忘れられた日本人

「忘れられた日本人」宮本常一(1955)

忘れられた日本人 (岩波文庫)
宮本 常一
岩波書店
売り上げランキング: 360

鶴見良行や高野秀行の本を読んでいたら出てきたので読んでみた。古い本だからどうせ読みにくいんだろうと思って期待していなかったら、出だしからすごい。

明治を生きていた人たちなんて、宮本が執筆した時点で「忘れられた日本人」だったわけなので、現在からすればほとんど中世の人々と大差ないほどの心理的距離感。それを現代的な視点で観察し記録してくれたことに、一読者としては感謝しかない。

また、夜這いや村の女性のエロ話についての記述は昔読んだ赤松啓介の記述とも一致しているように見え、やっぱり本当だったんだなぁ、と思ったりしました。昔の日本人のノリというか性格というか、雰囲気は現代日本に生きる我々には想像しづらいのだけど、高野秀行も言っているとおり途上国に行ってそこで生きている、本なんか読まないようないろんな人々たちと交流していればイメージを得る助けにはなると思います。

宮本常一の他の本もぜひ読みたい。

広告