ダバオ市内で共産ゲリラNPA(新人民軍)が工場を襲撃

去る4月29日に、共産ゲリラ”NPA”(New People’s Army=新人民解放軍)がダバオ市内マンドゥグにある、ラパンダイ・グループの包装工場を襲撃した。今のところ死者は出ていないが、警備員の一人は重傷を負っているという。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/regional/2017/04/29/NPA-attack-Lapanday-Foods-Corporation-Davao.html

ラパンダイ・グループはダバオ周辺のバナナ・プランテーション大手。NPAはこの大企業への懲罰的攻撃だという声明を出している。

ちなみにマンドゥグは、市街からはそこそこ離れている。NPAによる事件は報道されてないだけで今でもちょこちょこ起きているが都市部では少なく、ドゥテルテ現大統領のお膝元であるダバオ市で、かつASEAN会合がマニラで行われているこの期間中に今回の事件を起こしたことは、政府を刺激する狙いと思われる。ドゥテルテ大統領は去る2月、停戦協定を破棄すると発表していた。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

ミンダナオIS系武装勢力との戦闘で構成員37名を殺害

去る4月25日、南ラナオ州ピアガポ町での国軍とマウテグループとの一連の戦闘で、マウテグループ側勢力のうち37名を殺害したと発表があった。戦闘は22日から4日間続いた。マウテグループはISISに忠誠を誓っているミンダナオのテロリストグループのひとつで、南ラナオ州を拠点としている。殺された37名の身元は調べられているところだが、既に3名がインドネシア人、1名がマレーシア人であることがわかっていて、インドネシアのイスラム過激派「ジェマ・イスラミア」のメンバーであるとされる。また、民間人の負傷者はいなかったと報告された。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/regional/2017/04/25/maute-jemaah-islamiyah-killed-lanao-clashes.html
http://news.mb.com.ph/2017/04/25/afp-4-foreigners-among-the-37-killed-in-firefight-vs-maute-group/

ピアガポ町はMILFのキャンプからわずか5kmのところで、マウテグループはこれまでMILFを隠れ蓑として使ってきたといわれる。

<本ブログ内の他のマウテグループ(maute group)関連の記事>
2017年
マレーシアのサバ州からIS組織戦闘員をミンダナオに送る計画を摘発
IS関連のテロ組織「アンサル・カリファ・フィリピン」のリーダー殺害

2016年
マニラのアメリカ大使館爆弾設置事件で、アンサル・カリファ・フィリピンのメンバーが逮捕
マウテグループから町役場を奪回、ミンダナオ南ラナオ州での戦闘

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603

マニラに出張で到着した日本人社長が、すぐに撃たれて亡くなった事件

デュテルテが就任してから9カ月。フィリピンの治安が良くなったようには到底思えない、またこんな事件。

「マニラで車に銃撃、愛知県の男性死亡 仕事で到着直後」2017年4月21日付
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000047-asahi-soci

フィリピンは、マニラがダントツに危ないです。マニラの中でも危ないエリアはわりと決まっていて、マニラ市をとりあえず避けておけばそれだけでかなり安全な旅ができます。もうひとつ言えば、ニノイアキノ国際空港の第一ターミナルも避けてほしい場所です。普通の国際線は第一ターミナルに到着してしまうのだけど、たしかANA、PALとセブパシフィック等は他のターミナルだったと思います。

ダバオから福岡への引き揚げ船

備忘録。

「沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子」高木凛

沖縄独立を夢見た伝説の女傑 照屋敏子
高木 凛
小学館
売り上げランキング: 472,150

より、福岡で照屋が沖縄人向けに漁業を立ち上げるにいたる経緯を書いた節。ここに、当時の沖縄出身引揚者の様子を垣間見ることができる記述がある。そもそも、ハワイ、ブラジルやフィリピンなどへの集団移民では、沖縄出身の人々の割合が高く、また当時は移民先でも沖縄県人は内地の人から差別されていたとされる。以下の引揚者は、おそらく民間人だと思われるが、本文中にはその記述はない。

p86
前略

フィリピンなど南方移民の引揚者が三万人余りも学校の体育館や軍需工場の寮跡の建物の中に詰め込まれていた。寒さと栄養失調で病死者が続出、燃料も底をついていた。遺体も満足に焼くことが出来ず、そのまま野積みされてとても正視できる状態ではなかった。

p87
福岡―引揚民二週間で百名葬る。餓死者はまだ出ていないが比島、ダバオから引揚げできた沖縄県民二千三百名が着る物もなく襲い来る寒さに震え、ただ一枚の毛布に身を包み、極度の栄養失調に歩くことも出来ない状態で、国民学校の講堂の板の上に呻吟している。彼らのうち福岡到着後一週間で百余人が死んだが、これら引揚者に対する衣食の供興も沖縄県事務所では不可能なので、県及び福岡市役所が世話している

オキナワグラフからの孫引きだが、
p88
とにかく何百人というフィリピン引揚者を市内の小学校に寝泊りさせ、そのお礼として学校給食用にトラック一台分の魚を寄付しました。朝になると授業があるので市内の各寺院に分散収容した。そのうちに毎日死人が出る。それを火葬にする燃料の石炭がない。仕方がないので、那覇市職員だった若い人たち四、五人に頼んで、夜こっそり博多駅から石炭を盗ませ、郊外の姪ノ浜火葬場で焼いた。ところが、石炭の量が足りずに、反焼きにしたホトケもあり、その死体を野犬がかじっていた

