VoiceTraでフィリピン語(や、その他アセアンの公用語)

AIに関する国立の研究機関が開発した”VoiceTra”という自動翻訳アプリが、無料なのに優秀。アンドロイド版もiphone版もあります。

精度は高いし、自動翻訳した訳文を再翻訳して提示してくれるというデザインもステキ。それに、会話用に入力・出力言語がワンタッチで切り替わるようになっているのも便利。

試しに自分のわかるいくつかの言語で使ってみたところ、google翻訳よりよさそう、と思うぐらいでした。
さらに、マイナー言語の学習用にも使えそう。ちなみにタガログ語は「Pilipino フィリピン語」で出てました。本当はPilipinoだと「フィリピン人」のことで、言語はFilipinoなんですが。音声はフィリピン語(タガログ語)は今のところ対応してないのでテキストのみです。

一方、英語などのメジャー言語はもちろんインドネシア語やタイ語でも、機械翻訳したあとに音声を読み上げてくれるので、いい練習になります。

とりあえずスマホに入れておいて損はないと思います。

やっぱAIすごい、と思いました。

パターン認識と機械学習の学習―ベイズ理論に負けないための数学
光成 滋生
暗黒通信団
売り上げランキング: 228,104
広告

ウンコな議論

最近読んだ本。

「ウンコな議論」>ハリー・G. フランクファート (2005=2016)

ウンコな議論 (ちくま学芸文庫)
ハリー・G. フランクファート
筑摩書房
売り上げランキング: 404,930

本の解説はウィキペディアでも読んでいただくことにして、俺は読後の連想について書きたい。

「ウンコな議論」は内容なんか無視して、とにかく適当にはぐらかして自分の有利な方向に議論を持って行くためのストラテジー。行間を読ませるための暗号文のようなものでもあるわけで、「何故ここでそれを言う?」のかわからなければ何を示唆したいのかわからない。

このように人間でも洞察力によって解釈がわかれてくるという微妙なニュアンスを運んでいるから、高度なメタファーよりもさらに難しく、おそらく今流行りのAIも相当苦戦するだろう。最後の砦かもしれない。

さて、大人の世界には「ウンコな議論」が盛りだくさんだが、人は無意識的に、これに対する耐性を「大人度」を計る指標として使っているのではないだろうか。もっとも、ここでいう「大人」は、若者が嫌う、つまらない大人だ。政治家や弁護士はもちろんだが、世渡りで出世を狙う人や、公務員にそういう人が多そうな気がする。

逆に、先進的な起業家やら研究好きな人やスポーツ選手や芸術家など、ことの本質に迫るのを生業としている人は、ひたすらこのウンコを避けて通ろうとするのではないかと思う。本質を無視した時間の無駄だから。