サンボアンガ市のモスクで爆破事件、2名が死亡

1月27日にスールーのホロの教会で爆破テロがあったが、翌日夜には犯行グループの一人と見られるアブサヤフのメンバーが、ミンダナオ南西部のサンボアンガ市内で警察と撃ち合いになり死亡した。

(参考↓英語記事)
https://www.sunstar.com.ph/article/1785124/Zamboanga/Local-News/Abu-Sayyaf-bandit-killed-in-a-shootout

上記記事によれば現場は市内のサント・ニーニョ・ビレッジと記載されており、おそらくユーベンコモールのあるプティックにあるサント・ニーニョ・ビレッジだと思われる。

さらに、今日1月30日には、サンボアンガ市内のモスクでグレネードによる爆破事件が起き、2名が死亡、4名が負傷した。事件が起きたのは市の南タロンタロンというバランガイで、海岸に近くイスラム教徒が比較的多いエリア。

(参考↓英語記事)
https://www.philstar.com/nation/2019/01/30/1889418/armm-gov-zamboanga-mosque-blast-highest-form-cowardice-obscenity

犯人は不明。先日の事件を受けてキリスト教徒による報復と見せかけたいテロリスト側の工作か、あるいは今回のバンサモロ自治政府(BARMM)に関連するイスラム教徒同士の紛争か、はたまた単純に爆弾の暴発か。

アメリカに喧嘩を売る国 フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕
古谷 経衡
ベストセラーズ
売り上げランキング: 163,649
日本/フィリピン歴史対話の試み: グローバル化時代のなかで
永野 善子
御茶の水書房
売り上げランキング: 1,820,873

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中