アップデート:2800人突破、デュテルテ大統領になってからの麻薬関係死者

先月「デュテルテが大統領になってからの麻薬関係死者が1800人を突破」を備忘録として書いたが、9月に入っても勢いはとどまるところを知らず、国家警察による、ショットガンの名前を模した「ダブルバレル」プログラムにおける9月4日の時点で既に2800人を超えていたという記事を発見。

http://www.finlandtimes.fi/worldwide/2016/09/04/29851/More-than-2,800-killed-in-drug-operations-in-Philippines

現在フィリピンでは、麻薬関係の中国人がしょっちゅう捕まっているほか、報復等で警官が暗殺されたり、さらにはときどき幼児が巻き添えを食って殺されたりもしている。ビビッて出頭する下っ端関係者も数十万人と多い中、リハビリプログラムのために収容する場所の確保に一生懸命だ。

素朴な疑問だが、万一彼らが更生したとして、数十万人に非正規でも雇用を与えられるような力が政府にあるのだろうか。というのも、ただでさえ失業率が高いのに加えて、フィリピンではしばらく前からのサウジアラビア不況による構造改革の影響を受け、出稼ぎに行っていた肉体労働者も続々戻ってきており、麻薬関係者の多くを占める成人男性層とバッティングしている。

ひとつだけ考えられる好材料は、今年から2年間はジュニアハイを新しく出た若者をシニアハイに助成金付きで接続するプログラムがあるので、ハイスクールを出たばかりで失業する人は少なめなのではなかろうか。それに伴い、同程度の非熟練度の若者は競合が増えることなく職探しができるモラトリアムのような感じになっていくと思われる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中