ダバオ市内でアブサヤフによる爆発事件

9月2日の夜にダバオ市内で爆発事件が起きた。大統領が滞在していたところをわざと狙ったようだ。犯行現場は低所得層しか利用しないような露店のあるところだが、アテネオ・デ・ダバオ大学の近くで、ダバオ市内一級のマルコポーロホテルもすぐ近くにある。

http://www.cnn.co.jp/world/35088484.html
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090300023&g=int

犯行声明を出したアブサヤフは、現在拠点のあるホロ島で国軍と対峙しており、前日は大統領はサンボアンガを訪れ、つい数日前に戦死した兵士の家族を見舞ったところ。この兵士が殺された後、テロリストが彼の携帯電話を使って「こいつの首をちょん切ってやったぜ」というショートメールを家族に送ったという。

大統領はまもなく大規模掃討作戦として7000人規模の国軍を投入する予定。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中