中級エスペラント話者の私がDuolingoのコースをクリアしてみた

Duolingo.comは無料の多言語学習アプリで、アルゴリズムを駆使した最新テクノロジーで新しい学習のあり方を開拓している。特に、学習者の得意不得意に合わせて問題を調整するところが、従来のEラーニング手法より進んでいて効果が高いと言われている。

さて、そんなduolingo上に英語でエスペラントを学ぶコースが追加されたと、エスペラント話者の間では1年ぐらい前に話題になっていた。もっとも、開発したのはボランティアとして参加したエスペラント愛好家自身である(Duolingoは少数言語の保護に貢献しつつ安価にユニークなラインナップを拡充させる目的で、ボランティアを使ったコース開発プロジェクト「インキュベーター」というプロジェクトをやっている)。

そのときは俺は反応しなかったが、ふと思いついて自分でもやってみた。日常生活では全然使っていないとはいえ、一応中級を自負しているからには、ささっとクリアできるだろうと思っていた。

https://www.duolingo.com/

ところが実際には、毎日平均1時間ぐらいプレイすること半月もかかってしまった。そして、会うごとにメモしていった新しい単語の数は、ゆうに300を超えた。恐るべしDuolingo。。

文法はこれまで学習した内容でほぼ全部(95%ぐらい?)は対応できたが、単語の方は日本で出版されている既存の教材にはないような、日常場面で出てきそうなものがかなり含まれていた印象。逆を言えば、日本の既存教材というのは一昔前の教科書的な、コミュニケーション向きでない非日常的単語がけっこうあるということにもなるだろう。

加えて、Duolingoでは「クリックする」のような、ネット世代の用語も20ぐらいは出てきた。こういう単語は、知らない人とチャットするときに使うので出てきているわけだが、日本の高齢エスペラント話者は知らない人も多いのではないだろうか。

そんなわけで、中級の人向けにもけっこう有益なアプリだということがわかりました。

エスペラント中級独習
エスペラント中級独習

posted with amazlet at 16.10.04
藤巻 謙一
日本エスペラント協会
売り上げランキング: 963,864

ザメンホフ通り―エスペラントとホロコースト

作文のためのエスペラント類義語集
阪直
日本エスペラント協会
売り上げランキング: 752,706

にほんブログ村 外国語ブログ 多言語学習者(学習中)へ
にほんブログ村


多言語学習 ブログランキングへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中