フィリピンの便利な空港と不便な空港

現在フィリピンの事実上の国際空港は3つ。マニラ、セブの他に、ダバオからシンガポールに行く会社が2つある(シルクエア―とセブパシフィック)。
マニラやセブと比べて、ダバオの空港の落ち着き具合は圧倒的。

以下は、これまで旅行で通ったフィリピンの空港の、市街から空港までのアクセス別のランキング。この中でクラークだけはずっと行っていないので、8年前と同じと仮定する。

すごい便利な空港(市街まで歩いてでも行ける)
デュマゲテ
サンボアンガ (ターミナル使用料150ペソ)

便利な空港(市街までジープで行ける。10ペソ以内)
ダバオ (ターミナル使用料200ペソ) タクシーだと100ペソ程度。ジープの場合、市街は空港を出て左方向なので、反対側の車線に渡ってからひろうこと。
プエルトプリンセサ

普通の空港
マクタン・セブ (国内線ターミナル使用料はたしかチケット代に込み、国際線は750ペソ)
 セブの空港からはガイサノ・マクタンまで行くジープがあり、そこから乗り合いバンでセブ市(SMとかアヤラモールとか)まで行ける。ただし、セブ市に行くまで渋滞があるのと、このバンがとても暑く乗り心地が悪いことから、オススメしない。ラッシュ時を避け、タクシーが無難。渋滞がなければアヤラモールまでせいぜい150ペソ程度。

ちょい不便な空港
クラーク
マニラ (国内線ターミナル使用料はチケット代に込み、国際線は550ペソ)
 マニラの空港、第一ターミナルはアジア最恐の部類。フィリピン航空やセブパシフィック専用の他ターミナルの方がすべてにおいて優っている。現在は空港の周りの高架道路の建設のために慢性的にひどい渋滞。深夜・早朝の発着だと渋滞がないのでオススメ。
空港からの公共交通は、リバースワールドを通ってパサイのロトンダまで行くバスがあるが(20ペソ)、そこからの乗り継ぎが劣悪なのでオススメしない。市街へは空港からタクシーで行くべき。運転手に払う料金とは別に何十ペソか通行料として払うことになるが、ハイウェイを通るのが最短。

ものすごく不便な空港(両方ともかなり新しい空港)
バコロド
カガヤンデオロ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中