フィリピン人の英語力の見分け方(チェックリスト式)

フィリピンの公用語のひとつは英語ですが、日常的な場面では実は英語は言うほど話されていません。英語を使うのはある程度フォーマルな席なので、そういうところに縁のない人は特に英語を話す機会がありません。

ただし、英語が得意でない日本人から見たら、なんとなく雰囲気で話せている人のことを、まるで英語マスターのように感じてしまうこともあります。そこで、簡単なチェックリストを考案してみました。上からだんだんと細かくなっていきますので、どのレベルでひっかかっているかでだいたいの英語力がわかると思います。

レベル1. なんでもかんでもに”only”をつける。
しかも”one only”のように、数字の後につけます。これはタガログ語の”isa lang”の直訳です。

レベル2. HeとSheを混合してしまう
日本人にとってこの間違いは考えられませんが、フィリピン人にはけっこう難しいようです。フィリピン諸語では、性別によって言い分けたりしません。

レベル3. “I/ You will be the one who …. “という文型をやたらと使いたがる。
タガログ語の”Ako / Ikaw na lang”からの直訳です。基本的には、「私がするよ」あるいは「君がしてよ」という意味です。

レベル4. untilとbyの区別がついていない
日本だと中学英語レベルですが、やはりフィリピン諸語ではこの区別がありませんので混乱するようです。

レベル5. 否定疑問文に対する答えが反対
これも日本だと中学英語レベルですが、”Don’t you go?”(君は行かないの?)のような疑問に対する返事は、英語では”Yes(行く)”,”No(行かない)”となるところを、日本語と同じように「はい、行きません」、「いいえ、行きます」のように回答してしまいます。

いかがでしたでしょうか。
もうおわかりのように、チェックしているのは「母語であるフィリピン諸語からの影響がどれぐらい表れているか」というところです。発音がそこそこ英語っぽい人でも、テレビや映画で耳が慣れているだけで意外とひっかかったりすると思います。個人的には、大卒なら、せめてレベル3まではクリアしておいてほしいと思います。もしスカイプ英会話の先生だったら、やはりレベル5までクリアしておいてほしいですが、中にはひっかかる人もいるでしょうね。

格安&短期間で英語力アップ! セブ島英語留学完全ガイド
太田 裕二
幻冬舎 (2016-11-10)
売り上げランキング: 459
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中