OPM: Noche Buena クリスマスイブ

またまたタガログ語の歌の試訳、クリスマス編です。

今回は”Noche Buena”。題名こそスペイン語ですが、歌詞はタガログ語です。
下に貼り付けたのは、今も現役の5人組コーラスグループ、”the company”がアレンジしたバージョンです。

Noche Buena 大晦日
Kay sigla ng gabi,  活気あふれる夜
Ang lahat ay kay saya  みんな幸せ
Nagluto ang Ate ng manok na tinola   お姉さんはマノック・ナ・ティノーラを料理している
Sa bahay ng Kuya ay mayroong litsonan pa お兄さんの家にはレチョンもある
Ang lahat ay may handang iba’t-iba.  皆いろいろなものを準備している
Tayo na, giliw, magsalo na tayo    皆でごちそうを食べましょう
Mayroon na tayong tinapay at keso.  私たちはパンとチーズがある
‘Di ba Noche Buena sa gabing ito  今夜はクリスマスイブだよね
At bukas ay araw ng Pasko! そして明日はクリスマス!

歌詞はここを参照しました↓
http://christmas.365greetings.com/christmas-songs/tagalog-christmas-songs.html

登場した料理名についての注:
マノック・ナ・ティノーラは鶏のスープの一種
レチョンは子豚の丸焼き

広告

OPM: Magkasama Tayo Sa Kwento Ng Pasko クリスマスを一緒に

フィリピンの2大民放のひとつ、ABS-CBNが2013年のクリスマスに合わせて制作した曲のよう。

タイトルの一部”kwento”は「話」とか「物語」というような意味なのだが、ここでは「~とき」と訳した方が自然な感じがすると思う。

Magkasama Tayo Sa Kwento Ng Pasko クリスマスのときを一緒に(過ごそう)

Bawat Pasko’y may dalang himala   それぞれのクリスマスは奇跡をつれてくる
Malakas man ulan ito’y titila        雨が強くても、止む

Bubuhos ang pagpapala          神の恵みが注ぐ
may kapiling ang nangungulila      孤独な人に誰かそばにいてくれる人がいるようになる
Anumang lungkot tayo’y aahon      私たちがどんなに悲しんでいても、良くなる
may lunas sa sugat ng kahapon     昨日の傷に癒しがおとずれる

Sa isa’t isa’y mayrong paglingap     お互いに思いやる人があるようになり、
Mga pangarap ngayo’y magaganap    (複数の)夢は今、叶う

Laging masaya ang kwento ng Pasko クリスマスのときはいつも楽しい(幸せ)
Kahit sino ka man may nagmamahal sayo あなたが誰でも愛してくれる人がいる

Ngayong kapaskuhan ang pangako ko 私の約束は今年のクリスマス
Sa puso ko’y magkasama tayo        私の心は私たちと一緒にある

Sa iisang awit ngayong pasko        今年のクリスマスの歌ひとつひとつに
Magkayakap ang tinig ko’t sayo       私とあなたの声が抱く
Sa’ting himig ipagdiriwang ang pag-ibig 愛を祝う私たちのメロディ
At ito ay tatawid sa buong daigdig     そしてこれは世界中に渡る
Sa iisang awit ngayong Pasko       
Magkayakap ang tinig sa’yo
Sa’ting himig nadarama na ang mahalaga  私たちのメロディに大切なことを感じる
Ay magkasama tayo sa kwento ng Pasko  それはクリスマスのときに私たちが一緒だということ

Mga ala-ala sa Pasko’y di kumukupas  クリスマスの思い出は色あせることがない
Ilang taon pa man ang lumipas いくつの年が過ぎようとも

Dahil ang bawat damdamin oh…      なぜならひとつひとつの感じが
Umuukit ng malalim               深く掘ってあるから

Yaman ng pagdiriwang            お祝いの豊かさ
Kahit simpleng kasiyahan          たとえ簡素な楽しさ(幸せ)でも

Ang tunay na may kayamanan       本当の豊かさ
Pamilyang nagmamahalan         家族の愛

サビ

Magbago man lahat sa mundo      世界のすべてが変わったとしても
Mananatili ang diwa ng Pasko       クリスマスの本質は残る
Ang pagpapala ay hindi mauubos    神の恵みは尽きることがない
Ang himala ng Pasko             クリスマスの奇跡は
Ay hiwaga ng Diyos              神の神秘

Saan man sa mundo            世界のどこでだって
Magkasama tayo               私たちは一緒
Saan man sa mundo
Magkasama tayo
Sa kwento ng pasko             クリスマスのときに

以上、重複の部分はとばしました。

続いて翻訳の参考ノートです。
1. 会話ではあまり出てこない、小辞の”man”がよく出てきていますがこれは「たとえ~でも」という感じの訳で対応してます(会話では接続詞の”kahit”をよく使います)。
2. “kasiyahan”という単語は語根は”saya”で、一般には「楽しい」と訳されますが、タガログ語での実際の使い方は「幸せな」にかぶっているところも多く、訳もカッコつきにしました。

