マレーシアのサバ州からIS組織戦闘員をミンダナオに送る計画を摘発

去る1月23日、マレーシア当局は、ボルネオ島サバ州からフィリピン・ミンダナオ島にIS戦闘員を送り込む計画を発見したと発表した。
これは、1月13日と19日に行われた逮捕劇で、IS関連分子4名(フィリピン人男性(31)1名、バングラデシュ人男性(27,28)2名、マレーシア人女性(29)1名)を逮捕したことにより明らかになったという。このうちフィリピン人とマレーシアは、13日にクアラルンプール(KL)から飛行機でコタキナバルに到着したところを空港で逮捕されたという。一方、バングラデシュ人2名は19日にクアラルンプールで逮捕された。

(英語記事)
http://www.benarnews.org/english/news/malaysian/is-cell-01232017131917.html

送り出し先予定は、ミンダナオ島南ラナオ州のマラウィ市だったという。マレーシアのサバ州から、セレベス海を挟んだ向かい側にあるミンダナオ島まで、おそらく船で運ぶ計画だったのだろう。その界隈はアブサヤフが頻繁に海賊行為を行っていることでも知られている。

先の記事によれば、ミンダナオには、相互に関連しているISIS関連の組織が3つあるとされていて、文脈から私が判断するに、
Maute group
Ansar Khalia Philippines (AKP)
Al Harakat ul Islamiyah Basilan

と思われる。マレーシア、インドネシア、フィリピンのIS系テロ組織は中東とも連携して活動しており、2016年にはそれぞれのメンバーがyoutubeにも登場している。これらをまとめた英語記事が最近公開された。特にマウテグループの活動について詳しい。

(英語記事)
http://www.rappler.com/newsbreak/in-depth/159609-millennial-terrorism-isis-philippines

ここで登場したフィリピン人は、アンサル・カリファ・フィリピン(Ansar Khalia Philippines (AKP))メンバーのモハマド・レザ・キラムMohammad Reza Kiram(26)で、サンボアンガ市出身だという。

ミンダナオの治安(テロ関連)に戻る

脱出老人: フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち
水谷 竹秀
小学館
売り上げランキング: 89,963
日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)
水谷 竹秀
集英社 (2013-11-20)
売り上げランキング: 40,252
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中