独特の難しさがあるが、インドネシア語もうっすらとそれらしい特徴があるように思える。

1-1) 行為者焦点
当然ながらぴったりは対応いないが、おおざっぱに言えば、
タガログ語  インドネシア語
mag-動詞 meng- / meN- 動詞
-um-動詞    ber-動詞

で、あと使役は
タガログ語  インドネシア語
magpa-動詞 mengper-動詞

と把握しておけば便利そうである。

1-2) それ以外の焦点
タガログ語で目的(あるいは対象とも呼ばれる)焦点動詞、方向焦点動詞、手段焦点動詞etc.は、どうやらインドネシア語では接尾辞に-kan, -an, -iをとる動詞がそれに似ている。
タガログ語               インドネシア語
i動詞、in動詞、an動詞、pag- -an動詞etc.  -kan, meN- -kan, -an, -i

あと、受け身の表現はタガログ語ではin動詞の一部で行為者を言わないのが普通な語が一部にある程度ではっきりしないが、インドネシア語は前置詞diが動詞の接頭辞として機能するよう。よって、

タガログ語  インドネシア語
-in動詞    di-動詞   

2) モード
タガログ語の状況モードは、かなりの程度インドネシア語の接頭辞terとニュアンスが似ているように思われる(特に、非自発的行為に使うもの)。よって、
タガログ語   インドネシア語
maka- / makapag-動詞 ter-動詞
ma- / ma- -an動詞     ter- -kan動詞

3) 名詞化
正しくは語根の名詞化なんだろうが、動詞の項に含めておく。
「~する人」を指すのに、タガログ語ではmag- / mang-動詞の未然相(ようするに未来形)を使うが、インドネシア語では接頭辞pe-を使う。

タガログ語   インドネシア語
mag- / mang-動詞の未然相   pe-  

以上、今回のメモはこんな感じで。(今後、適宜訂正していく可能性あり)

ネットでインドネシア語は習えるか

お金がないからとか、時間がないからとかいう理由でアクションを起こさない、というのは辞めようと常々思っています。お金は貯金を使えばあるのだし、時間はフェイスブックとかをする時間を減らせば確保できる。結局、やる気の問題なわけです。

さて、現在は同時に5言語学習に挑戦中なのですが、悪い癖でさらに欲張ってみたくなりました。

インドネシア語に、少し興味があるので果たしてオンラインで習えるかみてみよう、と思いました。

普通に日本語で検索すると出てくるのが、2013年の3月にスタートしたらしい「日本インドネシア学院」。
ウェブサイトをみてみると、レアジョブの安っぽいパクりのようです。。料金設定は悪くない。
http://www.nikisae.co.jp/gakuin/koushisyoukai.php

俺的にはそういう簡単な方法よりも、もっと上級編を目指したいので他の方法を探します。

まず、愛用しているitalkiを見ると、プロの登録は皆無、素人さんも、ほぼ全くいません。ちなみにマレー語で検索しても、どちらも皆無。残念。

次にインドネシアでは日本語学習者が多いということで、cafetalkもみてみると、こちらも絶望的。一人だけいるにはいるんですが、単価が果てしなく高くて、無理。

最後に見つかったのは、このブログ(参照)で紹介されている、個人の方。ウェブサイトの最終更新が2011年のようなのだが、果たして現在もやっているのだろうか?

Learn Indonesian | Learn Bahasa Indonesia Online

さて、次にちょっと角度を変えて素人の方と言語交換で知り合う方法を考えてみます。私としては、言語交換はあまり機能しないものと思っているので、italkiまで誘導さえできればお金を払って習うようにセッティングしてもいいです。

まず、lang-8でみてみると、日本語を学習している人がざくざく出てきます。狙い通り。
次にmixxerで探してみても、なかなか沢山でてきます。手間はかかるけど、ここから釣っていく方法はアリだと思います。

あとは、一風変わった方法として出会い系サイトを使って知り合うというのもあるんでしょうが、タガログ語のときの経験からいってこの方法は効率が落ちます。現地に行く予定があるのなら話は別ですが。

というわけで、実際に俺がインドネシア語を始めるかどうかはともかく、たとえ南米にいたって方法はある、という結論です。参考になりますでしょうか。

インドネシア語とマレー語とタガログ語

タガログ語とインドネシア語の文法比較(1)

ようやく、今夜からインドネシアです!ジャカルタだけにするか、ジョグジャカルタのボロブドゥール遺跡まで行くことになるか、まだ迷いもありますが、とりあえず3泊を楽しんできます。

初めての国に行くときには、いつも事前にしていることがいくつかあります。旅は学習。今まで全然知らなかった国のことを知るチャンスです。地理的な関係、歴史的な関係、経済的な関係、そして言語的な関係。 。

地図を用意して、ネットで遺跡とか調べながら歴史もひと通り読んで、それからレートや宿泊費、物価のチェック、最後に簡単な言語学習。そこまでやりつつ、同時に現地の人とコンタクトをとれるように手配します。事前に宿の手配はしません(笑)、安宿街の特定だけ。

インドネシアという国は、これまでほとんど興味持ったことがなかったのですが、調べてみると面白いです。特に、フィリピン滞在経験がある今では、比較できるのが楽しい。

混沌とした感じはフィリピンの上をいっているようですが、基本的なところは共通点が多いよう。経済的な状態からいって、基本的には10年か20年前のフィリピンみたいなイメージでいればいいのかな、と想像します。フィリピンと違って値切り交渉が必要だったり、ワイロとか、たかりとか。最大の違いは、英語が通じなさそうなところかな。

