マウテグループとの戦闘でフィリピン国軍が自軍兵士を攻撃:11名死亡

先週から続いている南ラナオ州マラウィ市でのマウテグループとフィリピン当局との戦闘で、6月1日の掃討作戦中にフィリピン国軍が爆撃で友軍を攻撃してしまい、11名の兵士が死亡、7名が負傷したと発表があった。いわゆる同士討ちというやつで、英語では皮肉な意味を込めて”Friendly fire”等と言うそう。初めて知った。

(英語記事)
http://newsinfo.inquirer.net/901570/11-soldiers-killed-by-friendly-fire-in-marawi
http://www.smh.com.au/world/philippine-friendly-fire-in-marawi-kills-11-troops-20170601-gwi0t6.html

これにより、累積の死者は139名となった。なお、この人数はテロリスト側の死者も含んでいる。

フィリピン―急成長する若き「大国」 (中公新書)
井出 穣治
中央公論新社
売り上げランキング: 855
フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中