最後に中級以上の(と俺が思う)単語は以下:
pagpapala =(神の)恵み
pangugulila = 孤独感
umahon, ahon =上がる
lunas =癒し
paglingap =ケアする
umukit, ukit =掘る
hiwaga =神秘
diwa =本質、エッセンス

OPM: Pasko sa Pinas フィリピンのクリスマス (by Yeng Constantino)

フィリピンのポップ音楽(OPM)歌詞の試訳シリーズその2。今回もクリスマス曲。タガログ語学習者用ということで、できる限り直訳です。

ABS-CBN局の昼番組で歌コンテストの審査員としてよく見かけるYeng Constantinoの数年前(6年前?)の作品。

Pasko sa Pinas フィリピンのクリスマス

Nadarama ko na ang lamig ng hangin 空気の冷たさを(私は)感じている
Naririnig ko pa ang maliliit na tinig    小さな音も聴こえる
May dalang tansang pinagsama-sama’t 
Ginawang tambourine            瓶のキャップをくっつけて作ったタンバリンを持っている人がいる
Ang mga parol ng bawat tahana’y     
Nagniningning 家々のパロル(注)が輝いている

注:パロルは、フィリピンのクリスマス飾り。スペイン語でいうfarolのこと

Ibang mukha ng saya           幸せの顔は普通と違う(=特別)
Himig ng Pasko’y nadarama ko na  クリスマスのメロディを(私は)感じている

May tatalo pa ba sa pasko ng Pinas  フィリピンのクリスマスに敗者はまだいるだろうか?(=いない)
Ang kaligayahan nati’y walang kupas 私たちの幸せは色あせない
Di alintana kung walang pera      お金がないとか気にしなくていい
Basta’t tayo’y magkakasama      とにかく私たちが一緒にいられれば
Ibang-iba talaga ang pasko sa Pinas フィリピンのクリスマスは特別だ

May simpleng regalo na si ninong at si ninang 
para sa inaanak na nagaabang           ゴッドファーザーとゴッドマザーから待ち望んでいるゴッドチャイルドへ、ささやかなプレゼントがある
Ang buong pamilya ay magkakasama sa paggawa ng christmas tree 家族みんなで一緒にクリスマスツリーを作る
Ayan na ang barkada                   それが仲間
Ikaw ay niyaya para magsimbang gabi       あなたはシンバンガビ(注)に招待されている

注:シンバンガビは、フィリピンでクリスマス前に毎晩行われる夜のミサ。

Ibang-iba talaga kahit saan ikumapara       たとえどこと比べても本当に特別
May ibang ihip na hangin na di maiintindihn    理解できない(=不思議な)いつもと違う風がある
Mapapangiting bigla sa kung ano ang dahilan  どんな理由でも突然笑顔になってしまう 
Nadarama mo na ba?                  感じている?

(解説)
nadarama は、原型はmadama、語根はdamaで、意味は「感じる」。初心者がこれを辞書で引き当てるのは至難の業と思います。

あと今回、中上級の単語がいくつか出てきました。正直、俺も知らない単語だったので辞書で調べたものを備忘録として載せときます。
tansan =瓶のキャップ
alintana =考慮する 
kupas =色あせる
pagsama-samahin =足す
magningning =輝く

Sana ngayon pasko フィリピン音楽(OPM)の歌詞とコードのサイト

フィリピンの曲ばっかり、歌詞とコードが載っているウェブサイトを発見。
http://www.opmtunes.com/index.html

このブログでタガログ語ネタをもうちょっと書いていきたいと思っていたところなので、ちょいちょい歌詞の試訳でもしてみます。
まずはクリスマスの曲から。

タイトル: Sana ngayon pasko   今年のクリスマスには

Pasko na naman クリスマスだ
Ngunit wala ka pa しかし君はいない
Hanggang kailan kaya いつまでだろうか
Ako maghihintay sa iyo 私が君を待つのは
Bakit ba naman どうしてなんだ
Kailangang lumisan pa  まだ離れてなければいけないなんて
Ang tanging hangad ko lang 私の特別な願いは
Ay makapiling ka    君がそばにいること

Sana ngayong Pasko  今年のクリスマスには
Ay maalala mo pa rin ako  まだ君が僕のことを覚えていてほしい
Hinahanap-hanap pag-ibig mo 君の愛を探している
At kahit wala ka na       そしてたとえ君がいなくても
Nangangarap at umaasa pa rin ako  私は夢見、期待し続けます
Muling makita ka       君にまた会い、
At makasama ka       君と一緒にいられることを

と、一番はこんな感じです。タイトルは”sana”以下が明記されていないため、直訳は無理。何か実現困難なことを望んでいる、というのが”sana”の意味するところです。

あと、ここに出てきている日常会話であまり聞かないタガログ語単語としては
lumisan  (語根は lisan ) 意味は 遠くに行く
tangi は「特別な」
hangad は 「願望」。英語でいうdesire。

この歌詞を見るに、遠距離恋愛の歌かな。あるいは、OFWの子どもが外国にいる親に対して今年こそは帰ってきてほしい、と待っているような曲みたいに見えます。でも、タガログ語で自分の親を”ka”呼ばわりするのっていいんだっけか。

