エアアジアの「ASEANパス」は使い勝手が悪いらしい件

エアアジアがASEAN域内を周遊できる「ASEANパス」を販売し始めたのは、たしか今年の2月頃、ちょうどマレーシア付近で消息不明になった機体の対応に追われていた頃だったと記憶している。それまで長らく告知だけだったところ、名誉挽回のためにそのタイミングで発売し始めたのだと思っていた。

http://www.airasia.com/jp/ja/book-with-us/asean-pass/how-to-purchase-redeem.page

ところが、このレビューを読んでみる限り、名誉挽回どころか何のメリットもない。本当だとすると、というか本当なのだろうが、残念。
http://yurukuyaru.com/archives/31458830.html

FAQには、

10. 自分の希望するどのフライトの座席でも特典交換できますか。
フライト特典交換には、お座席のご利用可能状況による制限があり、その制限の対象となります。すべてのフライト、すべての日程でご利用可能とはならない場合がございます(例・週末、祝日、および学校休暇日など)。

とあるが、先の記事によるとどうやらそれだけではない感じがする。検証するには自分で買ってみなければいけないが、わざわざリスクをとる気にはちょっとならない。

今のところ、日本語で書かれた体験記は数少ないみたいで、下のはそのひとつ。

ただ、読んでいると、もともと(特に途上国出身の)バックパッカーが周遊するときに役立つような設計になっているものを、日本人のわりと忙しい人が利用しようとしているところが問題の根幹なのでは、という気もしてくる。やはり英語で記事を探してみないといけないかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中