2001年のアブサヤフによる、パラワンのリゾートを襲った拉致事件とその後

アメリカで2001年の同時多発テロ事件が起こる数か月前、フィリピンのパラワン島にあるドス・パルマス・リゾートをアブサヤフが襲撃し、アメリカ人3名と、20名弱のフィリピン人を拉致してバシラン島に引き上げていった。当時、アブサヤフは既に拉致事件を何度か起こしていたが、アメリカ人が人質にとられた上にその後911が起きたので、オサマ・ビン・ラディンとつながりのあるアブサヤフによるこの事件は国際的な注目を集めたようだ。

(参考:アブサヤフの起こした拉致事件や爆破事件などのサマリー↓(英語記事))
https://www.gmanetwork.com/news/news/content/154797/abu-sayyaf-kidnappings-bombings-and-other-attacks/story/

さて、人質になった3名のアメリカ人の中には生き残った方が1人だけいて、アメリカに戻った後に手記を出版し、かなり反響があったようだ。その後、フィリピンの監督によって2013年に映画化されている。本は日本語へ翻訳されていないようだが、映画の方は字幕あり。

“In the presense of My Enemies” Gracia Burnham with Dean Merrill (2003)

In the Presence of My Enemies (English Edition)
Burnham, Gracia(著), Merrill, Dean(寄稿)
Tyndale Momentum (2012-02-24T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.8
¥1,739

「囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件」(2013)

囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件 [DVD]
イザベル・ユペール(出演), ラスティカ・カルピオ(出演), キャスリーン・ムルヴィル(出演), マーク・ザネッタ(出演), ティモシー・マバロット(出演), ブリランテ・メンドーサ(監督)
アミューズソフトエンタテインメント (2013-12-20T00:00:01Z)
5つ星のうち4.2
¥2,500 (中古品)

たまたま拉致されたこのアメリカ人は、キリスト教(プロテスタント)の布教組織のメンバーで、書籍のタイトル自体も聖書の中の一説らしい。書籍では、一年超に及ぶバシラン島の山中をさまよいながらの人質生活の様子やアブサヤフがどんな人たちだったかを記しただけでなく、キリスト教徒としての内面の話が多い。全体として良書だと思う。

アブサヤフについての著者の話はもちろん、救出されたところで終わってしまうが、その後の顛末をネットで追ってみると、アブサヤフのリーダー格はその後の数年以内に掃討作戦で殺害あるいは逮捕された模様。そして逮捕された者については当然裁判となるわけだが、公判中にフィリピンでは死刑が廃止され、最高刑が終身刑になってしまったらしい。そういうわけで、2011年に最高裁で終身刑が確定した。ちなみに地裁の判決は2004年、高裁(控訴裁判所)の判決は2008年に出たという。

(参考:最高裁判決↓(英語記事))

Supreme Court affirms life terms on Abu Sayyaf members

スールーでは国軍によるアブサヤフの掃討作戦が続く

今回は拉致事件ではないですが。

去る2020年4月23日、スールー州のパティクルで国軍がアブサヤフと衝突し、この時点でアブサヤフ側は6名が死亡、一方で国軍には死亡者は出なかった。

参考、英語記事↓
https://www.gmanetwork.com/news/news/regions/735283/6-abu-sayyaf-bandits-dead-8-soldiers-hurt-in-patikul-clash-military/story/

これに先立ち、18日には現在のアブサヤフのリーダー格の一人であるサヒロンの、孫が死亡した模様。
https://www.gmanetwork.com/news/news/regions/734648/soldiers-killed-kin-of-abu-sayyaf-group-leader-sahiron-military/story/

さらにその前日の4月17日には、スールー州のパティクルで国軍がアブサヤフと衝突し、この時点でアブサヤフ側は3名が死亡、一方で国軍は11名が死亡した。
https://www.rappler.com/nation/258293-soldiers-killed-wounded-sulu-clash-abu-sayyaf-april-17-2020

このように現在は主にスールー州で作戦が続いている。サンボアンガ市から見てひとつ手前のバシラン州は既にしばらく前から制圧されているようで、治安も良くなっていると思われる。

ところで、新型コロナウイルスに関してはサンボアンガ市ではこれまで10名そこらしか陽性が確認されておらず、かつそのうちの2名は死亡している。今日の時点では5月以降GCQ(一般コミュニティ検疫)となる予定。ただし市長はECQ(強化されたコミュニティ検疫)の延長を求めているよう。

スールーで医師がアブサヤフに拉致されたが翌月に救助された件

このブログをなかなか更新できてないので少し過去のことだが、備忘録としてメモ。

2020年2月4日に、スールー州の州都ホロで開業している医師Dr. Daniel Morenoが自宅近くでアブサヤフに拉致された。
(英語記事↓)
https://www.benarnews.org/english/news/philippine/doctor-abducted-02052020121221.html

その翌月3月24日、国軍の作戦によって彼はスールー州インダナンで救助された。
https://www.rappler.com/nation/255838-kidnapped-doctor-rescued-sulu-march-2020

