比政府の認識しているアブサヤフの現人質数は31名

GMAニュースによれば、現防衛省長官であるロレンサナが去る3月9日に語った現状の人質数は、外国人24名、フィリピン人7名の計31名とのこと。政府が認識している人質の人数ということで、これまでの報道機関が報じていた数より信頼ができる。

http://www.gmanetwork.com/news/story/602710/news/nation/abu-sayyaf-hostages-nearly-double-during-duterte-admin-says-lorenzana

話の趣旨は、デュテルテ政権が発足した時点では18名だった人質が今では31名と増加している、というもの。

ではここで、内訳を改めて計算してみよう。私が報道を追っていて試算していた人数は、

オランダ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 13名
インドネシア人 7名
フィリピン人 5名

の31名だった。全体数こそ合っているものの、フィリピン人の数が2名足りず、外国人の数が2名多すぎることになる。
誤差が出た原因として可能性の高いのは、これまで「マレーシア人」または「インドネシア人」とカウントされていた人のうち2人が実はフィリピン国籍ということではないだろうか。
彼らはボルネオ島の中でもフィリピンに近いところで拉致されているため、どのみち民族的にはおそらく大した差はないだろうし、それに重国籍ということもありうる。

ところでもうひとつ上記からわかるのは、やはり日本人の伊藤は政府的にも人質としてカウントされていない、ということ。日本政府もきっと同じなんだろう。ただ、いつからそうなのかはネット上に記事が見つけられないのでわからない。少なくとも拉致された時点では日本政府も動いたと思うのだが。。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
年金 de リッチに暮らす in ダバオ
足立 恭一郎
ブイツーソリューション (2015-09-30)
売り上げランキング: 363,199
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中