東大発の日本人ポリグロット

日本人のポリグロット(多言語話者)について調べてみたら、やっぱり東大卒が多かった、という話。

おそらく一番の大天才は南方熊楠(東大というより、その前身だが)で、もちろん戦前戦後の言語学者の面々がおり、中でもチェコ語研究の千野栄一は「外国語上達法」という新書本も出している。

「外国語上達法」千野栄一(1986)岩波新書

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
千野 栄一
岩波書店
売り上げランキング: 15,414

言語学者以外では、法学の和仁陽
は、東大時代から(英語はもちろん)ドイツ語など8言語ができた、と講談社現代ビジネスのウェブサイト記事にはある(参考

新しいところでは、つい最近まで大学生だった秋山燿平(参考)は薬学部出ながら言語習得に熱中し、10言語近くを正攻法で中上級(B2)まで習得し、この3月にダイヤモンド社から本を出している。

「純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法」秋山燿平(2018)ダイヤモンド社

純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法
秋山 燿平
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5,567

日本では、英独仏中韓は教科書類が相当充実している印象で、それに西葡露が続くというのが俺の印象(それにおそらくラテン語も)。これらの言語は検定があり、その対策本などがあるため独習も比較的スピーディにできる。逆に、東南アジア諸言語に関しては、まだまだ種類も少なく、先人の残した資料から学ぶというより、自分で道を切り拓く覚悟でやらないとけっこう難しい。

それだけが理由ではないだろうが、日本人ポリグロットで東南アジアの公用語を網羅した人はまだいないよう。というか、世界にそういう人がいるのかも俺は知らない。中国人にはすごい人がいそうな気もするので、また別の機会に調べてみたいと思う。

2019年1月から日本も出国税が課されるようになる件

昨日、新税が成立した。それによれば、2019年1月から日本を出国するときに1人1000円の「出国税」が課されるとのこと。いつからか知らないが、今後、航空券の代金に含まれるようになるらしい。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000124881.html

たとえばせっかくLCCで航空券が5000円だとしても、空港使用税とこの出国税で、3~4000円になってしまうぽい。残念だが、日本政府的には日本人には海外よりも国内旅行をしてほしいだろうし、近年急増している観光客からもお金を1000円ずつ余計に集められるわけだから一石二鳥。

出国税自体は、たとえばフィリピンでも「トラベルタックス」という名前で1620ペソ(ファーストクラスだと2700ペソ)徴収している。ただし、フィリピンの場合は外国人観光客は徴税の対象になっていない。国として外国人観光客をなんとか増やしたいわけだから、当然。

一方の日本は、昨今外国人観光客が増えすぎて国内が混乱気味ですらあるので、とりあえず1000円からの出国税で影響がどの程度あるのかみてみよう、ということなのだと思われる。私見だが、今後場合によっては、消費税と同様に外国人観光客は免除対象、という方向もあり得るのではと思う。それこそ日本旅行ブームが去って、外国人観光客をなんとか増やしたいという普通の国に戻れば。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254

サンボアンガ・シブガイ州で地元女性が拉致された件

去る4月4日、サンボアンガ・シブガイ州(サンボアンガ市ではなく、サンボアンガ半島の付け根の方)マランガスで、地元の海産物ビジネスに従事する38歳女性が7人の武装した男たちに拉致された。

(参考:英語記事↓)
https://news.mb.com.ph/2018/04/04/businesswoman-kidnapped-in-zamboanga-sibugay/
https://www.philstar.com/nation/2018/04/05/1802838/woman-kidnapped-sibugay

その後、3日経った時点で関係者と見られる6人が投降したが、捜査は進んでいるか定かではない。
https://www.philstar.com/nation/2018/04/08/1803831/sibugay-kidnapping-6-suspects-surrender
https://news.mb.com.ph/2018/04/07/6-bandits-surrender-in-zamboanga-sibugay/

この界隈は長らくアブサヤフが活動している地域なので、その関連の可能性がある。ただし、メディアは今のところ不明と表現している。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
『大学のフィリピノ語』
山下美知子 リース・カセル 高野邦夫
東京外国語大学出版会
売り上げランキング: 54,254