ダバオ向かいのサマル島でおきた誘拐事件のアップデート2

つい10日前に「ダバオ向かいのサマル島でおきた誘拐事件のアップデート」を書いたが、また動きがあった。

今度は、一緒に拉致されていたフィリピン女性が解放された。先週殺害されたカナダ人のフィアンセだという。見た目はまったくただのフィリピン人である。
(英語記事)
http://www.thenational.ae/world/southeast-asia/freed-hostage-recounts-boyfriends-beheading-by-philippine-militants
http://www.bbc.com/news/world-asia-36615236
http://www.abc.net.au/news/2016-06-24/philippine-militants-release-hostage-after-duterte-intervention/7542412

この前、人質になっていたカナダ人が殺害された後、アキノ現大統領がスールーに行ったというが、そこでどんな交渉があったのか。また、デュテルテ次期大統領のイニシアティブなのかもはっきりしない。

ところで上の記事にもあるが、同日には石炭を運んでいたインドネシア人の船員7人がアブサヤフによって新たに拉致された。インドネシア人船員の拉致は今年に入ってから既に3件目だそう(他2件のインドネシア人は既に解放されている)。インドネシア政府はこれを受けて、フィリピンに対する石炭の輸出をストップしており、フィリピンの火力発電に影響が出ている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中