使える語学力

多言語学習の本のレビュー。

最近、日本人でも若いポリグロット(多言語話者)が外国語学習または多言語学習ガイドを書くようになっていて、動画など同時代的な学習方法も紹介しながら誰でも(理論上は)できる学習法が簡単に手に入るようになった。

「使える語学力 -7ヵ国語をモノにした実践法」橋本陽介(2015)

方法論の紹介もさることながら、最近のガイドは筆者を不必要に高い位置に置かずに、自らの限界を認め読者の手の届くところにいるように感じさせるような記述があるのが特徴と思う。例えば、「モノにする」というのはネイティブレベルになることとは全く違う、とか、実際に「モノにした」筆者も、久しぶりに話す言語では勘が戻るまでに一定程度の時間がかかる、とか。

また、『「できない」と言っている人は絶対量が全然足りてない』というような、同時代の同朋に対する厳しい指摘が見られる点など、昔の偉い方々ならわざわざ書かないような記述もあったりする。

この本の著者の橋本は文学が専門の大学の先生ということで、学者の書いた真面目な本ではあるわけだが、同時に彼は高校で中国語等を教える教師でもあったわけで、進学校の大学受験に相当に近い距離にあった自身の体験を踏まえて日本の受験のどこが外国語習得にとって害をもたらしているのか、を主張している点などアドボカシーの要素も入れているのも非常にユニークで面白い。

さて、彼の外国語学習ガイドでは『「使える外国語」にするための3つの大原則』が紹介されていて、それぞれ
1 「音声」を覚える。
2 その言葉が使われている「状況」(いつ、どこで、どのように)を覚える。
3 「能動的学習」を追加する。

である。3などは、日本人にしか必要ないのではないかというような項目である。それほど、現状(平均的に)日本人の学習スタイルは受け身なんだろうなぁ。

これはようするに、日本の学校教育の中での外国語教授の反対をやればいい、ということ。となれば、結局は日本なんかにいないで海外に行ってストリートで修業してくるのが一番、という結論になるし、実際に筆者もそうやってコツを身に着けたと書いてある。なので、読者もそうすればよい。

もちろん日本でもできることはいっぱいあるだろうけれども、もし是が非でも日本にいなければいけないような人なら、どのみち外国語なんて学習しても使うチャンスはないんじゃないかと思う。だから、思いきって一人で行ってきて、自分なりに反省してどんどん能動的に自分のやり方を積み上げていけばよい。

7カ国語をモノにした人の勉強法 (祥伝社黄金文庫)
橋本陽介
祥伝社 (2018-11-14)
売り上げランキング: 314,146
純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法
秋山 燿平
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 90,673
広告