ダバオのエスニックB級グルメ(100ペソ編)

ダバオはフィリピンで第三の町、ミンダナオでは最先端。エクアドルのキトに滞在した経験からいうと、キトよりいろいろある〈劇場と博物館以外)。

さて、今回は食事。ローカル料理が大丈夫な俺も、さすがに飽きてくるので日本料理を含むエスニック料理は恋しい。100ペソ以下で、私のような外国人でも食べられる店をリストにしてみます。

国       店        料理      予算       場所とか
インド    taji mahal他  ビルヤニ他  100       ビルヤニはピラフのこと。野菜ビルヤニが100ペソぐらい。Victoria Plazaの斜め向かいにあるGahol streetを3分ぐらい歩いて坂を上っていくと、インド料理屋街がある。そこにある病院はインド人学生の研修先になっている。
シンガポール  Si ka  ラクサ他   95        ダウンタウンのGaisano South mallのとなりTimes squareフードコートに入っている。ジョリビーの並びの一番奥。少な目のセットなら同じ料理でも55ペソ。
韓国     manna     ビビンバ    99 SM lanangのほぼ向かいにあるmannaの支店(スパの二階)は、平日のランチが99ペソ。他にもメニューあり。
日本      鴨        オムライス   90       SM lanangのちょっと先、ミンダナオ国際大学のある通りは、日本料理屋が密集しているエリア。その中のひとつ。
日本      やじろべえ   カレーライス   70      ミンダナオ国際大学の向かい側にあるmarket basketのフードコート内。日本のカレー。
日本      Yurushi(ゆるし) 焼餃子&ライス 65 マグサイサイ通りとsuazo st,の角。餃子が置いてないことの方が多い。低価格戦略がヒットしていつもローカルで満員。オーナーは日本人。

その他
ダウンタウンのIron voice(ファミリーカラオケ屋)の向かいにはケバブ屋があるが、特別美味しくはない。
それよりは、アテネオ大学の正面にあるシャワルマ屋の方が良い。

150ペソまで予算を上げれば、鴨でお好み焼きが食べられる。30分待つことになるものの、安くておいしい。
BuhanginのHi Panga!という鮪屋のカマ焼きはSサイズが120ペソだが2人分ぐらいある。シェアすれば、ご飯付きでも一人100ペソを切る。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中