所得税(income tax)と給与税(payroll tax)の違い(アメリカ)

実は、このふたつが違うとは思ってなかった。

下の英語サイトの説明を読むと、両方とも被雇用者の所得の額に応じて変わるというのは共通しているものの、

所得税(income tax)は被雇用者のみが負担するのに対して、
給与税または給与支払税(payroll taxまたはemployment tax)は雇用者側も負担がある。具体的には社会保険と雇用保険。前者は、アメリカだと、Federal Insurance Contributions Act (FICA)という法律で決められた社会保険税(Social Security tax= FICA tax)があり、後者は、Federal Unemployment Tax Act (FUTA)で決められた雇用保険税(Unemployment Insurance Tax)がある。

http://smallbusiness.chron.com/difference-between-payroll-tax-income-tax-56388.html

What is the difference: payroll and income tax

日本だと健康保険と雇用(失業)保険は「税」という位置づけになっていないところ、アメリカでは税としてとられる。たしかに、皆が入らなくてはならないのなら税として扱う方が筋が通っている、と私も思ったことがある。

ということで、日本には給与税は存在しない、ということになります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中