アブサヤフの人質になっていたドイツ人が斬首された件

去年の11月上旬にアブサヤフが新たにドイツ人1名を拉致で捕まっていたドイツ人が、2月26日にアブサヤフによって殺された。70歳だった。

(英語記事)
https://www.thesun.co.uk/news/2964222/abu-sayyaf-behead-german-jurgen-kantner-isis-style-video/
http://www.aljazeera.com/news/2017/02/abu-sayyaf-video-shows-beheading-german-hostage-170227101245013.html
http://newsinfo.inquirer.net/876003/abu-sayyaf-releases-video-of-beheading-of-german-hostage

身代金の期日になっても支払われなかったことから、すぐに首をはねたようだ。要求していた身代金の額は、6500万円ほどだった。

上の記事によれば、このドイツ人は2008年にもソマリアでも当地の海賊に52日間捕まった経験があり、その際は身代金と引き換えに解放されたのだという。

これで、残っている人質は

オランダ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 13名
インドネシア人 7名
フィリピン人 6名

と私は推測しているが、上のインクワイアラーでは少なくとも外国人19名とフィリピン人7名の26人と書かれている。フィリピン人が私の試算より一人多いのは、11月に韓国人が拉致されたときに一緒に捕まった人のことなのかもしれない。ともかく、現状合わせて25人は下らないということだ。

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書)
中島 弘象
新潮社
売り上げランキング: 603
年金 de リッチに暮らす in ダバオ
足立 恭一郎
ブイツーソリューション (2015-09-30)
売り上げランキング: 363,199
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中