スールー沖でアブサヤフがベトナム人船員一名を殺害、7名を誘拐

この前ダバオに向かっていたベトナムのカーゴ船がバシラン周辺で襲われたのは11月11日だったが、2月19日またもやベトナム船が襲われた。場所は、領土的にはフィリピン領だがマレーシアのボルネオ島サバ州のすぐ近くにある、タウィタウィ州バグアン島およびタガナック島周辺。乗っていた25名のうち、一名が死亡、7名が誘拐されたという。

(英語記事)
https://tribune.com.pk/story/1332965/vietnamese-sailor-killed-seven-abducted-philippine-pirate-attack/
http://www.rappler.com/nation/161999-vietnamese-piracy-sulu-tawi-tawi

翌日の20日時点では誰の犯行かは明らかでないが、これまでの実績からするとまず間違いなくアブサヤフだと思う。私が前回メディアで見たアブサヤフによる誘拐事件は、1月20日だった。先日のスター紙の記事に載っていた情報から自分で計算してみると、現在いる人質は今回のを合わせて以下となる。

オランダ人 1名
ドイツ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 13名
インドネシア人 7名
フィリピン人 6名

ただし、上のtribune.comの記事によれば、27+7で34で、私の試算より一人多い。これは、何年も前に誘拐された日本人の伊藤が含まれているからだが、彼は他のメディアでは現在は自主的にアブサヤフと行動を共にしていると考えられており、既にずっと前から数えられていない。

脱出老人: フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち
水谷 竹秀
小学館
売り上げランキング: 89,963
日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)
水谷 竹秀
集英社 (2013-11-20)
売り上げランキング: 40,252
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中