エクアドルの地震による被害状況(2016年4月22日)

El tiempoによればエクアドル沖の地震では、これまでに沿岸部で580人以上が亡くなっており、行方不明もまだ約150人ほどいます。

今回一番被害が大きい地方はエスメラルダス(エメラルドという意味)で、もともと貧しく治安も良くないと言われているところです。家屋の作りや医療設備等が簡素なだけでなく、防災の取り組みも行う余裕がなかったのではないかと思います。

日本はJICAがマイアミに備蓄している緊急援助用物資の供与を決めたそうです。1800万円相当だそう。

さて、熊本・大分の地震でも避難生活中に命を落とす人も見られていますが、新興国であるエクアドルで危機対応のまずさという人災にみまわれないことを願うばかりです。

ところでエクアドルに関して言えば、現在かなり独裁的な体制を築いているコレア大統領は、結局来年2月に行われる次の大統領選には出られないそうです。その代り、憲法改正をしたので21年に行われる次の次には出馬可能なのだとか。これがファイナルアンサーなのかどうなのか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中