まとめ:東南アジア(ASEAN)諸国のオリンピックメダル

いまだに今回の東南アジア(ASEAN)諸国でオリンピックメダルを獲った人や数をまとめたサイトが日本語ではないようなので、自分でまとめてみる。

英語では、たとえばこの記事(参照)が合計の数をまとめている。それによれば、金5、銀10、銅3。ところで、この記事はエアアジアのトニー・フェルナンデスがメダリストにエアアジアの無料搭乗権(券ではなく!)を与えると宣言したことを報じたもの。金だと永年、銀と銅はそれぞれ5年と3年有効だという。

さて、内訳。国別だと、ウィキペディアに一覧(参照)がある。ASEANだけを取り出すと、

タイ:金2、銀2、銅2
インドネシア:金1、銀2、銅0
ベトナム:金1、銀1、銅0
シンガポール:金1、銀0、銅0
マレーシア:金0、銀4、銅1
フィリピン:金0、銀1、銅0

ブルネイ:金0、銀0、銅0
ミャンマー:金0、銀0、銅0
カンボジア:金0、銀0、銅0
ラオス:金0、銀0、銅0

今回、シンガポールとベトナムで史上初の金メダリストが誕生。少しずつ、オリンピックでASEAN諸国の存在感が高まってきている。

シンガポールは水泳のジョセフ・スクーリング(Joseph Schooling)、男子100mバタフライでフェルプスを破った。
一方、ベトナムのホアン・スアン・ビン選手(Hoang Xuan Vinh)は射撃で、以下で日本語記事が読める。
http://www.viet-jo.com/news/special/160810085110.html

バドミントン(参照・日本語記事)は、インドネシア、マレーシア、タイがメダル獲得。マレーシアは、バドミントンで銀3、高飛び込みで銅1、競輪でも銅1だった。
タイで金が出たのはウェイトリフティングで、Sukanya SrisuratとSopita Tanasanが優勝。フィリピンも銀(Hidilyn Diaz)をとった。

最後に、ASEAN諸国のひとつカンボジア代表としては、今回初めてマラソンで猫ひろし(39歳)が参加し、完走したことを付け加えておこう。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/…/hiroshi-neko_n_11644918.htm
http://matome.naver.jp/odai/2133655480433408101

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中