最近、アブサヤフはかなり弱くなっているように見受けられるが、スールーでは戦闘がいまだに続いている。一方、バシラン州の方はかなり平和になっているらしい。

サンボアンガ・デル・スル州でイギリス人とフィリピン人妻が拉致された件

数日前のことになるが、10月4日夕方に、サンボアンガ・デル・スル州のトゥクランという町で、当地でリゾートを経営する70代のイギリス人とフィリピン人妻が何者かによって拉致された。4人の男が拳銃を突き付け、ボートで待機していた2人と合流し海に去って行ったという。

(英語参考記事↓)
https://www.rappler.com/nation/241785-gunmen-abduct-couple-zamboanga-del-sur

おそらくISIS系のテロリストの仕業ではないかと思われるが、現在まで犯行声明は出ていないという。おそらく、実行犯が身柄をアブサヤフ等に引き渡し、そこから身代金交渉が始まるのではないだろうか。

ところでアブサヤフのニュースは最近あまり聞かなくなったが、同10月4日にはアブサヤフのサブリーダー格が、ケソン市に潜伏していたところを逮捕された。

(英語参考記事↓)
http://www.manilastandard.net/news/national/306638/abu-sayyaf-sub-leader-arrested-in-quezon-city.html

この記事を読むと、彼はアジャン・アジャン(Ajang-ajang)というサブグループの所属だったことがわかる(アブサヤフは、ひとつのグループというより緩やかなネットワーク)。記事では、はじめはサンボアンガ市にいた際に月1万ペソの報酬を約束されて参加した、とあり、やはりこのような若者がリクルートされていくのは地方の貧困が背景にあるように思われる。

後日追記:
この二人は同年11月25日に救助された。
(英語参考記事↓ なお、この記事ではTukuranがZamboanga del Norteの南にある、と書かれているがZamboanga del Surの間違いである)
https://www.aljazeera.com/news/2019/11/philippine-troops-rescue-couple-kidnapped-abu-sayyaf-191125032516299.html

それはそうと、この夫妻、実はリゾートだけではなく小さな大学も経営していた。手作り感あふれるウェブサイト、ある意味すごい↓
https://hyronscollege.page.tl/
フィリピンでは、広報ツールとしてはウェブサイトよりはフェイスブックの方が重要なんだろう↓
https://www.facebook.com/pages/Hyrons-College-Philippines-Tukuran-Zamboanga-Del-Sur/869426599750647

日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

ブキッドノンで視察団がNPAに襲われた件

去る5月30日のことだが、ミンダナオ中部ブキッドノン州のインパスグオンで、先住民コミュニティを訪れていた国際視察団をNPA(共産ゲリラ)が襲う事件があった。護衛の軍人7人を含む11人が負傷者したが、死者はいなかった。

この視察団はASEAN諸国からの参加者で構成されていたので、この事件はベトナムのメディアも報じている。

(英語記事↓)
https://www.pna.gov.ph/articles/1071108

https://www.philstar.com/nation/2019/05/31/1922257/7-soldiers-hurt-bukidnon-landmine-attack

https://www.vietnamnews.net/news/261316586/npa-terrorists-attack-foreign-observers-convoy-in-bukidnon

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

アブサヤフに人質にとられていたオランダ人が死亡した件ほか

アブサヤフ掃討の軍事作戦が続いているスールーで、作戦中の去る5月31日にオランダ人の人質、Ewold Horn氏(59)が死亡したことが発表された(参考英語記事)。
彼は2012年に、バードウォッチングのためにフィリピン人ガイド(Ivan Sarenas氏)とスイス人(Lorenzo Vinciguerra氏)とタウィタウィを訪れていたところを拉致された。その際、フィリピン人ガイドは逃げることができ、またスイス人の方は2014年に脱出していた。

なお、それに先立つ今年4月には、人質のインドネシア人1名が脱出した。しかし、一緒に逃げようとしたもう一人のインドネシア人は溺死し、また別に逃げ出したマレーシア人1名は撃たれてしまった。
https://www.voanews.com/a/philippines-abu-sayyaf-hostage-escapes/4864513.html

この記事ではまだあと2人フィリピン人の人質がいる、とされている。

また、5月25日にはスールー州ホロ島パティクル(Patikul)で,アブサヤフの武装集団約30人が地元のコミュニティを襲撃し,子供2人が死亡,住民3人が負傷。その後,応戦した国軍との銃撃戦でASGメンバー6人が死亡,兵士3人及びASGメンバー7人が負傷した。

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

セブパシの預け荷物オプションから15kgがなくなっている件

しばらくセブパシに乗っていないのでしばらく気づかなかったが、いつの間にか預け荷物オプションから15kgがなくなっており、スタンダードが20kgになっていた。日本とフィリピンを結ぶ線だけでなく、国内線も同様。その他の国際線は見ていないが、おそらく同様だろう。