言語の面では、これまた興味深い。インドネシア語がマレー語と近いというのは知っていたけど、そのルーツや言語政策的理由を読んで興味がわいた。マレー商人が創り上げた商用言語であるマレー語を、戦前の当時、オランダ統治下で共通語を持たなかったインドネシアは採用した、とある。

インドネシア語のルーツ

そしてその言葉はマレーシアやシンガポール、ブルネイの公用語だというのだ。なんか、中南米みたいだ。

国内の土着言語話者的にはジャワ語が一番多いのに、それを採用しなかった。近代的な思想を持った当時の主導者の決断だという。

さらに上記の「インドネシア語のルーツ」には以下の記述がある。曰く、

「それに対してマレー語はリングワ・フランカ (共通語) の常として構造が単純で、格変化も時制変化もほとんどない。新語の創作も容易である。」

ちなみにこれは国内の他言語と比較しての話である。リンガ・フランカなのは日本語もタガログ語もベトナム語も同じ。簡単だというのはその次元においての話。逆に、地方語も話者が現代化するにつれてシンプルになっていくのは宿命である。

が、たしかにマレー語がシンプルだというのはよく聞く話である。本当かな?と挑戦してみたくなる。

インドネシア語とマレー語の違いは、調べてもちょっとしかわからないが、おそらくそれだけ似ているからだろうと思われる。

インドネシア語とマレー語(マレーシア語)の違い

では、インドネシア語とタガログ語の違いはというと、どうやら日本語と韓国語ぐらい違うようだ。ようするに、文法は似ており、単語にも共通するものがある。ちなみにインドネシア語もタガログ語も、表記はアルファベットです。

そっくりなものを紹介すると、、

パート1<マレー由来>
インドネシア語     タガログ語     日本語
datang                     dating                  来る
makan                     kain                     食べる
putih                       puti                     白
lama                        luma                   古い
asin                         asin                    塩辛い
asam                       asim                   酸っぱい

laki-laki                    lalaki                   男
anak                        anak                   子ども
minggu                     linggo                  日曜日
mate                       matay                 死

逆を言うと、この程度だということです。ちなみに、タガログ語とは近いんですがフィリピンの他の言語だともう少し離れている気がします。やはり、人の往来の影響でしょうか。

パート2<西洋由来>
インドネシア語     タガログ語     日本語
stasiun                     estasyon             駅
bus                          bus                    バス
taksi                        taxi                    タクシー
polisi                        pulis                   警察
telepon                     telephone           電話
jepang                      Japan(Hapon)      日本
などなど。。

あと、西洋由来は、オランダ語とスペイン語という差の背景の上に、英語がかぶさっているような感じがします。

最後に、再び先の「インドネシア語のルーツ」を参照して終りにします。インドネシア語の日本語的語呂合わせの紹介。先人の知恵、というか、傑作ですねこれは(笑)。

飯(めし)はナシ (nasi)、魚はイカン (ikan)、菓子はクエ (kue)、人はオラン (orang) で、死ぬはマテ (mati) マテ。

『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254

インドネシア語入門

改めて気がついたが、俺って学ぶことに異常な執着があるようだ。まあいいんじゃないカナ、お金がかからない趣味だと思えば。

アメリカ手話の入門コースをなんとかクリアし、自分なりに納得ができた。結論をいうと、アメリカ手話は基本的には英語の仲間である。ただし、単なる表記法ではない。文法の類似からいくと、方言みたいなもんだと言えないこともないレベルだと思う。

さて、これで習い事もひと段落。カウントダウンであと40日となったフィリピン生活、最後に今までやっていないこと、やりたかったことを実現させていこう。

まず来週は、いよいよインドネシア旅行。といっても、今のところはジャカルタに滞在するだけのつもりだ。国内線の飛行機をとってバリまで行くべきなんだろうか、ちょっと迷っている。

俺の旅行スタイルは、基本的に観察中心。人を見て、街を見る。外国人観光客向けのところには、行くには行くけどそんなに行かない。庶民的な食堂で食べて、デパートやスーパーで物価をチェックして、公共交通機関で移動してみて当地の生活をイメージしてみる。流行りのテレビや音楽のチェックも一応する。

それから、可能であれば現地の人とコンタクトをとる。今回も、エスペラントやフェイスブックやらカウチサーフィンを使って、挑戦してみている。とりあえず1人は相手をしてくれそうな感じ。たとえ英語であろうとも、当地の人と接することで発見できることがいっぱいある。

そしてもうひとつ。旅行に行く前の予習では、当地の歴史と観光地、それから言語を勉強するようにしている。「ありがとう」とか「おはよう」ぐらいしか覚えられないけど、旅の記憶とともに身につく言葉はいい思い出にもなる。

ということで、ちょっとインドネシア語を勉強してみている。興味のあるポイントは、フィリピン諸語との類似だ。発音、文法がなかなか似ているようなのと、特定の語彙にも共通点があることが分かった。

とはいえ、そこまで近い言語ではない。インドネシア語はサンスクリット語やアラビア語、オランダ語からの影響があるという噂で、スペイン語と英語からの影響が濃厚なフィリピン諸語とは癖が違うような感じだ。

おそらく俺が今から学習するなら、住み込みでも1年かかるだろう。もし今度の旅行でインドネシアの第一印象がよかったら、将来学習する言語候補のリストに追加してもいいかな。どちらせよ、これから伸びる国なのは間違いないし、人々は英語が苦手な感じでもあるので需要もありそうだ。