ダバオ向かいのサマル島でおきた誘拐事件のアップデート3

6月に書いたダバオ向かいのサマル島でおきた誘拐事件のアップデート2では、誘拐されたカナダ人が二人とも斬首されたことをメモした。残るはノルウェー人男性1人になっていたが、今日のニュースで動きがあったと伝えられました。

http://www.rappler.com/nation/146514-abu-sayyaf-norwegian-hostage-release

上のニュースによれば、件のノルウェー人は昨夜、解放されたという。支払われたとされる身代金は3000万ペソ。日本円にして7000万といったところか。

これにてサマル島でおきた誘拐事件は幕を閉じたことになるが、アブサヤフが人質としてとっているのは他にも20何人いて、外国人の中にはマレーシア人、インドネシア人の他にはオランダ人のカメラマンもいる。ただ、これらはなかなかニュースにすら登場してこないので、消息をリアルタイムで知るのはちょっと難しい気がしている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中