さらに、預け荷物のオプションを出発のちょっと前に購入しようとしたら、行きと帰りで若干金額に差があった。たとえば国際線では、差額は300円あった。推測だが、出発日に近づけば少し高くなるのではないかと思う(逆に言えば、チケット購入時に一緒にオプション購入すれば割引があるのではないか)。

今日見たプロモのお知らせでも、同じようにチケット購入時に荷物オプションも購入すれば割引がある、と書いてあった。数年前まではいつ荷物オプションを追加しても同じ金額だったから、出発が近づいてから購入するようにしていたのだが、たしかに2回決済するのはめんどくさいし、これからはチケット購入と同時に荷物オプションも買うようにしようかなぁ。

マニラのMRT3の荷物検査で手りゅう弾を所持した男を逮捕

どういう人物かは不明だが、去る2月24日に、メトロマニラのMRT3のクバオ駅で、手りゅう弾を所持した男が電車に乗ろうとして荷物検査を通過したところ、X線の機械で見つかって現行犯逮捕された。

参照(英語記事)↓
https://www.philstar.com/headlines/2019/02/24/1896392/mrt-3-passenger-arrested-possession-grenade

もし通過していたら、やはり電車を爆破するつもりだったのだろうか。報道によれば捕まった男はファーストネームが「クリスチャン」で、キリスト教徒のような感じがする。なんにせよ現時点では情報が少なすぎるので、捜査の進展を待ちたいところ。

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

サンボアンガ市のモスクで爆破事件、2名が死亡

1月27日にスールーのホロの教会で爆破テロがあったが、翌日夜には犯行グループの一人と見られるアブサヤフのメンバーが、ミンダナオ南西部のサンボアンガ市内で警察と撃ち合いになり死亡した。

(参考↓英語記事)
https://www.sunstar.com.ph/article/1785124/Zamboanga/Local-News/Abu-Sayyaf-bandit-killed-in-a-shootout

上記記事によれば現場は市内のサント・ニーニョ・ビレッジと記載されており、おそらくユーベンコモールのあるプティックにあるサント・ニーニョ・ビレッジだと思われる。

さらに、今日1月30日には、サンボアンガ市内のモスクでグレネードによる爆破事件が起き、2名が死亡、4名が負傷した。事件が起きたのは市の南タロンタロンというバランガイで、海岸に近くイスラム教徒が比較的多いエリア。

(参考↓英語記事)
https://www.philstar.com/nation/2019/01/30/1889418/armm-gov-zamboanga-mosque-blast-highest-form-cowardice-obscenity

犯人は不明。先日の事件を受けてキリスト教徒による報復と見せかけたいテロリスト側の工作か、あるいは今回のバンサモロ自治政府(BARMM)に関連するイスラム教徒同士の紛争か、はたまた単純に爆弾の暴発か。

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

スールーの首都ホロの教会で爆破テロ

今朝、ミンダナオ島の南西、マレーシアとの国境に近いスールー州の州都ホロにあるカトリック教会でミサの最中に2つの爆弾がさく裂し、多数が死亡・負傷した。本日夕方までに確認された死者数は20名、負傷者も81名にのぼっている。なお、中には国軍兵士も含まれている。(追記:1月30日時点では、死者21名、負傷者111名)

(参考:英語記事↓)
http://cnnphilippines.com/news/2019/01/27/jolo-town-cathedral-explosion.html
https://newsinfo.inquirer.net/1078076/jolo-sulu-blast-bombing-death-toll-injured-news
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/01/27/twin-blasts-church-philippines-kills-19-injures-48/

この事件はおそらくというかまず間違いなく、先日成立したばかりのバンサモロ基本法(BOL=Bansamoro Organic Law)に反対する者の仕業。スールー州はMNLFの拠点であり、MNLFが今回のバンサモロ基本法の成立過程に参加していないだけに反対の立場。今月の住民投票でも、ほとんどの自治体が賛成する中でスールー州(とバシラン州の首都のイサベラ市)だけは反対多数という結果が出た。

今回のテロ事件は、賛成票を投じたとみられるグループに対する反対派からの報復ではないか、という見方もある。先の投票でも、かなりの数の有権者が本当は賛成票を入れたかったけれども脅されてあるいは恐怖にかられて反対票を投じたのではないだろうか。

国レベルではこの程度のテロ事件は想定内ということだと思うが、渦中の住民としてはたまったものではない。2022年にバンサモロ自治政府が発足すればますますMNLFの立場は弱くなっていくのだろうが、これからもまだまだ反対派のテロはなくならないのではないかと思う。そうなると、サンボアンガ市を始めとする比較的治安の保たれている地方中心都市に(イスラム教徒も含めて)島民が流入していく構造はやはりこれからも変わらないだろう。サンボアンガ市はすごい勢いで人口が増えており、しかもイスラム教徒の比率が上がっている。これに伴って言語のバランスも当然変わってくるので、サンボアンガのチャバカノ語を細々と研究し続けている自分としては今後も目が離せない。

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873