大東亜共栄圏と日本語

読書メモ。現在行われているタイプの外国人向けの日本語教育の走りの時代、戦前から戦中についての東南アジアおよび台湾についての本。フィリピンでの日本語教育の章もあるので、フィリピン本と言えなくもない。ちょっと歴史に興味がある人なら読んでみて損はないと思う。

「大東亜共栄圏と日本語」多仁安代(2000)

大東亜共栄圏と日本語
大東亜共栄圏と日本語

posted with amazlet at 17.09.26
多仁 安代
勁草書房
売り上げランキング: 938,454

本書は博士論文に加筆修正をしたものということだが、特に専門知識なくても読むのに不自由しない。ただ、内容は深くはない。筆者は明らかに東南アジアの言語に通じておらず、たとえばフィリピンのくだりでは日本語教師が初めての授業で緊張した面持ちの生徒の前で「私は河野です。」と自己紹介したところ爆笑になり、それから打ち解けた雰囲気になった、というようなことが書かれているが、この笑いの意味はタガログ語では「コウノ」によく似た「コニョ」が女性器の意味だから、現地人の生徒はつい笑ってしまったのだと思う。

実際にフィリピンで日本語教育に携わった経験のある私からすれば、下ネタ系がツボだったり、クラスでいきなり歌いだしたりとかするフィリピン人のノリというのは戦前から全然変わってないのだなぁと思わずにはおれない。もっと言えば、フィリピン人が外国語習得に非常に長けていると日本人教師が報告している点、また文法について英語で説明を聞かないと納得しないところも私が経験したのと同じだ。

この章では、フィリピン人が他の国と違って日本に対して非常に強い悪感情を持っていた理由についても非常にわかりやすく書かれている。当時、といっても1942年からの数年だけだが、日本語を勉強することがフィリピンでどんな意味を持っていたのか、本書を読んでみてわかったような気になった。

タガログ語の”ngayon”と”sa ngayon”の違いについて

どの言語でも、時間(とき)の言い方には「絶対的な時間」と「相対的な時間」がある。「絶対的な時間」とは、「9月4日」のように、今日言おうが明日言おうが時間が変わらないもの。一方、「相対的な時間」は、「今日」や「明日」のようにいつ言うかによって時間が変わってしまうもの。

日本語だと、絶対的な時間を表すことばには「に」がつくが(例:「9月4日にフィリピンに行く」)、相対的時間を表すことばには通常「に」がつかない(例:「明日フィリピンに行く」)。

で、たまたまかもしれないが、日本語も英語もタガログ語もこの部分に共通点がある。もっといえばセブアノ語もチャバカノ語も、おそらく他のフィリピン諸言語も。

英語では絶対的な時間には”on”やら”at”やらがつき、タガログ語では絶対的な時間には”sa”やら”ng”やらがつく(”ng”は時刻のときに使う)。
そして相対的な時間には何もつかない。

というのが基本的な理解なのだが、タガログ語には”sa ngayon”という言い方もある。

“ngayon”だけだと「今」あるいは「今日」で、相対的な時間。

そして、”sa ngayon”は「今のところ」という訳が適当だと思われる。相対的な時間の例外ということで覚えておくとよいだろう。

まぁ考えてみれば、英語も「今のところ」は”so far”の他に”as of now”と言い方があるので、タガログ語が特別ということでもない。

(追記:
セブアノ語、チャバカノ語その他のフィリピン諸語でも”sa ngayon”のような言い方をするのだろうか。調べてみたら面白いかも。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

買ってはいけないタガログ語の本

フィリピン人もわからないような単語がたくさん出てくる。

「フィリピン語単語BOOK」国際語学社(2014)

フィリピン語単語BOOK―ぱっと引けてすぐに使える!
国際語学社
売り上げランキング: 1,060,787

おそらく単に古臭い単語が多い、ということだと思うが。

タガログ語は書き言葉の伝統があまりないので(主に話し言葉として使われるので)、日本語だと使いそうな語彙でもタガログ語では馴染まないものも多々ある。ようは、小難しい言葉は英単語を使ったり、文章まるごと英語で言ってしまったりするわけ。小難しい言葉を使う人たちは当然かなり英語ができる人たちだから。社会言語学ではこういう、ある社会における言語の力関係をダイグロシアといいます。

セブアノ語などの地方語は、さらに一段階下とみなされ、タガログ語よりも一段と書き言葉とその規則がないです。具体的には、タガログ語ならまだ学校の科目で「フィリピノ(フィリピン語)」があってテストもあるけど、地方語にはそれがない。基準となるものがないから、言葉の変化がすごく早いです。

最後に、個人的なアドバイスですが、単語の暗記よりはフレーズの暗記の方が効率的です。共起しやすい単語(たとえば「~語」+「話す」)を一緒に覚えておけば文法理解も進むし会話のときにスムーズに出てきやすいからです。この「共起」のことは、「コロケーション」とも言います。
おすすめはこのシリーズ(多言語で出てます)。

ひとり歩きの会話集 フィリピン語
JTBパブリッシング (2016-10-11)
売り上げランキング: 182,704

「ひとり歩きの会話集 フィリピン語”」JTBパブリッシング (2016)