引用ここまで。やはり福岡に帰ってからも、戦後直後はかなり悲惨だったようだ。さらに沖縄本島は大変な有様だったと思われる。

<関連記事>
南沙諸島のヒューマニティ王国について

ボホール島にアブサヤフが侵入し撃退された件

4月11日、近年初めてアブサヤフがボホール島に現れ、警戒していた国軍および国家警察と衝突した。戦闘ではアブサヤフ側が10名中5名死亡し、政府側も4名死亡した。イナバンガ町という場所である。

AFP通信の日本語記事はこちら↓
http://www.afpbb.com/articles/-/3124771

英語ではもう少し詳細が載っていて、現場は観光客もよく訪れるエリアで、ボホール島の中心地であるタグビラランから北に71kmのところだという。

(英語記事)
http://cnnphilippines.com/news/2017/04/11/Abu-Sayyaf-firefight-Bohol.html
http://www.thenational.ae/world/southeast-asia/nine-killed-after-abu-sayyaf-militants-attack-philippine-tourist-island-bohol

アブサヤフの狙いはおそらく、2年前にダバオ向かいのサマル島リゾートで行ったように、金持ちそうな外国人を身代金目的で拉致することだったのだろうと思われる。このところサンボザンガ近辺は警備が厳しくなってきていること、聖週間でセブやボホールには(土地勘のない)旅行者が増えること、などを考慮しての選択だろう。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855

クーリエジャポン「元イスラム武装勢力と「平和のソバ」を作る日本人を訪ねて」

今日はアブサヤフ関連でこそないが、ミンダナオ島中部を拠点にするイスラム過激派(だった?)MILFと日本人実業家の記事の紹介。

クーリエジャポンのウェブサイトに2017年3月16日付でアップされた
元イスラム武装勢力と「平和のソバ」を作る日本人を訪ねて
が興味深い。

MILFはまだ一部が国軍と衝突することもあるようだが、本体に関しては2015年のミンダナオ和平に関する合意の後、「バンサモロ自治政府」という新たな行政枠組みを作るべく政府と協議を始めている。というか、2016年にその基本法が策定される予定になっていたのが国会で承認されず、新たに作り直し始めたところ。

ミンダナオ和平に関しては日本政府がJICAを通じていろいろと支援をしていて、上の記事にも少し出ているが元兵士の雇用の保障も大いに気にかけたい部分だろうと思う。というのも、経済がダメだからゲリラに入る、ゲリラがいて危ないから投資ができない、新規投資がないから経済がますますダメになる、という負のスパイラルがミンダナオ中部では顕著だからだ。

その点、フィリピン初のミンダナオ島出身大統領であるデュテルテも力を入れているであろう分野で、これからダバオに日本からの直行便が就航したり外国投資を招いたりする上で、周辺地域の治安問題(イスラム過激派だけでなく共産ゲリラや一般犯罪も)は早急に対応が必要。特にダバオはつい最近テロが起きたばかりで、2年前にはすぐ向かいのサマル島リゾートでも外国人誘拐事件が起きたこともあり、いくら大統領のお膝元といえども全く気が抜けない(これらの事件については「ミンダナオ治安(テロ関連)」を参照。

ミンダナオ島は全体としてまだまだ未開発で、特に大部分ではフィリピンなのに台風の影響がほぼないという自然環境に恵まれた場所でもある。デュテルテが大統領の間にぜひ大きく前進させてほしいところだが、イスラム地域の政治はかなり厄介そうなので、いかに剛腕の大統領と言えどもどこまでやれるのか今後も注目して見ていきたい。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
年金 de リッチに暮らす in ダバオ
足立 恭一郎
ブイツーソリューション (2015-09-30)
売り上げランキング: 363,199

比政府の認識しているアブサヤフの現人質数は31名

GMAニュースによれば、現防衛省長官であるロレンサナが去る3月9日に語った現状の人質数は、外国人24名、フィリピン人7名の計31名とのこと。政府が認識している人質の人数ということで、これまでの報道機関が報じていた数より信頼ができる。

http://www.gmanetwork.com/news/story/602710/news/nation/abu-sayyaf-hostages-nearly-double-during-duterte-admin-says-lorenzana

話の趣旨は、デュテルテ政権が発足した時点では18名だった人質が今では31名と増加している、というもの。

ではここで、内訳を改めて計算してみよう。私が報道を追っていて試算していた人数は、

オランダ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 13名
インドネシア人 7名
フィリピン人 5名

の31名だった。全体数こそ合っているものの、フィリピン人の数が2名足りず、外国人の数が2名多すぎることになる。
誤差が出た原因として可能性の高いのは、これまで「マレーシア人」または「インドネシア人」とカウントされていた人のうち2人が実はフィリピン国籍ということではないだろうか。
彼らはボルネオ島の中でもフィリピンに近いところで拉致されているため、どのみち民族的にはおそらく大した差はないだろうし、それに重国籍ということもありうる。

ところでもうひとつ上記からわかるのは、やはり日本人の伊藤は政府的にも人質としてカウントされていない、ということ。日本政府もきっと同じなんだろう。ただ、いつからそうなのかはネット上に記事が見つけられないのでわからない。少なくとも拉致された時点では日本政府も動いたと思うのだが。。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
年金 de リッチに暮らす in ダバオ
足立 恭一郎
ブイツーソリューション (2015-09-30)
売り上げランキング: 363,199