アブサヤフが新たにインドネシア人3名を誘拐

つい先日にアブサヤフからフィリピン人2名が救出されたところなのに、実は同日にはインドネシア人3名が新たに誘拐されていた。場所は、マレーシアとフィリピンの間の海だという。

(英語記事)
http://www.thejakartapost.com/news/2017/01/20/three-indonesians-kidnapped-by-abu-sayyaf.html

先日のスター紙の記事に載っていた情報から計算すると、人質は今回のを合わせて以下となる。

オランダ人 1名
ドイツ人 1名
マレーシア人 5名
ベトナム人 6名
インドネシア人 7名
フィリピン人 6名

10月あたりに誘拐された韓国人船長が数えられていないのが気になるところだが、私の知らぬ間にもう解放されているのかもしれない。
また、何年も前に誘拐された日本人の伊藤はずっと前から数えられていないものの、アブサヤフと行動をともにしていると見られている。

脱出老人: フィリピン移住に最後の人生を賭ける日本人たち
水谷 竹秀
小学館
売り上げランキング: 89,963
日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)
水谷 竹秀
集英社 (2013-11-20)
売り上げランキング: 40,252
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中