ベネズエラのインフレがやばい件

ベネズエラが社会主義的経済体制をとっているせいで、ベネズエラ・ボリバルは公定レートと闇レートにすごい開きが出ている。

12月6日にベネズエラ大使館の公式日本語ウェブサイトにコラムの更新があった。インフレは操作されたものだとする陰謀説で、興味深い。
http://venezuela.or.jp/news/1169/

理由はともあれ、実際に起きていることは現実で、たとえばIMFは今年のはじめには2016年のインフレ率を210%と予想していたのに順次引き上げ、480%、そして720%に予想を修正した。2017年には更にこの3倍程度が予想されるという。

インフレ率は100%で物価が2倍(元の価格を1とすれば、1+1=2)ということだから、200%だと(1+2=3)で3倍、700%で8倍になる。この程度だとまだまだ一時期のジンバブエのように「天文学的」ではないが、けっこうな勢いで悪化しているのは確か。

たとえば半年ほど前にニューズウィークが様子を記事に載せている。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/05/post-5123.php

値段もさることながら、品不足で必需品が買えないなど、生活は深刻に大変で、それを背景として治安が悪化しているので、旅行者にとってもかなり危険です。

最後にそもそもの発端について少しだけメモ。もともと2013年に死んだチャベスが社会主義の独裁をしいていて、恐怖政治的な感じで選挙も命がけだったところ、事実上唯一の輸出品である石油を最大の顧客だったアメリカがシェールガス革命によって購入する必要がなくなってきたのが2014年頃と重なった。それから原油安になって収支が大変なことになった、というのが概略です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中