セブパシフィックのGetGoポイントの換算

フィリピン発のLCC(格安航空会社)のひとつで、もはやフラッグキャリアのフィリピン航空(PAL)を凌駕しているのがセブパシフィック(以下セブパシ)。フィリピンには他にもエアアジアや、2015年に「Cebgo(セブゴー)」へブランド名変更した旧タイガーエアなどがあるが、使い勝手や定期的に出てくる激安セールのために、セブパシが一番で、日本人の出張にさえ使われている。

そのセブパシが、2015年にメンバーシッププログラムをリニューアルして「GetGoポイント」として新たに打ち出して1年半が経った。提供しているサービス内容は基本的にはエアアジアのビッグポイントと同様なのだが、いかんせんセブパシのGetGoポイントは必要マイル(ポイント)数がわかりにくいのが問題。というのも、GetGoの換算テーブルは公開されていないからだ。

公開されているのは、支払い5ペソにつき1ポイントが付与されるということだけで、その1ポイントがいくら分なのかという肝心なところが伏せられている。

試しに自分で検証してみると、2800ペソで行けるところが約8000ポイントと出た。となると1ポイントは約30センターボ相当ということになるが、これは2015年に某フィリピン人ブロガーが書いた英語ブログ記事(参照)に載っていた情報と同じとなり、当初から一貫しているのかもしれない。

ちなみに、GetGoポイントとエアアジアのBigプログラム、さらにフィリピン航空のマイレージ「マブハイマイル」の比較を行ったブログ記事もある(こちらも英語)。ただ、結果の比較はポイント数だけなので、あまり意味がない。。

さて、話をセブパシフィックに戻すと、換算式を公開していないということは、もし換算レートを変更しても会員に連絡する必要もなく、どこにも表示する義理もないということ。なので、失効期限はないといえどもその価値は不明。結局のところ、期待するなということになってしまうのだが、タイミングよくGetGo会員向けセールを利用できれば、あって良かったということになるだろう。

もともと東南アジアの飛行機は南米なんかとは比べようもないぐらいに安いし、21世紀になってエアアジアのビジネスモデルが普及して以降はなおさら良くなっているわけなので、ポイントプログラムが飾りでも俺はなんの文句もありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中