国際出向社員または海外勤務者の所得税への基本的な考え方

雇用されているかどうかにかかわらず、国によって日本と租税条約があったりなかったりするので、税を二重にとられるはめになりかねません。

例えば外国にある企業が日本に住んでいる人に翻訳を頼んだら、報酬は源泉税をあらかじめ引いてから渡すでしょう。そうすると日本に住んでいる人は確定申告のときに、すでに外国で払われている源泉税の分を日本で本来支払うべき税額から控除できる。租税条約があったらの話です。国際税務の話はなんとなくスケールが大きい気がして近づきがたいです気もします。

さて続いて、下は外国に出向したりする社員の所得税の話。基本的にはこのようにかんがえるそうです。

http://www.chuokaikei.co.jp/staffblog/taxaccounting/12/http://www.chuokaikei.co.jp/staffblog/taxaccounting/12/

http://www.hilco.jp/14073879009091

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中